NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

積立NISAでセゾン投信を買うなら、どこの証券会社がお得か?

f:id:nisaschool:20200324201440j:plain

こんにちは。ご存知ように、セゾン投信は、独立系投資信託会社の一つで、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン・資産形成の達人ファンド」の2つの商品があります。

両ファンドともに、積立NISA対象です。

「セゾン投信を、積立NISAで投資したい」と思っているなら、どこの証券会社で購入すればお得か、知っておいて損はありません。

そんなあなたのために、積立NISAでセゾン投信を最もお得に購入する方法を解説します。

 

 

毎月積立するなら、つみき証券がベスト

セゾン投信は、「直接口座」、「一般の証券会社」、「セゾンポケット」の3通りで購入できます。

一般の証券会社には、楽天証券やSBI証券などがあります。最近では、投資信託の購入でポイントを貯めることができお得です。

ただし、セゾン投信は、購入できる証券会社が限られており、楽天証券やSBI証券の積立NISAで購入できません。[2020.3.24時点]

 

積立NISAで、セゾン投信に毎月積立する場合、つみき証券で購入するのがポイントも貯められ、最もお得です。

つみき証券は、丸井グループが運営する、積立専門の証券会社です。取扱商品は、コモンズ投信、セゾン投信(2商品)、ひふみ投信の4つのみです。

つみき証券では、エポスカード(クレジットカード)で投資信託が購入でき、エポスポイントが貯まります。

エポスポイントは、商品やAmazonギフト券に交換して利用できます。

エポスポイントは、積立年数に応じて付与率が変わります。

  • 1年目:購入金額の年0.1%
  • 2年目:年0.2%
  • 3年目:年0.3%
  • 4年目:年0.4%
  • 5年目以降:年0.5%

例えば、積立NISAの上限である年40万円投資した場合、 40万円×0.1%=400円相当貯まります。5年目以降なら、2000円相当貯まるので、長く投資を続けるほどお得です。

 

セゾンカードで買いたいなら、セゾンポケット

あまり知られていませんが、「セゾンポケット」というサービスで、セゾンカードを使ってセゾン投信を購入でき、永久不滅ポイントを貯めることができます。

6回累計で積立すると、5000円につき1ptが付与されます。

例えば、月1万円を6回積立した場合、合計6万円なので、6万円÷5000円=12ptが付与されます。

永久不滅ポイントは、商品や他社サービス、Amazonギフト券などに交換できます。例えば、200ポイントでAmazonギフト券1000円分と交換できます。

永久不滅ポイント1ptあたり、5円相当と考えておけば良いでしょう。

仮に、年40万円投資した場合、40万円÷5000円=80pt、すなわち400円相当が貯まります。還元率は、1年目のつみき証券と同様です。

しかし、2年目以降はつみき証券の方が還元率が高くなります。

 

セゾン投信を直接口座で購入するメリットはないのか?

直接口座では、積立NISAを使ってもポイントが貯まらないので、メリットはありません。

ただし、一緒に保有する特定口座で、一括購入(スポット購入)できるのは直接口座のみです。

つみき証券は、積立専門なので、特定口座でも一括購入することはできません。

例えば、株価急落時に、一括してドーンと購入したい場合には、直接口座での取引が必要と覚えておきましょう。

 

まとめ

セゾン投信を購入するなら、第一選択肢として、エポスカード でエポスポイントが年0.1%~0.5%貯まるつみき証券がおすすめです。

また、セゾンカードで買いたいなら、セゾンポケットという選択肢もあります。

より深く、セゾン投信を理解するなら、社長である中野さん著書の「 つみたてNISAはこの8本から選びなさい 」も併せて読んでおきましょう。

あなたが最適な方法を選ぶのに、参考になれば幸いです。

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!エポスカードとつみき証券のお得な口座開設方法

セゾン投信を買うなら、知っておきたい直接口座を使う2つのメリット

idecoでセゾン投信を買うなら、どこの証券会社がおすすめ?選ぶ基準を解説