NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

本サイトでは広告を利用しています

想定利回り13%~18%!ヤマワケエステートから新ファンド登場(2023.12.28~)

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(Udemy認定講師


不動産投資初心者のあなたにおすすめ!

現在、株式会社日本財託主催の無料ウェビナー「不動産投資親子対談!元銀行員で家賃年収1800万円の父が娘に勧めたお金の悩みから自由になる不動産投資の話」が開催中です。

本ウェビナーでは、不動産投資を始める前に知っておきたいこと、成功者はどんな物件を買っている?、物件購入で失敗しない方法、家賃年収1,800万円オーナーの物件の増やし方などが学べます!

セミナー概要はこちら

ヤマワケエステート,新ファンド紹介,2023年12月28日

ご存知のように、ヤマワケエステートは、少額からプロが選定した不動産に投資できるサービスです。

高利回りファンドがラインナップされていて、注目を集めています。

 

2023年12月28日から、「東京都大田区東六郷 リバーサイド新築2棟ファンド」及び「埼玉県川口市 宿場町・鳩ヶ谷 二世帯住宅ファンド」、「東京都中野区南台 笹塚駅周辺新築ファンド」の3ファンドの募集が開始されました。

両ファンドとも、想定利回りが高いためその概要を紹介します。

 

 

更新履歴

  • 「東京都中野区南台 笹塚駅周辺新築ファンド」を追加しました。[2023.12.29]

 

 

東京都大田区東六郷 リバーサイド新築2棟ファンドの概要

本ファンドは、東京都大田区東六郷にある、2棟の借地権付き新築物件を投資対象としています。

土地取得・住宅販売のプロであるエムトラスト社の協力のもと、2023年12月現在、基礎工事中で、2棟の木造戸建てを建築後、売却戦略です。

 

不動産会社であるエムトラスト社は、販売件数は年々増加しており、2023年9月期には300億円超の売上を達成しています。

ヤマワケエステート,エムトラスト社

[出典:ヤマワケエステート]

 

本ファンドの募集要項は、以下の通りです。

 

想定利回りが16%とかなり高いです。日本株の高配当株を凌駕してます。

運用期間は約6ヶ月間で、10万円投資時の想定配当金は7912円です。

抽選のため、焦らず申込可能です。2023.12.28(16:22)時点、ファンドの募集到達率は283%と人気が伺えます。応募期間もまだまだあるため、抽選倍率はもう少し上がりそうです。

 

 

埼玉県川口市 宿場町・鳩ヶ谷 二世帯住宅ファンド

本ファンドは、埼玉県川口市南鳩ヶ谷にある2階建ての戸建て1棟とその土地を投資対象としています。

本ファンドでは、住宅・土地の所有権を取得した後、売却します。投資額に応じて、賃料収益や不動産の売却益などを分配されます。

不動産を順調に取得できなかった場合には、売却できず、元本の返金や元本棄損、想定利回りを下回るなどのリスクもあります。想定運用期間に対象不動産の売却が完了しなかった場合は、運用期間を延長する可能性があります。

先の「東京都大田区東六郷 リバーサイド新築2棟ファンド」と比べ、郊外での立地であることを踏まえると、やや売却のリスクはあると考えられます。

 

本ファンドの募集要項は、以下の通りです。

 

想定利回りが18%とかなり高いです。日本株の高配当株を凌駕してます。

運用期間は約8ヶ月間で、10万円投資時の想定配当金は11,901円です。

抽選のため、焦らず申込可能です。2023.12.28(16:22)時点、ファンドの募集到達率は458%と人気が伺えます。応募期間もまだまだあるため、抽選倍率はもう少し上がりそうです。

 

 

東京都中野区南台 笹塚駅周辺新築ファンド

本ファンドは、東京都中野区南台にある29.33坪の更地を投資対象としています。

再開発進み、地価は11年で約36%上昇しています。

土地取得・住宅販売のプロであるエムトラスト社の協力のもと、ヤマワケエステート社が更地の所有権を取得し、3LDK+Sの新築戸建て1棟を建築してから売却する戦略です。

投資額に応じて、賃料収益や不動産の売却益などを分配されます。

不動産を順調に取得できなかった場合には、売却できず、元本の返金や元本棄損、想定利回りを下回るなどのリスクもあります。想定運用期間に対象不動産の売却が完了しなかった場合は、運用期間を延長する可能性があります。

 

本ファンドの募集要項は、以下の通りです。

 

想定利回りが13.3%とかなり高いです。日本株の高配当株を凌駕してます。

運用期間は約7ヶ月間で、10万円投資時の想定配当金は7703円です。

抽選のため、焦らず申込可能です。2023.12.29(12:29)時点、ファンドの募集到達率は116%と人気が伺えます。応募期間もまだまだあるため、抽選倍率はもう少し上がりそうです。

 

各ファンドの詳細は、ヤマワケエステートでご確認ください。

 

 

まとめ

2023年12月28日から募集が開始された2ファンドを紹介しました。

気になるファンドがあれば、ぜひチェックしてみましょう。

その他、ヤマワケエステートに関するトピックは、「これ1本でわかる!ヤマワケエステートの資産運用ガイド」でまとめていますので、ご覧ください。

 

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!ヤマワケエステートのお得な会員登録方法

© Yamawake-Estate inc

ご留意事項

本内容は事業者の公式サイト(ヤマワケエステート)から抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。