NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

ネオモバ証券1株IPOのメリットとデメリット、最新の取扱銘柄はコレ!

f:id:nisaschool:20191128180906j:plain

ご存知のように、SBIネオモバイル証券(略してネオモバ)は、1株投資、1株IPO、そしてロボアドバイザーWealthNaviが利用できる証券会社です。

2019年4月にサービスが開始されてから、利用者は急増し、2019年11月末時点で、20万800人です。

ひとかぶIPO  は、2019.11.30から始まった新サービスです。

IPOとは新規株式公開のことで、一般的に「株式を上場する」と言えばイメージがつくでしょう。

IPOに参加するには、上場前に株式の抽選に申込み、当選すれば購入することができます。

IPOでは、初値で売却した際の勝率が80%以上、初値が公募価格の10倍以上になることもあり、その魅力から始める人が多いです。

あなたもその一人ではないでしょうか。

そんなあなたのために、ネオモバ証券1株IPOのメリットとデメリット、抽選の参加条件、過去銘柄の分析と最新の取扱銘柄をまとめています。 

ネオモバ証券で1株IPOを始める参考になれば、幸いです。

 

 

1株IPOのメリットとデメリット

1株IPOのメリットは、次の2つです。

  • 1株からIPOに申込める
  • 抽選時にネオモバの特別優遇枠がある

 

通常、IPOでは100株単位でしか申込できません。一方、ネオモバでは1株~99株で申込可能です。

例えば、1株1000円の場合、通常IPOでは1000円×100株=10万円必要なのに対し、ネオモバでは1000円~購入できます。そのため、気軽にIPO抽選に申込みできます。 

また、ネオモバでなく、SBI証券でのIPO抽選では、申込数(=お金持ち)が優遇される方式のため当たりづらいです。

一方、ネオモバでは、「若年優遇」や「取引継続優遇」が予定されているとのことです。

具体的にどのように優遇されるかは、今後確認していきます。

 

1株IPOのデメリットは、次の2つです。

  • 売却できるのが初値が成立した翌日
  • 取扱銘柄が限定される

 

まず1つ目は、1株IPOでは初値で売却することはできません。

通常、株式の取引は「単元」という単位で行われます。単元は企業によって異なり、多くの場合が100株です。

その単元未満での株式の取引を「単元未満株」とよび、通常とは少々異なったルールで取引されます。

ネオモバでは、この単元未満株のルールでの取引です。そのため、1株IPOで売却したい場合は、上場日の翌日からです。

例えば、IPOの公募価格(申込価格)が1000円だとしましょう。初値が2000円になり、その日の終値も2000円でした。

  • パターン1:翌日ストップ高で、2500円で売却
  • パターン2:翌日ストップ安で、1500円で売却

株式取引値幅には、値幅制限というものがあります。2000円の場合は±500円です。

パターン1で売却できた場合、公募価格+1500円なので、初値で売却するよりも500円儲かります。

パターン2で売却できた場合、公募価格+500円なので、初値で売却するよりも500円利益は少なくなります。

上記の場合は、初値が公募価格を上回った場合です。逆に公募価格を割れて、翌日にストップ安になって売却すると、損失は多くなる点にご留意ください。

上記は、あくまで短期的に売却する前提の話です。

 

2つ目のデメリットは、IPOの取扱銘柄は限定されます。

IPOを申込める証券会社は、SBI証券、楽天証券、野村證券、マネックス証券等たくさんあります。

IPOを募集する証券会社は、幹事と呼ばれます。通常、幹事は複数の会社に割り当てられます。株式を多めに割り当てられる証券会社を主幹事と呼びます。

主幹事がSBI証券のIPOの一部枠が、ネオモバで申込できるようにしていると推測しています。

そのため、「あの企業が上場するって聞いたけど、ネオモバで取り扱いがない」ってことも起こりえます。もし希望する企業の取扱がない場合は、他社で申し込みましょう。

 

1株IPO抽選の参加条件

次の3つの手順が必要です。

  1. ネオモバ証券を口座開設
  2. 申込日までに必要金額の入金
  3. ネオモバ株アプリから申込

ネオモバの口座を持っていない方は準備しましょう。

また、IPO申込時には、募集価格×申込株数の入金が必要です。例えば、1000円で5株申込なら5000円です。

1株IPOはネオモバ株アプリ限定で申込できます。口座開設後、ネオモバ株アプリをダウンロードしましょう。

申込方法は、次の通りです。

1.アプリのメニューからIPO取扱一覧をタップします。

f:id:nisaschool:20191201175022j:plain

[出典:SBIネオモバイル証券]

 

2.すると、 次の画面が表示されます。取扱中(予定も含む)のIPO銘柄が表示されます。「申込受付中」の銘柄をタップすると、詳細情報を確認できます。

f:id:nisaschool:20200322215436j:plain

 

3.すると、次の画面が表示されます。「購入申込へ」をクリックします。

発行価格が、1株あたりの金額です。

f:id:nisaschool:20200322215600j:plain

 

4.すると、次の画面が表示されます。「新規公開株式の契約締結前交付書面」と「目論見書」を確認します。

「以上の内容に同意して次へ」をクリックします。

f:id:nisaschool:20200322215743j:plain

 

5.すると、次の画面が表示されます。数量と取引パスワードを入力して、「次へ進む」をクリックすれば完了です。

f:id:nisaschool:20200322215901j:plain

 

1株IPOの取扱銘柄

過去の取扱銘柄の分析

初値(上場日の初めての価格)と、売却可能になる翌日の始値をまとめています。IPO申込選びの参考にしましょう。 

バイセルテクノロジー(7685)
  • 業種:インターネット型リユース事業
  • 上場市場:東証マザーズ
  • 上場日:2019.12.18
  • 発行価格:1930円
  • 初値:3720円(+1790円)
  • 翌日の始値:2959円(+1029円

 

アディッシュ(7093)
  • 業種:インターネット事業
  • 上場市場:東証マザーズ
  • 上場日:2020.3.26
  • 発行価格:1230円
  • 初値:2101円(+871円)
  • 翌日の始値:1781円(+551円

 

Macbee Planet(7095)
  • 業種:インターネット事業
  • 上場市場:東証マザーズ
  • 上場日:2020.3.31
  • 発行価格:1830円
  • 初値:2348円(+518円)
  • 翌日の始値:1808円(-22円

 

現在募集中の銘柄(予定も含む)

2020.6.17時点、以下の募集が予定されています。

Branding Engineer(7352)
  • 業種:インターネット事業
  • 上場市場:東証マザーズ
  • 上場日:2020.7.7
  • 発行価格:6.29に決定
  • 申込期間:6.30~7.2(12:00)

エンジニアのため(To C)、エンジニアを活用したい企業(To B)のための事業が展開されています。主に、メディア事業、エンジニア人材事業、エンジニアリングコーディネート事業です。

 

まとめ

ネオモバ証券での1株IPOでは、他社とは異なり、1株~99株まで1株単位で気軽に申込できます。

1株IPOを希望する方は、公式サイト ひとかぶIPO  から口座開設して準備しておきましょう。

Copyright © SBINeoMobile Co., Ltd.