つみたてNISA口座と、通常NISA口座の違いは?どちらを選んだらよいのか?



f:id:nisaschool:20191010202029j:plain

こんにちは。2018年1月から、「つみたてNISA制度」がスタートしました。つみたてNISAの方が話題のため、通常NISAを知らない人もいるでしょう。

「えっ、何が違うの?」、「これから口座を申し込む」というあなたのために、つみたてNISAと通常NISAの違い、またどちらを選んだらよいのかをまとめています。

念のために、つみたてNISA(通常NISA)とは、投資をするための口座です。

 

 

つみたてNISAの6つのポイント

次の6つのポイントだけおさえておきましょう。

  1. 日本に住む20歳以上の人が、つみたてNISA口座を作れる
  2. 運用利益(儲け)に対して税金がゼロ
  3. つみたてNISA or 通常NISAのどちらか一方のみ
  4. つみたてNISAは、1年間で40万円まで投資できる
  5. つみたてNISAは、基本20年間は税金がかからない
  6. 投資できる商品は、要件を満たした投資信託のみ

 

ポイントの1と2は通常NISAと同様の特徴です。ポイントの3~6がつみたてNISAの特徴です。

つみたてNISAと、通常NISAはどちらか一方しか開くことができません。これから投資を始める方は、基本つみたてNISAを選んでおいて問題ありません。

どちらを選んだらよいのかについては、後述します。

 

通常NISAは、1年間で最大120万円、月換算で10万円投資できます。一方、つみたてNISAは、1年間で最大40万円、月換算で約3.3万円投資できます。

 

税金がかからない期間は、通常NISA口座は5年でした。一方、つみたてNISA口座は、長期投資を前提としていますので、その期間長くなり20年です。

例えば、2018年に40万円投資した場合、2037年までに売却すると、その儲けに対して税金がゼロです。同様に2019年に投資した分は、2038年まで税金がゼロです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nisaschool/20181102/20181102142515.jpg

 

投資商品は、通常NISA口座では株式、ETF、投資信託と幅広かったです。一方、つみたてNISA口座は、金融庁が定めた要件を満たした投資信託のみと限定されています。

金融庁から下記のポイントがあります。

  • 長期投資に向かない商品は除外
  • 信託期間が短いものや、毎月分配型といういうものは×
  • 値動きの大きい複雑な商品も除外
  • 複雑な商品や手数料が高すぎるものは×

明らかに長期投資を前提とした商品のみを選別しています。私たち買う側にとっては良心的です。

 

つみたてNISA口座かNISA口座のどちらを選んだらよいか?

どちらか一方しか選べません。3つの質問でどちらを選んだらよいのか、考えていきましょう。基本的には、つみたてNISA口座を選んでおけば問題ありません。

  1. 10年以上積立投資する予定ですか?
  2. 投資信託以外、例えば株式の売買もNISAで行いたいですか?
  3. 積立投資額は、月33,333円以内の予定ですか?

一つずつ見ていきましょう。

 

10年以上積立投資する予定ですか?

10年以上の場合、つみたてNISA口座を選んでおきましょう。

通常NISA口座の場合、基本5年間が利益に対して税金がかかりません。そのため10年以上積立投資したい場合は、途中で解約しなければならなくなります。したがって、10年以上なら、つみたてNISA口座を選んでおきましょう。

 

投資信託以外、例えば株式の売買も非課税で行いたいですか?

株式投資も行いたい場合、通常NISA口座を選びましょう。

つみたてNISA口座では、株式への投資ができません。長期投資を前提としているため、投資できる商品は投資信託のみです。したがって、株式投資もやりたいという方は、通常NISA口座を選んでおく必要があります。

いやいや、投資信託だけで良いよという方は、つみたてNISA口座を選んでおきましょう。

 

積立投資額は、月33,333円以内の予定ですか?

月33,333円以内の場合、つみたてNISA口座をオススメします。

つみたてNISA口座は年間40万円まで、月換算約3.3万円です。長期投資するには十分な金額です。もし、あなたがもっと投資したい、10年以内に解約(売却)する予定があるという場合は、通常NISA口座を選びましょう。

 

つみたてNISA口座の6つのポイントは理解できましたか。ぜひ、つみたてNISA口座を活用しましょう。

 

関連記事

【上級者向け】つみたてNISAで一括投資(一括購入)する方法を楽天証券とSBI証券で解説!

【制度改正】NISA恒久化は見送り2023年終了!?つみたてNISAは恒久化される?英国ISAに近づくのはいつか?