NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

米国債利回り上昇で、FOLIOロボプロのポートフォリオはどう変化した?

先着順です!

1万円からの不動産クラウドファンディング COZUCHIとタイアップし、新規登録でもれなくAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(Udemy認定講師

f:id:nisaschool:20210226212319j:plain

こんにちは。FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)を毎週分析している永松です。

ご存知のように、ロボプロは、AI技術が搭載された他社にはないロボアドバイザーです。2020年1月から、運用がスタートしています。

 

2021.2.25に米国債10年の利回りは、1.532%と対前日比+0.152%と大幅に上昇しました。

それに伴い、グロース株を中心とした米国株が下落しました。

NYダウは対前日比-1.75%、NASDAQは対前日比-3.52%でした。

グロース株の代表の一つ、テスラ(TSLA)は2.25終値が682.22ドルと-8.06%と大幅に下落しています。2.19の終値が781.30ドルから、99.08ドルも下落しています。

 

FOLIOロボプロのメリットは、こうした市場の変化をいち早く予測・察知し、最適なポートフォリオを導き出せる点です。

今回、ポートフォリオに変化が見られました。

「FOLIOロボプロを始めるか、まだ迷っている」、「ロボプロのポートフォリオを参考に資産管理したい」と思っていませんか。

そんなあなたのため、米国債利回り上昇・米国株下落時における、FOLIOロボプロのポートフォリオ変化をまとめています。

 

 

更新履歴

  • 2021年3月以降のロボプロのポートフォリオ変化をアップデートしました。[2021.3.7]

 

米国債利回り上昇とロボプロのポートフォリオ変化

FOLIOロボプロは、大きく分けて以下4つの資産分類のETFで、ポートフォリオが形成されています。

  • 株式:米国株、新興国株、先進国株(日欧株)
  • 債券:米国債、新興国債券、ハイイールド債
  • 不動産:米国リート
  • コモディティ(金)

 

2020.11.3~2021.2.26までのポートフォリオ推移は以下の通りでした。

資産 2020年 2021年
11.3-11.23 11.30-12.28 1.4-1.25 2.1-2.22 2.26
株式 28.83% 53.83% 65.23% 64.58% 68.64%
債券 21.17% 7.98% 15.70% 23.07% 24.55%
不動産 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00%
50.00% 38.19% 19.07% 12.34% 6.81%

 

2020年11月末、2020年12月末、2021年1月頭、2021年2月頭、そして、2021年2月末にポートフォリオが変化していました。不動産は2020.11.3からずっと0.00%でした。

ポートフォリオの変化を見ると、他のロボアドバイザーとの違いが良く分かるかと思います。

 

以下は、米国債(10年)の利回りのチャート(日足)です。[2021.2.26時点]

緑枠のあたりが、ロボプロのポートフォリオが変化した時期です。

利回りは、2020年12月末の0.925%から、2021年2月末には1.532%と0.5%~0.6%ほど上昇しました。

米国債利回りチャート

[出典:SBI証券]

 

以下は、米国債利回りとロボプロの変化の大きかった資産の比率を示したものです。

  米国債利回り ロボプロ比率
債券
2020年 12.28 0.925% 7.98% 38.19%
2021年 1.4 0.916% 15.70% 19.07%
1.25 1.031% 15.70% 19.07%
2.1 1.077% 23.07% 12.34%
2.22 1.362% 23.07% 12.34%
2.25 1.532% --- ---
2.26 1.437% 24.55% 6.81%

※米国債利回りは、現地時間の終値

 

ロボプロでは、2020.12.28→2021.1.4にかけて、金の比率を19.12%と大きく下げ、株式と債券の比率が上げていました。債券の比率は、7.72%上げていました。

その後、2021.1.11には米国債利回りは、1.143%まで急上昇しました。

ロボプロAIが先回りして債券の比率を高め、利回り上昇を予測していたと考えられました。

 

ロボプロでは、2021.1.25→2021.2.1にかけて、金の比率をさらに6.73%下げ、債券の比率を7.37%と大きく上げていました。

この期間に、米国債利回りは1.031%まで一時的に下がっていました。

その後、2021.2.22には米国債利回りは、1.362%まで急上昇しました。

こちらも、ロボプロAIが先回りして債券の比率を高め、利回り上昇を予測していたと考えられました。

 

ロボプロでは、2021.2.22→2021.2.25にかけて、金の比率をさらに5.53%下げ、株式と債券の比率が上げていました。債券の比率は、1.48%上げていました。

 

2021.2.26には、米国債利回りは1.437%まで前日より若干下がりました。

今後の利回りの変化に注目です。

 

2020.12.28~2021.2.25までのロボプロのポートフォリオは、少なくとも米国債利回りの上昇を少し前に察知している可能性がありました。

 

2021.3.1以降、1週間くらいは毎日ポートフォリオをチェックして、こちらの記事でまとめていこうと考えています。

 

2021年3月以降のロボプロのポートフォリオ変化

米国債利回りの上昇を受け、2021.2.26にポートフォリオが変化しました。

どのような変化があるのか確認するため、以下に、3.1以降のロボプロのポートフォリオと米国債(10年)の利回りの変化をまとめています。

資産 2.25 2.26 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5
株式 --- 68.64% 68.64% 68.64% 68.64% 68.64% 68.64%
債券 --- 24.55% 24.55% 24.55% 24.55% 24.55% 24.55%
不動産 --- 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00%
--- 6.81% 6.81% 6.81% 6.81% 6.81% 6.81%
米国債利回り(10年)* 1.532% 1.437% 1.425% 1.403% 1.483% 1.562% 1.566%

*現地終値ベース

 

2021.3.7時点、米国債利回りは、1.566%(対前日比+0.004%)でした。ロボプロのポートフォリオに変化は見られませんでした。

 

まとめ

ロボプロは、米国債利回り上昇を事前に察知して、金の比率を大きく下げ、債券比率を大きく上げていました。

FOLIOロボプロのメリット通り、市場の変化をいち早く予測・察知し、最適なポートフォリオを導き出せていると思われました。

最新ポートフォリオをいち早く確認したい場合は、公式ページから無料で見れます。

ロボプロ,ポートフォリオ

[出典:FOLIO

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!FOLIO(フォリオ)ロボプロのお得な口座開設方法