NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

兼松は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

f:id:nisaschool:20200712205803j:plain

こんにちは。国内株の配当株投資している永松です。2020.8.10時点、兼松(8020)は配当株として「有り」と判断して、配当狙いポートフォリオに組み入れています。

 

兼松の業種分類は、卸売業です。1889年に兼松房治郎 氏が創業し、長い歴史を持つ会社です。

電子・デバイス、食料、鉄鋼・素材・プラント、車両・航空を中心とした、幅広い事業を行っています。

 

「兼松を、配当株として組み入れるか検討中」という方のため、兼松の配当分析をまとめています。

あくまで個人的な見解で、銘柄推奨するものではありません。配当株投資の参考になれば幸いです。

 

次の3点をモニタリング又は分析しています。

  • 業績推移
  • キャッシュフロー推移
  • 配当分析

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

更新履歴

  • 新規作成しました。[2020.8.10]

 

兼松の業績推移

2013年3月期~2020年3月期の売上高、営業利益、当期利益は次の通りです。

売上高は、2017.3期を境に大きく減少しました。2018.3期~2020.3期は横ばいです。しかしながら、営業利益、当期利益は伸ばしています。

直近の決算資料(2020.7)では、2021.3期の業績予想が開示されており、売上高は-3.0%の700,000(百万円)と多少落ちます。

営業利益は-4.8%の27,000(百万円)、当期利益は+0.7%の14,500(百万円)が予想されています。

兼松,業績推移

 

決算期 売上高 営業利益 当期利益
2013.3 1,019,232 18,262 9,564
2014.3 1,114,539 19,776 11,799
2015.3 1,108,230 23,547 10,546
2016.3 1,056,230 18,772 8,959
2017.3 1,100,254 22,633 8,049
2018.3 714,790 26,160 16,317
2019.3 723,849 30,349 16,605
2020.3 721,802 28,352 14,399

 

兼松のキャッシュフロー推移

2013.3期~2020.3期の各キャッシュフロー(CF)は次の通りです。

兼松,キャッシュフロー

 

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2013.3 1,355 1,466 -15,721 60,032 2,821
2014.3 22,384 -1,111 -9,351 73,548 21,273
2015.3 6,758 -6,649 -10,046 66,485 109
2016.3 33,024 -4,214 -6,729 87,466 28,810
2017.3 11,852 -14,691 -6,904 77,566 -2,839
2018.3 434 1,103 -842 77,731 1,537
2019.3 24,698 -6,575 -7,158 88,941 18,123
2020.3 24,259 -10,215 -11,590 91,105 14,044

 

営業CFは、プラスで安定しています。

現金・現金等価物は、安定的に右肩上がりで推移しています。

フリーCFは、2017.3期はマイナスであるものの、その他はプラスを維持しています。

 

兼松の配当分析

私が分析しているのは、次の3点です。

  1. 配当方針
  2. 配当実績と配当成長率
  3. 配当性向(当期利益、フリーCFベース)

配当株投資の対象には、「配当利回り4.5%以上」を条件に銘柄スクリーニングしています。

兼松の場合、株価1220円(2020.8.7終値)で、配当が予想通り年60円であったと仮定すると、配当利回りは4.92%です。

 

配当方針

兼松の配当方針は、「中期ビジョン | IR(株主・投資家の皆様へ)|兼松株式会社」によれば、2019.3期~2024.3期は、総還元性向25%~30%が設定されています。

やや低めと思われますが、安定的かつ持続的に配当をするためと記載されています。

配当性向ではなく、総還元性向と記載されているのは、自社株買いも含めての還元を示すためです。

直近の決算資料(2020.7)では、配当方針の変更は記載されていません。次期の配当は、前年の同じ年60円が予想されています。中間配当と期末配当で、それぞれ30円ずつです。

 

配当実績と配当成長率

配当に関する基本情報は次の通りです。

  • 配当回数:年2回
  • 配当権利確定日:9.30(中間配当)、3.31(期末配当)

 

2013.3期~2020.3期の配当実績は、次の通りでした。2021.3期は、年60円が予定されています。

2013.3期は配当がなかったものの、過去7年間は、増配又は維持され、継続的に配当が支払われています。

兼松,配当金

 

直近3年間、2017.3期~2020.3期と2021.3期の配当成長率を算出すると、次の通りです。

決算期 配当金 配当成長率
2017.3 30 ---
2018.3 60 100%
2019.3 60 0%
2020.3 60 0%
2021.3(予想) 60 0%

 

2018.3期は、対前年で+30円と100%もアップしました。それ以降は年60円を維持しています。

 

配当性向(当期利益・フリーCFベース)

配当性向は、当期利益ベースとフリーCFベースの2通りで算出しています。

理由は、「松井証券は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?」で解説しています。

 

2017.3期~2020.3期の配当性向を算出すると、次の通りです。

発行済み株数は、84,500,202株(2020.3末時点)で算出しています。算出した数値は、若干、公式サイトとが異なります。

決算期 当期利益ベース フリーCFベース
2017.3 31% ---
2018.3 25% 264%
2019.3 31% 28%
2020.3 35% 36%

 

当期利益ベースでは、25%~35%と100%以下で安全圏内でした。

フリーCFベースでは、2017.3期はフリーCFがマイナスなので算出していません。

2018.3期は、100%超と注意水準でしたが、それ以降は、フリーCFの伸びに従い配当性向は下がって、2019.3期と2020.3期は28%、36%と安全圏内でした。

2021.3期は+0.7%の利益増が予想されているため、配当は継続されると推測しています。

 

まとめ

私が、兼松を配当株として「有り」と判断した理由は次の通りです。

売上高はやや落ち込むながらも、安定的に推移しています。営業利益、当期利益は伸ばしています。

営業CFはプラス推移、フリーCFも直近2年では増加しているため、問題ないと考えています。

配当方針は、「総還元性向25%~30%」と安定性を重視しています。直近の配当方針の変更もなし。

配当実績は、過去7年間、増配又は維持されており、継続性が十分にあります。2021.3期も、配当維持される予定です。

2024.3期目標の当期利益250億円に近付けば、増配される可能性もあります。

フリーCFベースの配当性向は低いため、配当の支払いには問題はないと考えています。

以上のことから、安定的な配当に期待し、配当狙いポートフォリオに組み入れても問題ないと判断しました。

次回は、11月に短信が開示されましたら、本ページの配当分析を更新予定です。

 

関連記事

会社員が手軽に年50回の配当を日本株投資で得るための3ステップ

2020年7月度日本株レポート|配当収入目的で8銘柄に投資開始