ニーサスクール

NISA、ideco、クラウドファンディングを活用して「独学」で資産形成ができるようになるブログです。

評判は気にするな!不動産クラウドファンディング・エックスクラウド活用術



f:id:nisaschool:20200103193308j:plain

こんにちは。X-Crowd(エックスクラウド)をご存知でしょうか。2019.11にスタートした、不動産特化型のクラウドファンディングサービスです。

まだ始まったばかりですので、当然ユーザー数も少なくので、評判を気にする必要はありません。

今回は、エックスクラウドとはどんなサービスなのか、その活用術、始め方を簡単にまとめています。 

まずはその特徴を理解して、あなたの投資対象として適切であれば、会員登録して投資準備を始めましょう。

 

 

まずは、運営会社をチェック!

投資サービスを利用するとき、どんなことを意識していますか。私は、運営会社を必ずチェックするようにしています。

少額でも大事なお金を使って投資するので、最低限、「会社として大丈夫そうか」、「投資サービスとして問題なさそうか」を見ることをオススメします。

エックスクラウドの運営会社は、株式会社インテリックスです。東証1部上場企業です。

1995年に設立した不動産会社です。代表取締役社長は山本 卓也 氏です。しっかりとホームページにもお顔が出ていました。

事業は、リノベーションマンション事業、リノベーション内装事業、アセットシェアリング事業、その他の不動産事業です。

リノベーションに強い会社で、毎年1000戸以上販売している実績があります。そのノウハウを活かし、個人や法人向けに内装のリノベーションを実施しています。

アセットシェアリングとは、良質な不動産を小口にして所有しやすくした資産商品の販売・管理・運営を行う事業です。すでに、1口100万円~のアセットシェアリング事業が展開されています。

今回新しくできたエックスクラウドは、さらに投資しやすいように1口10万円~にしたサービスです。

一通り調べた感じでは、問題ない会社であると思います。

 

エックスクラウドの3つの特徴

最低限、次の3つの特徴をおさえておきましょう。

  1. 1口10万円~不動産に投資できる
  2. 投資商品は、リノベーション不動産
  3. 優先/劣後出資方式で、元本割れしにくい仕組みを採用

 

実物資産である不動産に直接投資すると、数百万円~数千万円と大きなお金が必要になります。また、物件選びから管理・運用まで手間がかかります。

一方、エックスクラウドでは、1口10万円からと比較的少額で、かつ厳選された不動産投資対象から選ぶだけです。あとは、インテリックスに任せて、リターンとして分配金がもらえます。

投資商品は、インテリックスの実績を活かしたリノベーション不動産です。第1号案件では、京都の町家の宿泊施設でした。このBefore、Afterは凄くないですか。

f:id:nisaschool:20200103203204j:plain

[出典:エックスクラウド]

 

京町家は、その多くが空き家になっており京都市の課題となっています。2016年時点、約4万軒ある町家のうち、5834軒も空き家となって有効活用されていません。

一方、京都の観光客は年々増加傾向であるのに、宿泊施設が足りていない現状があります。そこで、町家を宿泊施設としてリノベーションすることで、京都の伝統を守りつつ、空き家問題も同時に解決する良い解決策となっています。

 

投資で一番気になることは、元本割れするリスクですよね。エックスクラウドでは、優先/劣後出資方式を採用しており、極力私たちの元本を守る仕組みとなっています。

エックスクラウドの商品は、優先出資者(私たち)と劣後出資者(運営元)の両者から資金調達されます。

このメリットは、簡単に言うと、投資対象の価値が下がり元本割れした場合、その損失は劣後出資者からまかなわれるという点です。すなわち、優先出資者の元本が守られやすいです。

 

次の図で解説します。

例えば、不動産資産が1億円で、優先出資者が7000万円、劣後出資者が3000万円とします。仮に運用終了時に、不動産価値が1億円から7000万円になったとします。マイナス3000万円です。

この3000万円の損失は、劣後出資者からまかなわれるため、私たちの元本には影響しません。勿論、3000万円を超える損失の場合は、私たちの元本割れになることになります。

f:id:nisaschool:20200103204406j:plain

 

当然ですが、運営元も損をしたくないので、物件選定は慎重にやっていると思います。この優先/劣後出資方式をとることで、私たちと運営元がリスク・リターンを共にしているとも言えます。

 

エックスクラウドの活用術

次の3つのいずれかにあてはまる方は、エックスクラウドを活用しても良いです。

  1. 定期預金を少し上回るリターンを得たい
  2. 株式や債券の市場の影響を受けにくい資産に投資したい
  3. 不動産投資に詳しくないけど、少額で投資してみたい

 

今、日本は銀行預金の金利が全く付きません。付いたとしても年0.1%~0.2%くらいです。10万円預けていても、100円~200円です。

エックスクラウドは、リターンが年3%と想定されています。10万円投資していれば、3000円の分配金が得られます。

勿論、元本保証ではないですが、もしすぐに使わないお金があり、銀行預金より少し上回るリターンを得たい人は、エックスクラウドを検討してみましょう。

 

株式や債券には市場があり、常に売買されて相場が変動します。一方、不動産は地価変動はありますが、それらの影響は受けにくいです。昨今ではオルタナティブ投資として注目されています。

すでに、株式や債券で運用していて、別の値動きする分散投資先として選択肢の一つに検討してみましょう。

 

不動産投資に興味はあるけど、いきなり大きい金額は難しい、どれを選んだら良いかわからないとう人は、エックスクラウドを活用すべきと思います。投資対象の物件情報が詳しく開示されているので、まずは少額から勉強してみましょう。 

 

エックスクラウドの始め方

まず、手数料について書いておきます。

会員登録は無料です。投資時の入金手数料は私たち持ちですので、無料の振込回数がある口座を使いましょう。

始め方は、簡単です。必要なものは、本人確認書類とマイナンバーです。

  1. メールアドレスを登録して仮登録
  2. 送付されてくるメールに必要事項(お客様情報、本人確認、口座確認)を入力
  3. 登録内容の審査後、ハガキで送付される確認コードを入力して完了

あなたの投資対象として適切であれば、会員登録して投資準備を始めましょう。

X-Crowd エックスクラウド  

© Intellex Inc.