NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

本サイトでは広告を利用しています

2024年最新!コインチェックの取扱銘柄・ステーキング・レンディング

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(Udemy認定講師

コインチェック,取扱銘柄,ステーキング,レンディング

ご存知のように、コインチェック(Coincheck)は、ビットコイン等の暗号資産を売買できる取引所です。

運営会社は、コインチェック株式会社で、東証プライム上場のマネックスのグループ会社です。

金融庁に登録済みです。

 

コインチェックで暗号資産を始めるなら、キャピタルゲイン(値上がり益)だけでなく、ステーキングサービスやレンディング(貸暗号資産)サービスを知って、賢く運用したいですよね。

そのようなあなたのために、コインチェックの取扱銘柄、ステーキングサービス、レンディングサービスをまとめています。

機会損失なく、暗号資産サービスを利用していただけたら幸いです。

 

 

更新履歴

  • 全体をアップデートしました。[2024.1.4]

 

 

コインチェックの取扱銘柄

2024.1.4時点、コインチェックの現物取引では、以下29銘柄の取扱があります。

すべての暗号資産が「円」で購入できます。

また、最小注文は500円程度と少額から購入できます。

対象通貨 取引所 販売所
BTC(ビットコイン)
ETC(イーサリアムクラシック)
LSK(リスク)
MONA(モナコイン)
PLT(パレットトークン)
FNCT(フィナンシェトークン)
DAI(ダイ)
ETH(イーサリアム) ×
XRP(リップル) ×
XEM(ネム) ×
LTC(ライトコイン) ×
BCH(ビットコインキャッシュ) ×
XLM(ステラルーメン) ×
QTUM(クアンタム) ×
BAT(ベーシックアテンショントークン) ×
IOST(アイオーエスティー) ×
ENJ(エンジンコイン) ×
SAND(ザ・サンドボックス) ×
DOT(ポルカドット) ×
CHZ(チリーズ) ×
LINK(チェーンリンク) ×
MKR(メイカー) ×
MATIC(ポリゴン) ×
WBTC(ラップドビットコイン)
IMX(イミュータブル) ×
APE(エイプコイン) ×
AXS(アクシーインフィニティ) ×
AVAX(アバランチ) ×
SHIB(シバイヌ) ×

 

 

コインチェックのステーキングサービス

ステーキングとは、ブロックチェーンのオペレーションに参加すると(国内取引所の場合は保有していると)、報酬がもらえる仕組みです。

株式投資で言う配当のようなものです。

各暗号資産や各取引所で、対象暗号資産や年率が異なっています。

例えば、暗号資産「A」が対象銘柄で、年率5%だっとします。

Aを「100」保有していた場合、1年後には、その5%の「105」に増えているということです。(正確には、付与タイミングによって、複利運用されるため、もう少し増える可能性があります)

 

2024.1.4時点、コインチェックでは、以下の1銘柄のステーキングサービスがあります。

特に手続きすることなく、保有しているだけで該当の暗号資産が増えていきます。

後述するレンディングサービスよりもリスクが低いです。

銘柄 ステーキング報酬目安(年率)
LSK(リスク) 変動

 

時期によって、報酬が変動します。

10 LSK以上保有していた場合に付与されます。

 

最新情報は、公式ページをご覧ください。

 

 

コインチェックのレンディングサービス

レンディングとは、貸暗号資産と呼ばれ、取引所に一定期間暗号資産を貸し出すことで、その期間と数量に応じて、賃借料を暗号資産で受け取れるサービスです。

各暗号資産や各取引所で、対象暗号資産や年率が異なっています。

一定期間、暗号資産が引き出せないため、暗号資産の価格変動時に自由に売却はできません。

その点でも、ステーキングサービスよりはややリスクが高いです。

 

2024.1.4時点、対象となる暗号資産は以下28銘柄です。

銘柄 貸出期間/年率 最小貸出数量
BTC 14日間/年率1.0%
30日間/年率2.0%
90日間/年率3.0%
180日間/年率4.0%
365日間/年率5.0%
1万円程度以上
ETH 上に同じ 上に同じ
ETC 上に同じ 上に同じ
LSK 上に同じ 上に同じ
XRP 上に同じ 上に同じ
XEM 上に同じ 上に同じ
LTC 上に同じ 上に同じ
BCH 上に同じ 上に同じ
MONA 上に同じ 上に同じ
XLM 上に同じ 上に同じ
QTUM 上に同じ 上に同じ
BAT 上に同じ 上に同じ
IOST 上に同じ 上に同じ
ENJ 上に同じ 上に同じ
PLT 上に同じ 上に同じ
SAND 上に同じ 上に同じ
XYM 上に同じ 上に同じ
DOT 上に同じ 上に同じ
FNCT 上に同じ 上に同じ
CHZ 上に同じ 上に同じ
LINK 上に同じ 上に同じ
DAI 上に同じ 上に同じ
MKR 上に同じ 上に同じ
MATIC 上に同じ 上に同じ
APE 上に同じ 上に同じ
AXS 上に同じ 上に同じ
IMX 上に同じ 上に同じ
WBTC 上に同じ 上に同じ
AVAX 上に同じ 上に同じ
SHIB 上に同じ 上に同じ

 

貸出期間は、時期によって受付中のものが異なります。

最新情報は、公式ページをご覧ください。

 

 

まとめ

暗号資産は、キャピタルゲイン(値上がり益)だけでなく、ステーキングサービスやレンディングサービスを活用して増やすことができます。

「一定期間、売却する気が全くない」、「長期的に運用で増やしたい」という場合には、これらのサービスを積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!コインチェックのお得な口座開設方法

最新!コインブックの取扱銘柄・ステーキング・レンディング

最新!コイントレードの取扱銘柄・ステーキングサービスはコレ!

最新!ビットバンクの取扱銘柄・ステーキング・レンディング

GMOコインの取扱銘柄・ステーキング・レンディング

最新!ビットポイントの取扱銘柄・ステーキング・レンディング

© Coincheck