NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

伊藤忠エネクスは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

f:id:nisaschool:20200712205803j:plain

こんにちは。国内株の配当株投資している永松です。2020.8.8時点、伊藤忠エネクス(8133)は配当株として「有り」と判断して、配当狙いポートフォリオに組み入れています。

 

伊藤忠エネクスの業種分類は、卸売業です。伊藤忠グループ(8001)の、エネルギー商社で売上高が首位です。

ガス、石油、電力、熱供給、自動車、住まいと生活に必要なエネルギーを販売しています。

 

「伊藤忠エネクスを、配当株として組み入れるか検討中」という方のため、伊藤忠エネクスの配当分析をまとめています。

あくまで個人的な見解で、銘柄推奨するものではありません。配当株投資の参考になれば幸いです。

 

次の3点をモニタリング又は分析しています。

  • 業績推移
  • キャッシュフロー推移
  • 配当分析

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

更新履歴

  • 2021年3月期1Q(4月~6月)の決算資料を反映しました。[2020.8.8]

 

伊藤忠エネクスの業績推移

2013年3月期~2020年3月期の売上高、営業利益、当期利益は次の通りです。

売上高は、2014.3期を境に減少傾向があります。しかしながら、営業利益、当期利益は右肩上がりです。

直近の資料(2020.7)では、2021.3期の業績予想が開示されており、売上高は-20.8%の710,000(百万円)に落ち込みます。

営業利益は-16.9%の16,000(百万円)、当期利益は-8.7%の11,000(百万円)が予想されています。

伊藤忠エネクス,業績

 

決算期 売上高 営業利益 当期利益
2013.3 1,430,746 12,738 6,470
2014.3 1,506,606 11,859 7,119
2015.3 1,373,393 13,100 5,503
2016.3 1,071,629 16,384 7,469
2017.3 1,028,939 19,678 10,405
2018.3 1,156,344 17,153 11,025
2019.3 1,244,260 17,851 11,559
2020.3 897,427 19,257 12,056

 

伊藤忠エネクスのキャッシュフロー推移

2013年3月期~2020年3月期の各キャッシュフロー(CF)は次の通りです。

伊藤忠エネクス,キャッシュフロー

 

決算期

営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2013.3 22,754 -24,930 4,759 18,062 -2,176
2014.3 17,530 -12,556 -8,859 14,251 4,974
2015.3 34,336 -20,410 -12,115 16,184 13,926
2016.3 30,322 -16,673 -9,059 20,824 13,649
2017.3 17,831 -14,712 -1,195 22,727 3,119
2018.3 24,239 -18,458 -5,850 22,573 5,781
2019.3 25,403 -13,410 -15,857 18,725 11,993
2020.3 28,106 -1,411 -26,196 19,243 26,695

 

営業CFは、プラスで安定しています。

現金・現金等価物は、安定的に推移しています。

フリーCFは、2013.3期はマイナスであるものの、それ以降はプラスを維持しています。直近2020.3期では投資CFが抑えられているため、おおきくフリーCFを伸ばしています。

 

伊藤忠エネクスの配当分析

私が分析しているのは、次の3点です。

  1. 配当方針
  2. 配当実績と配当成長率
  3. 配当性向(当期利益、フリーCFベース)

配当株投資の対象には、「配当利回り4.5%以上」を条件に銘柄スクリーニングしています。

伊藤忠エネクスの場合、株価861円(2020.8.7終値)で、配当が予想通り年44円であったと仮定すると、配当利回りは5.11%です。

 

配当方針

伊藤忠エネクスの配当方針は、配当性向40%以上が設定されています。公式サイト「 

配当方針・配当状況 | 株主・株式情報 | 伊藤忠エネクス株式会社 」に明記されています。

明記されているため、「株主還元もしっかりする(配当を支払う)」という意思表示だと判断しています。

直近の資料(2020.7)では、配当方針の変更は記載されていません。次期の配当は、前年の同じ年44円が予想されています。中間配当と期末配当で、それぞれ22円ずつです。

 

配当実績と配当成長率

配当に関する基本情報は次の通りです。

  • 配当回数:年2回
  • 配当権利確定日:9.30(中間配当)、3.31(期末配当)

 

2013.3期~2020.3期の配当実績は、次の通りでした。2021.3期は、年44円が予定されています。

過去8年間は、連続増配され、かつ無配当は一度もなく、継続的に配当が支払われています。

伊藤忠エネクス,配当金

 

直近3年間、2017.3期~2020.3期と2021.3期の配当成長率を算出すると、次の通りです。

決算期 配当金 配当成長率
2017.3 32 ---
2018.3 40 25%
2019.3 42 5%
2020.3 44 5%
2021.3(予想) 44 0%

 

2018.3期は、対前年で+8円と25%もアップしました。それ以降も5%アップとコンスタントに増配されています。

 

配当性向(当期利益・フリーCFベース)

配当性向は、当期利益ベースとフリーCFベースの2通りで算出しています。

理由は、「 松井証券は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか? 」で解説しています。

 

2017.3期~2020.3期の配当性向を算出すると、次の通りです。

発行済み株数は、116,881,106株(2020.3.31時点)で算出しています。算出した数値は、若干、公式サイトとが異なります。

決算期 当期利益ベース フリーCFベース
2017.3 36% 120%
2018.3 42% 81%
2019.3 42% 41%
2020.3 43% 19%

 

当期利益ベースでは、36%~43%と100%以下で安全圏内でした。

フリーCFベースでは、2017.3期は100%超とやや注意水準でしたが、それ以降は、フリーCFの伸びに従い、どんどん配当性向は下がって、2020.3期は19%と超安全圏内でした。

2021.3期は-8.7%の利益減が予想されていますが、よっぽどのことがない限り、配当は継続されると推測しています。

 

まとめ

私が、伊藤忠エネクスを配当株として「有り」と判断した理由は次の通りです。

売上高はやや落ち込むながらも、営業利益、当期利益は右肩上がりです。

営業CFはプラス推移、フリーCFも徐々に増加しているため、問題ないと考えています。

配当方針は、「配当性向40%以上」と株主還元を十分に考えられています。直近の方針変更もなし。

配当実績は、過去8年間、増配され一度も無配当はなく、継続性が十分にあります。2021.3期は利益減が予想されているため、配当維持ですが、また、元の水準に戻れば、増配にも十分に期待しています。

フリーCFベースの配当性向は、非常に低いため、配当の支払いには問題はないと考えています。

以上のことから、増配、配当利回りの上昇に期待し、配当狙いポートフォリオに組み入れても問題ないと判断しました。

次回は、10月に短信が開示されましたら、本ページの配当分析を更新予定です。

 

関連記事

会社員が手軽に年50回の配当を日本株投資で得るための3ステップ

2020年7月度日本株レポート|配当収入目的で8銘柄に投資開始