NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

沖縄発ポケットファンディングとはどんな投資サービス?知っておきたい3つの特徴

f:id:nisaschool:20200208204931j:plain

こんにちは。ポケットファンディング(Pocket Funding)は、不動産を担保した、1口1万円と少額からの投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)です。

運営会社は、ソーシャルバンクZAIZEN株式会社です。沖縄に本拠地があります。

クラウドファンディングは、2017年から募集が開始されおり、2020.2.8時点333ファンドの実績があります。

「少額から、資産運用を始めたい」、「相場に影響されにくい投資がしたい」、「ポートフォリオ(資産配分)の拡大や分散を考えている」と思うなら、ポケットファンディングを知っておいて損はありません。

そんなあなたのために、ポケットファンディングのコレだけは知っておきたい3つの特徴を紹介します。

 

結論から簡潔に述べます。

  • 取扱商品は、沖縄の優良不動産を担保とした事業ファンド
  • 元本の貸し倒れと遅延がゼロ
  • 1口1万円と少額から投資でき、想定利回り2.3%~6.5%の分配金を得られる

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

 

取扱商品は、沖縄の優良な不動産が担保としたファンド

ポケットファンディングの取扱商品は、不動産担保付きのローンファンドです。ローンファンドは、利回りと運用期間が予定された金融商品です。元本保証ではありません。

 

一般的な投資の流れは、次の通りです。

関連貸金業者(ソーシャルバンクZAIZENの関連会社)が、資金の借り手に不動産を担保に、お金を貸付します。

そのお金に充てるため、あなた(投資家)はポケットファンディングのファンドを通じて、投資します。

資金の借り手は、そのお金を使って事業を実施して、返済します。

その後、あなたに元本償還と分配金が支払われます。

f:id:nisaschool:20200208174454j:plain

[出典:ポケットファンディング]

 

ポケットファンディングの特徴として、厳正な審査に通った沖縄の優良な不動産を担保にお金を貸付しています。

沖縄は、国内でも人口増加率が高く、年間1000万人と旅行者も多く、ホテルや観光施設の開発が進んでいます。そのため、土地の価格が上昇して、担保物件としては最適とされています。

万が一、借り手が破綻しても、価格の高い沖縄の不動産を売りに出して、元本回収に努める仕組みがとられています。

沖縄北部、中部、南部の不動産担保が多いですが、一部、地方創生として、佐賀や鳥取などの不動産担保のファンドもあります。

 

元本の貸し倒れと遅延がゼロ!

ポケットファンディングでは、公式サイト「返済実績一覧」で、全てのファンドの実績が公開されています。

2020.2.8時点、運用状況は下記の通りです。

貸付件数は333件、運用中が72件、償還済みが261件です。注目は、「遅延及び延滞の貸付元本額」と「債務不履行の貸付元本額」が0円であることです。

つまり、元本割れや元本償還の延長がこれまでない、という実績があります。

f:id:nisaschool:20200208213421j:plain

 

ポケットファンディングでは、元本割れリスクを低減するため、沖縄不動産担保に加えて、次のような融資枠上限が設定されています。

f:id:nisaschool:20200208214638j:plain

 

担保となる不動産の評価額を100%として、その30%を担保余力としています。そのため、資金の借り手へ融資額(投資元本)上限は、70%と設定されています。

例えば、不動産の評価額が1000万円なら、融資額上限は700万円までです。

仮に借り手が破綻し、担保不動産を売りに出したときに、担保となる不動産価格の下落が30%(例:300万円)までなら、元本割れしない計算です。

 

ポケットファンディングで投資するのに、大金はいらない

「投資するのに、大金が必要なんでしょ」と思われる方が多いですよね。

ポケットファンディングでは1口1万円と少額から投資できます。想定利回りは4%~とされています。

2020.2.8時点では、333のファンドが募集されています。

過去50ファンドを分析すると、想定利回りは、年2.3%~6.5%でした。例えば、1万円した場合、年230円~650円の分配金が得られる計算です。

元本保証ではありませんが、預金金利が0.01%の現代と比較すると、得られるリターンは100倍以上と大きいです。

すぐに使わないお金の一部を、ポケットファンディングに投資することを検討しても良いでしょう。

また、株式や債券と異なり、相場がありません。そのため、相場の影響を受けにくい投資と言えます。価格の上昇や下落を追って、ハラハラする必要はありません。

既に株式や債券を保有していて、ポートフォリオの拡大や分散のために、想定利回りが決まっているポケットファンディングを利用しても良いでしょう。

 

まとめ

ポケットファンディングは、少額から不動産担保付きで事業に投資できるサービスです。不動産担保は、地価の上昇中の沖縄中心です。

1万円から投資でき、想定利回りは年2.3%~6.5%です。

関心が湧いたなら、ファンドのリターン分析をまとめた「 ポケットファンディングはどれくらいのリターン・利回りが期待できるのか? 」、手数料と口座開設方法について詳しくまとめた「 最新キャンペーンはコレ!ポケットファンディングのお得な口座開設方法 」も併せて確認しておきましょう。

© 2020 ソーシャルバンクZAIZEN株式会社