NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

あおぞら銀行は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

f:id:nisaschool:20200712205803j:plain

こんにちは。国内株の配当株投資している永松です。2020.8.11時点、あおぞら銀行(8304)は配当株として「有り」と判断して、配当狙いポートフォリオに組み入れています。

 

あおぞら銀行の業種分類は、銀行業です。

銀行業を中心に、金融商品の販売、投資運用・投資助言業務、ベンチャーキャピタル業務、債券管理慣習業務等を営んでいます。

 

「あおぞら銀行を、配当株として組み入れるか検討中」という方のため、あおぞら銀行の配当分析をまとめています。

あくまで個人的な見解で、銘柄推奨するものではありません。配当株投資の参考になれば幸いです。

 

次の3点をモニタリング又は分析しています。

  • 業績推移
  • キャッシュフロー推移
  • 配当分析

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

更新履歴

  • 新規作成しました。[2020.8.11]

 

あおぞら銀行の業績推移

2013年3月期~2020年3月期の売上高、経常利益、当期利益は次の通りです。

売上高は、右肩上がりで推移しています。経常利益と当期利益は、2018.3期以降、減少傾向にあります。

直近の決算資料(2020.7)では、2021.3期の業績予想が開示されており、経常利益は-7.7%の40,000(百万円)、当期利益は+1.3%の28,500(百万円)が予想されています。

あおぞら銀行,業績推移

 

決算期 売上高 経常利益 当期利益
2013.3 118,109 41,080 40,559
2014.3 131,834 52,186 42,328
2015.3 130,035 59,671 43,689
2016.3 124,054 55,721 43,499
2017.3 134,704 51,764 43,849
2018.3 148,819 57,984 43,064
2019.3 160,136 47,796 36,130
2020.3 184,406 43,330 28,142

 

あおぞら銀行のキャッシュフロー推移

2013.3期~2020.3期の各キャッシュフロー(CF)は次の通りです。

あおぞら銀行,キャッシュフロー

 

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2013.3 140,863 117,499 -122,500 347,736 258,362
2014.3 -87,801 179,321 -51,715 387,540 91,520
2015.3 -139,546 291,989 -39,083 500,900 152,443
2016.3 180,160 -6,014 -185,339 489,707 174,146
2017.3 33,243 -28,244 -20,705 474,001 4,999
2018.3 227,599 -211,578 -21,990 468,031 16,021
2019.3 147,285 -55,862 -19,710 539,743 91,423
2020.3 -286,284 121,823 -17,871 357,411 -164,461

 

営業CFは、2015.3期~2019.3期まではプラスで推移していましたが、直近の2020.3期は大幅にマイナスに転じました。

現金・現金等価物は、2019.3期まで安定的に右肩上がりでしたが、2020.3期はやや減少しています。

フリーCFは、2019.3期までプラスで推移していましたが、2020.3期はマイナスに転じました。

 

あおぞら銀行の配当分析

私が分析しているのは、次の3点です。

  1. 配当方針
  2. 配当実績と配当成長率
  3. 配当性向(当期利益、フリーCFベース)

配当株投資の対象には、「配当利回り4.5%以上」を条件に銘柄スクリーニングしています。

あおぞら銀行の場合、株価1885円(2020.8.11終値)で、配当が予想通り年122円であったと仮定すると、配当利回りは6.42%です。

 

配当方針

あおぞら銀行の配当方針は、「配当・株主優待制度 | あおぞら銀行」によれば、配当性向50%が設定されています。

 

 直近の決算資料(2020.7)では、配当方針の変更は記載されていません。次期の配当は、前年より下がり年122円が予想されています。第一四半期配当(6.30)は30円と決定されました。その他は未定です。

 

配当実績と配当成長率

配当に関する基本情報は次の通りです。

  • 配当回数:年4回
  • 配当権利確定日:6.30、9.30、12.31、3.31

 

あおぞら銀行は、年4回配当が得られる日本では珍しい銘柄の一つです。

2013.3期~2020.3期の配当実績は、次の通りでした。2021.3期は、年122円が予定されています。

過去8年間は、継続的に配当が支払われています。

あおぞら銀行,配当金

※2017.10.1に、普通株式10株→1株に株式統合されています。上記の数値は、それを踏まえて換算しています。

 

直近3年間、2017.3期~2020.3期と2021.3期の配当成長率を算出すると、次の通りです。

決算期 配当金 配当成長率
2017.3 187 ---
2018.3 184 -2%
2019.3 154 -16%
2020.3 156 1%
2021.3(予想) 122 -22%

 

2018.3期以降、やや減配傾向にあります。あおぞら銀行は、配当性向50%と決まっていますので、当期利益に準じて変動します。

 

配当性向(当期利益・フリーCFベース)

配当性向は、当期利益ベースとフリーCFベースの2通りで算出しています。

理由は、「松井証券は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?」で解説しています。

 

2017.3期~2020.3期の配当性向を算出すると、次の通りです。

発行済み株数は、118,289,418株(2020.3.31時点)で算出しています。算出した数値は、若干、公式サイトとが異なります。

決算期 当期利益ベース フリーCFベース
2017.3 50% 442%
2018.3 51% 136%
2019.3 50% 20%
2020.3 66% ---

 

当期利益ベースでは、50%~66%と100%以下で安全圏内でした。

2019.3期までは、配当方針通り、配当性向50%に設定されていました。2020.3期は、配当性向66%とやや方針以上の支払いがあります。

2021.3期は、予想通り当期利益が28,500(百万円)、配当122円だった場合、計算上配当性向は51%くらいです。配当方針通りに戻ると予想されます。

フリーCFベースでは、2017.3期、2018.3期は100%超と注意水準でした。2020.3期は20%と安全圏内でした。

2021.3期のフリーCFは十分に留意しておきましょう。

 

まとめ

私が、あおぞら銀行を配当株として「有り」と判断した理由は次の通りです。

売上高は、右肩上がりで推移しています。経常利益と当期利益は、2018.3期以降、減少傾向にあります。

営業CFは、2015.3期~2019.3期まではプラスで推移していましたが、直近の2020.3期はマイナスに転じました。

配当方針は、「配当性向50%」と株主還元が十分に考えられています。直近の配当方針の変更もなし。

配当実績は、過去8年間、無配当はなく、継続性が十分にあります。2021.3期は、既存の配当方針である配当性向50%の水準で、配当が支払われる予定です。

四半期配当なので、3ヶ月に1回の決算発表で、保有するか売却するか検討できます。配当停止、もしくは大幅な減配がされれば、売却を検討します。

以上のことから、6%以上の高配当に期待し、配当狙いポートフォリオに組み入れても問題ないと判断しました。

次回は、11月に決算短信が開示されましたら、本ページの配当分析を更新予定です。

 

関連記事

会社員が手軽に年50回の配当を日本株投資で得るための3ステップ

2020年7月度日本株レポート|配当収入目的で8銘柄に投資開始