【上級者向け】つみたてNISAで一括投資(一括購入)する方法を楽天証券とSBI証券で解説!



f:id:nisaschool:20190727211929j:plain

こんにちは。投資上級者の方は「つみたてNISAで株価が安いときに、一括投資したいな」という気持ちがあるのではないでしょうか。

初級者の方は、逆に「そもそも、つみたてNISAで一括投資できるの?」と思われるかもしれません。

実はボーナス設定をうまく利用すれば、一括投資できるんです。つみたてNISAの上限が、「」40万円までと設定されているわけがそこにあるんです。

本ページでは、つみたてNISAで一括購入する方法を解説します。代表的な楽天証券とSBI証券を例に

 

 

どんな場合に一括投資したい?

「がっつり相場が落ちているときに投資したい」と上級者は思うのではないでしょうか?

2018年は、株価が全体的に下落しました。2019年1月もまだ低空飛行状態です。それゆえ、投資信託も2018年1月よりは基準価額がだいぶ落ちています。

「基準価額が低い」=「その投資信託が割安」かどうかは投資信託が保有している株式を見てみないとわかりません。しかしながら、どの投資信託でも全体的に下がっているのは間違いありません。

例えば、知名度が急激に伸びた「ひふみプラス」を見てみましょう。下記は2018.1.9~2019.1.7までの基準価額の推移です。

f:id:nisaschool:20190108195534j:plain

 

基準価額は、最高値44,454円から現在33,669円まで、10,785円(最高値から-24.2%)も下がっています。2018年からひふみプラスを積立していた方は、結構マイナスになってしまったはず。

今後も積立を継続すれば良いと思いますが、「今年は1月が相場の底だ!」と予想できる人がいたら、一括投資したいだろうな、でもやり方がわからないのでは?と思い、この記事をつくりました。

 

楽天証券での設定方法

1.一旦、既存の積立設定を解除します。

2.積立投資したい投資信託の画面を表示させます。「つみたてNISA積立注文」をクリック。

f:id:nisaschool:20190108200339j:plain

 

3.すると、つみたて設定画面に移ります。引落口座はここでは証券口座にしています。

f:id:nisaschool:20190108200418j:plain

 

4.積立タイミングは「毎月」を選択肢、積立指定日は注文可能な日付を選びます。ここでは10日にしています。

f:id:nisaschool:20190108200533j:plain

 

5.楽天証券は設定がシビアに制御されているので、積立金額を最低金額の「100円」に設定します。「ボーナス設定」を「する」にして、設定金額に好きな金額を入れます。

上限を超えるとエラーになります。指定月はここでは「1月」としています。先の買付日の月と合わせます。

f:id:nisaschool:20190108200629j:plain

 

6.設定の確認ボタンを押して、エラーが出なければ発注可能です。下記の設定では、2019.1.10に「300,100円」を一括購入する指示になります。

f:id:nisaschool:20190108200854j:plain

 

以上で完了です。

 

SBI証券での設定方法

1.一旦、既存の積立設定を解除します。

2.積立投資したい投資信託の画面を表示させます。「つみたてNISA買付」をクリック。

f:id:nisaschool:20190108201226j:plain

 

3.SBI証券は楽天証券ほどシビアに制御されていません。まず、コースは「毎月」を選択します。申込設定日は注文したい日(ここでは10日)を選択します。設定金額はここでは上限33,333円を入力しています。

ボーナス設定において、好きな金額を入力します。ボーナス日を先の申込設定日と合わせます。ここでは1月10日にしています。

f:id:nisaschool:20190108201249j:plain

 

4.取引パスワードを入力し、確認画面に移ります。ここでは、2019年1月10日に「333,333円」一括購入する指示となります。

f:id:nisaschool:20190108201636j:plain

 

以上で完了です。

上記は一度に30万円としましたが、様子を見ながら5万円ずつ一括購入するなど応用することができます。

 

おわりに

このようにつみたてNISAでも一括購入することができます。ただし、相場の上げ下げは誰も正確に予想することはできません。基本は、毎月積立や毎日積立など、「時間分散」と「金額分散」による長期投資をお勧めします。

一括購入した事例については、下記の記事をご覧ください。

【対処事例】つみたてNISAでひふみプラス積立!マイナスリターンだけど売った方が良い?どうしたら良い?

 

関連記事

【制度改正】NISA恒久化は見送り2023年終了!?つみたてNISAは恒久化される?英国ISAに近づくのはいつか?

つみたてNISAでS&P500に投資するならどのファンドがオススメ?SBI・バンガードとeMAXIS Slim S&P500どちらを選ぶべき?

SBI証券でのidecoの始め方|特徴・商品・手数料・メリットとデメリット・評判をまとめます!