NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

融資型クラウドファンディング クラウドバンクとは?特長と利回り分析

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(Udemy認定講師

クラウドバンク,特長と利回り分析

こんにちは。クラウドバンク(Crowd Bank)は、1万円と少額から、金融のプロが選定した国内外の事業に投資できるサービスです。

また、金取引もできるようになりました。

運営会社は、日本クラウド証券株式会社です。

2013年12月からサービスが開始され、応募金額は1500億円と国内最大級です。

 

「少額から、資産運用を始めたい」、「相場に影響されにくい投資がしたい」、「ポートフォリオ(資産配分)の拡大や分散を考えている」と思うなら、クラウドバンクを知っておいて損はありません。

そのようなあなたのために、クラウドバンクのコレだけは知っておきたい3つの特長、及びファンドの利回り分析を解説します。

 

 

更新履歴

  • 全体をアップデートしました。[2021.12.18]

 

 

クラウドバンクのコレだけは知っておきたい3つの特長

クラウドバンクは、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)というサービスです。

「融資型クラウドファンディング」とは、資金を必要とする事業者に対し、複数の投資家が投資をしてお金を貸し出す仕組みです。

そのリターンとして、配当を受け取れます。

元本保証ではありません。

クラウドバンク,投資の流れ

[出典:クラウドバンク]

 

クラウドバンクの3つの特長は、以下3つです。

  1. 1万円と少額から投資可能
  2. 国内外の担保付きローンファンドや、再生可能エネルギー発電ファンドを中心にラインナップ
  3. 元本の貸し倒れがゼロ

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

1万円と少額から投資可能

「ファンドに投資するには、大金が必要なんでしょ」と思いませんか。

いいえ、クラウドバンクでは1万円と少額から事業に投資が可能です。

 

また、クラウドバンクでは、投資の手間もかかりません。

クラウドバンクでは、金融のプロが、事業者の審査、担保設定等を実施しているため、あなたはインターネット上でファンドを選ぶだけで面倒なく投資できます。

 

以下は、ファンドの詳細画面です。

ファンド情報が丁寧にまとめられています。

クラウドバンク,ファンド詳細情報

 

「ホーム」では、プロジェクト概要、対象市場の概況、融資先の特長等がまとめられています。

「ファンド概要」では、募集取扱者、営業者、営業者の財務状況、募集期間、想定運用期間、分配日等がまとめられています。

「運用レポート」では、現在の貸付状況や分配・償還の状況をチェックできます。

「お知らせ」では、当該ファンドに関わるお知らせが記載されています。

「会員限定情報」は、会員登録すると確認できます。

 

国内外の担保付きローンファンドや、再生可能エネルギー発電ファンドを中心にラインナップ

クラウドバンクでは、「不動産担保型ローンファンド」と「再生可能エネルギー発電ファンド」の2種類があります。

不動産担保型ローンファンドは、不動産を担保に設定することで融資に対する保全性を高めたファンドです。

再生可能エネルギー発電ファンドは、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電等に投資するファンドです。

2012年7月から開始した「再生エネルギー固定価格買取制度」を背景に、安定的な売電収益が見込める再生可能エネルギー事業は、投資家から高い注目を浴びています。

 

クラウドバンクの投資対象地域は、国内だけでなく海外もあります。

最も多いのが、カナダ/米国です。その他、アジア/オセアニアや、アフリカ/中南米があります。

円建てファンド以外にも、米ドル建てファンドもあるので、米ドル資産への分散投資としても活用できます。

円⇔米ドルへの交換もクラウドバンク内でできます。

 

元本の貸し倒れがゼロ!

クラウドバンクでは、過去ファンドの実績を公式ページで公開されています。

クラウドバンクにアクセスし、「クラウドバンクとは」→「実績・サービス体制」から確認できます。

すると、次の画面が表示されます。

この「融資元本回収率」から元本の貸し倒れリスクを確認できます。

2021年11月末時点、融資元本回収率は100%です。

クラウドバンク,貸し倒れリスク

 

融資元本回収率が高い理由の一つが、元本割れリスクを抑えた仕組みが採用されているためです。

クラウドバンクでは、ファンドの運用額(募集金額)を、融資先の担保等評価額より小さくなるように設定されています。

クラウドバンク,元本割れリスク低減策

 

不動産担保型ローンファンドを事例に説明します。

クラウドバンクが、不動産事業者に融資を行うときに、不動産を担保設定します。

この担保不動産評価額(図では5000万円)をプロが査定し、クラウドバンクからの融資額はそれを超えない(図では4000万円)ように設定されます。

不動産評価額の下落も踏まえられています。この事例の場合、1000万円分、20%の下落余力があることを示します。

これにより、万一貸し倒れが発生しても、その担保不動産を売却して元本を回収する仕組みがとられています。

この仕組みが、現時点では機能しているため、融資元本回収率100%という実績が出せていると思われます。

クラウドバンク,元本割れリスク低減策



クラウドバンクの利回り分析

クラウドバンクは、非常にコンスタントにファンド募集がなされており、ファンド数が多いです。

そのため、利回り分析は、直近の50ファンドで分析しました(募集中、予定を除く)。

募集が多い円建てファンドを抜粋しました。

利回り分布をわかりやすいように可視化しました。

横軸に運用期間(ヶ月)、縦軸に想定利回り(%/年)をプロットしています。

クラウドバンク,利回り分析

 

