なぜ多くのブロガーはウェルスナビをお勧めするのか?読者が知っておくべきこと

f:id:nisaschool:20181231203524j:plain

ロボアドバイザーの「ウェルスナビ」をご存じだろうか?大々的な宣伝で認知度が高まってきています。それに一役かっているのが、多くのブロガーさん。なぜブロガーさんがウェルスナビをお勧めするのでしょうか?それを知って上で、利用するか利用しないかを自分で判断することをお勧めします。

 

なぜ多くのブロガーさんは、ウェルスナビを勧めるのか?

とその前にウェルスナビを知らない人に簡単に解説。ウェルスナビは、自分のリスク許容度と期待リターンを決めると、それに応じで自動で投資運用してくれるサービスです。投資先は、「米国株」、「日欧株」、「新興国株」、「米国債券」、「物価連動債」、「金」、「不動産」の7種類です。

詳しく知りたい方は、下記のリンクからどうぞ。

WealthNavi

なぜ勧めるのか?

  1. 自分で使ってみて本当に勧めたいから。
  2. 紹介報酬が得られるから。

ほとんどの場合が「2」のような気がします。紹介リンクから口座開設をしてくれると、ブロガーさんの利益になります。アフィリエイトというやつです。企業側もビジネスの世界なのでプロモーションするのは当然。

ただ、「初心者にとって最も良い選択肢だと思って勧めているのか?」については読者自身が判断していく必要があります。 

個人的に2018年時点では、初心者に勧める第一選択肢ではありません。

 

ウェルスナビは第二選択肢としての利用がオススメ!

ウェルスナビは、サービスとしてはとてもすばらしいです。が、一つだけデメリットがあります。それは、「非課税制度が使えないこと」です。[2018.12月時点]

よくウェルスナビは手数料(運用管理費用)が年1.0%で高いと言われています。がそんなことはないです。これは投資信託のインデックスファンドの0.2%と比べると高いですが、アクティブファンドとは同じくらいです。自動売買により期待するリターンを得られる確率が高ければ、高くないと思います。

投資にとって一番みなさんの利益を奪うのは、「税金」です。現行の法律だと利益の約20%が税金として支払う必要があります。できるだけこれをなくすことが大事。

だれでも使える非課税制度には、「つみたてNISA」と「iDeCo(個人型確定拠出年金)」があります。残念ながら、ウェルスナビはこの制度を利用できないんですよ。それが唯一のデメリットです。

例えば、リターンが10%得られても20%は税金なので実質リターンは8%です。一方つみたてNISAで同じ10%ならそのまま利益がみなさんのものになります。

ウェルスナビを勧めるブロガーさんは、それだけで金融リテラシーが高いです。なので、当然、「つみたてNISA」や「iDeCo」を使って積立投資もしている方が多い。その上でウェルスナビを使っています。ウェルスナビを投資の第一選択肢としていないんですよね。その点を、読者は知っておきましょう。

まず、これから投資を始めてみたい!という方は、第一選択肢に「非課税制度」の利用を考えましょう。さらに投資できる資金がある!という場合に、第二選択肢「ウェルスナビ」を検討することをお勧めします。

WealthNavi