NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

ファンド募集到達率から見る、テクラウドの評判を客観的に分析

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(@nisaschool

テクラウド,評判・口コミ

ご存知のように、TECROWD(テクラウド)は、経済成長率の高い新興国不動産に投資できるサービスです。

2021年1月にサービスが開始されました。

 

テクラウドを使うか検討しているなら、評判・口コミが気になりますよね。

そのようなあなたのために、テクラウドの評判・口コミを調査しました。

調査方法は、次の3つです。

  • ファンド募集到達率
  • 公式ページ
  • SNS

 

「ファンド募集到達率」は、私が独自に定義した用語で、募集金額に対する応募金額の割合を指します。

ファンド募集到達率は、不動産クラウドファンディングの評判(人気度)を客観的に判断できるため、最も重要な指標と考えています。

一方、公式ページやSNSは、ユーザーの主観的な評判(口コミ)なので参考としてとらえるのが良いでしょう。

 

 

更新履歴

  • ファンド募集到達率を更新しました。[2021.8.10]

 

 

ファンド募集到達率から見る評判

過去ファンドについて、募集金額に対する応募金額の割合、ファンド募集到達率を分析しました。

2021.8.10時点、7ファンドの募集がありました。

募集金額1370万円~3580万円に対し、すべてのファンドで募集到達率100%でした。

ファンド名 申込方式 募集金額(万円) 応募金額(万円) 募集到達率
TECROWD 7号ファンド 先着 3580 3580 100%
TECROWD 6号ファンド 先着 2020 2020 100%
TECROWD 5号ファンド 先着 1480 1480 100%
TECROWD 4号ファンド 先着 1400 1400 100%
TECROWD 3号ファンド 先着 1370 1370 100%
TECROWD 2号ファンド 先着 3340 3340 100%
TECROWD 1号ファンド 先着 2850 2850 100%
min. --- 1370 1370 100%
max. --- 3580 3580 100%

 

テクラウドの募集金額は、数千万円と小型が多いです。

ただし、新興国(モンゴル)不動産を投資対象としているため、一概には、国内不動産とは比較できません。

 

 

公式ページでの口コミ

昨今の傾向として、投資サービスの運営会社が、公式サイト上で「利用者の声」をまとめているケースが多いです。

自社サービスの信頼性を高める目的で行われているため、一部選別して書かれている可能性もあります。

アンケートなら数値が書かれているか、多くの声が書かれているか、顔出しインタビューがあるか、良い点だけでなく、悪い点も盛り込まれているか等も確認しておくと良いでしょう。

 

2021.8.10時点、公式ページでは口コミはありませんでした。

 

今後、公式ページでの口コミが、掲載される場合もあるので、次の方法で、最新情報を確認しておきましょう。

1.テクラウドにアクセスします。

 

2.すると、次のページが表示されます。

おそらく、「利用者の声」のページが開示されたら、トップページ又は上部のタブ部分に設置されると思われます。

テクラウド,公式ページ口コミ

[出典:テクラウド] 

 

 

SNSでの口コミ

公式サイトでの口コミと同様に、投資サービスの運営会社が、SNS公式アカウントを開設し、サービスの認知度を高める傾向があります。

ユーザーの声のツイートをピックアップし、いいね!や、リツイートしたり、コメントしたりして、自社サービスの認知度アップや、カイゼンに利用されています。

そのため、公式アカウントを見ておくと、参考になります。

 

テクラウドでは、ツイッターとフェイスブックに公式アカウントがありました。

ツイッター公式アカウント

TECROWD運営事務局 (@tecrowd) | Twitter

2021.8.10時点、フォロワー数は54名でした。 

 

Facebook公式アカウント

https://www.facebook.com/Tecrowd-101341045259815

2021.8.10時点、フォロワー数は17名でした。

 

 

まとめ

テクラウドの評判・口コミをまとめました。

最も重要な指標である、ファンド募集到達率はすべてのファンドで100%でした。

投資サービスの口コミは、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

利用するサービスを理解して、最終的には自分で判断できるようにしましょう。

 

その他、テクラウドに関するトピックは、「不動産クラウドファンディング テクラウドの資産運用ガイド」でまとめていますので、ご覧ください。

 

海外不動産に分散投資して、高配当を狙うなら

テクラウド,公式ページ

テクラウドは、経済成長率の高い新興国不動産に投資でき、想定利回り8%と高配当に期待できます。
すべての対象不動産は、工程、品質の管理、監督責任は国内の運営会社が担っており安心です。
まずは、テクラウドで資産運用するメリットをチェック!

公式ページはこちら

© TECRA