各ファンドについて、運用期間(ヶ月)、想定利回り(%/年)、最低投資額である1万円投資したときの想定配当金(円)についてまとめています。

ファンド名 運用期間(ヶ月) 想定利回り(%) 想定配当金(円)
不動産担保型ローンファンド第652号 26 4.0 866
不動産担保型ローンファンド第658号 14 4.0 466
不動産担保型ローンファンド第657号 14 4.0 466
不動産担保型ローンファンド第656号 14 4.0 466
太陽光発電ファンド第2195号 3 4.4 110
不動産担保型ローンファンド第655号 14 4.0 466
不動産担保型ローンファンド第654号 14 4.0 466
不動産担保型ローンファンド第651号 26 4.0 866
不動産担保型ローンファンド第650号 26 4.0 866
不動産担保型ローンファンド第649号 26 4.0 866
太陽光発電ファンド第2194号 7 5.6 326
水力発電ファンド第31号 5 5.5 229
水力発電ファンド第32号 5 5.5 229
不動産担保型ローンファンド第648号 26 4.0 866
不動産担保型ローンファンド第647号 26 4.0 866
太陽光発電ファンド第2193号 6 4.9 245
太陽光発電ファンド第2192号 6 4.9 245
太陽光発電ファンド第2190号 6 4.9 245
太陽光発電ファンド第2189号 6 4.9 245
太陽光発電ファンド第2191号 6 4.9 245
太陽光発電ファンド第2188号 6 4.9 245
不動産担保型ローンファンド第646号 26 4.0 866
太陽光発電ファンド第2187号 4 4.5 150
太陽光発電ファンド第2186号 8 5.1 340
太陽光発電ファンド第2183号 8 5.1 340
太陽光発電ファンド第2184号 8 5.1 340
太陽光発電ファンド第2185号 10 5.2 433
不動産担保型ローンファンド第645号 26 4.0 866
不動産担保型ローンファンド第644号 26 4.0 866
不動産担保型ローンファンド第643号 26 4.0 866
不動産担保型ローンファンド第642号 26 4.0 866
太陽光発電ファンド第2182号 4 4.5 150
バイオマス発電ファンド第336号 7 5.1 297
バイオマス発電ファンド第335号 7 5.1 297
バイオマス発電ファンド第334号 7 5.1 297
バイオマス発電ファンド第333号 7 5.1 297
バイオマス発電ファンド第332号 7 5.1 297
バイオマス発電ファンド第331号 7 5.1 297
太陽光発電ファンド第2181号 14 4.7 548
太陽光発電ファンド第2178号 14 4.7 548
太陽光発電ファンド第2177号 14 4.7 548
太陽光発電ファンド第2176号 14 4.7 548
太陽光発電ファンド第2175号 14 4.7 548
太陽光発電ファンド第2174号 14 4.7 548
太陽光発電ファンド第2173号 14 4.7 548
太陽光発電ファンド第2172号 14 4.7 548
太陽光発電ファンド第2171号 14 4.7 548
太陽光発電ファンド第2170号 14 4.7 548
太陽光発電ファンド第2180号 5 4.6 191
太陽光発電ファンド第2179号 5 4.6 191
min. 3 4.0 110
max. 26 5.6 866

※小数点以下、切り捨てで算出

 

クラウドバンクのファンドでは、想定運用期間3ヶ月~26ヶ月、想定利回り4.0%~5.6%、想定配当金110円~866円に期待できます。

元本保証ではありませんが、預金金利が0.01%/年を踏まえると、得られるリターンはかなり大きいです。

 

 

まとめ

クラウドバンクは、国内外の担保付きローンファンドや、再生可能エネルギー発電ファンドに、1万円と少額から投資でき、想定利回りの配当金に期待できる融資型クラウドファンディングサービスです。

融資型クラウドファンディングには、株式や債券と異なり相場がなく、日々の価格変動を追って、ハラハラする必要はありません。

そのため、相場に影響されにくい投資をしたい方には、クラウドバンクが最適です。

また、株式や債券を保有していて、ポートフォリオの拡大や分散のために、想定利回りが決まっているクラウドバンクを利用しても良いでしょう。

 

クラウドバンクを利用するか否かの参考になれば、幸いです。

その他、クラウドバンクに関するトピックは、「融資型クラウドファンディング クラウドバンクの資産運用ガイド」でまとめていますので、ご覧ください。

 

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!クラウドバンクのお得な口座開設方法

 

担保付きファンドや太陽光発電で配当を狙うなら

クラウドバンク,公式ページクラウドバンクは、金融のプロが選定した国内外の事業に1万円から投資でき、想定利回り6.8%(実績)の配当に期待できます。
ドル建ても可能。また、リスクヘッジの王道である金取引も可能です。
まずは、クラウドバンクで資産運用するメリットをチェック!

公式ページはこちら

© Crowd Bank.