tsumiki証券(つみき証券)のCOO・仲木さんはどの投資信託を買ってる?


f:id:nisaschool:20190404173650j:plain

こんにちは。tsumiki証券をご存知でしょうか。tsumiki証券は、2018月2月に誕生した新しい証券会社です。

今回は、tsumiki証券のCOOである仲木威雄さんが、どの投資信託を購入しているのか紹介しましょう。

ちなみに、COOとは、「Chief Operating Officer」の略で「最高執行責任者」と訳されます。CEOが企業の経営全般に対して責任を持つのに対し、COOは日々の業務執行の責任を持ちます。

 

 

仲木さんって?

f:id:nisaschool:20190404174617j:plain

[画像は、tsumiki証券さんより引用]

仲木威雄(なかき たけお)さん。

tsumiki証券のCOO。元々は、ユニオン投信で働かれていました。

他にも色々活動されています。野球の関西独立リーグの代表をなさっていたり、ボディコントロールのトレーニングをしているREATH株式会社の代表だったりします。他にも盛りだくさんです。お子様も2人いるようです。

私はお話ししたことはありませんが、様々なコトに関心や興味がある方なのかもしれません。友人が仲木さんと面識があり、ノリが良い方だそうです。

個人的に…どこかで似た顔を見たような~と思っていました。そうだ、イケメン俳優で演技が素晴らしい「西島秀俊さんだ」。ちょっと似てませんか?

ご興味あれば、ツイッターを覗いて見てください。

仲木威雄:BODY&BEER>WORK (@nakakitakeo) | Twitter

ビール好き??

 

 

仲木さんは、どの投資信託を買っている?

以前、ツイッターで次のように述べられていました。比率上位順とのこと。[2019.2月末時点]

  1. ユニオンファンド
  2. ひふみ投信&ひふみプラス(*)
  3. 結い2101
  4. セゾン資産形成の達人ファンド(*)
  5. コモンズ30ファンド(*)

f:id:nisaschool:20190404181335j:plain

 

(*)のものが、現在積立投資中のファンドとのことです。

ユニオンファンドは、全世界分散でメインは株式に投資しているアクティブファンドです。セゾン投信と同じく、株式に投資しているファンドに投資するファンズオブファンズ形式をとっています。

以前働いていた会社のものなので、ずっと積立していたのでしょう。

 

結い2101は、鎌倉投信さんの投資信託です。国内株中心のアクティブファンドです。

 

今投資しているのは、すべてtsumiki証券で購入できるファンドです。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド以外に投資しているようです。 

 

セゾンの資産形成の達人ファンドに投資している理由も述べられていました。

  1. いいファンドを選抜
  2. シンプルな運用方針を貫徹
  3. comgestが好き(笑)

と書かれていました。

f:id:nisaschool:20190404182145j:plain


先ほど述べたように、ユニオンファンドもファンズオブファンズで、良いファンドを選ぶことをされていたと思うので、同じように良いファンドを選んでいるセゾン達人が好きなのかと。

セゾン達人の運用方針は、次の通りとてもシンプルです。

  • 世界への幅広い分散投資
  • それぞれの地域で選別投資
  • 長期的な視点に立った運用スタイル

 

セゾン達人では、投信会社コムジェスト「コムジェスト・ヨーロッパ・ファンド80」と「コムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンド90」の2つのファンドを組入れています。

同じく、ユニオンファンドでも「コムジェスト・ヨーロッパ・ファンド90」と「コムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンド95」の2つのファンドを組み入れています。

組入れ数は違えど、同じファンドです。なので、長年のお付き合いがあるコムジェストさんが好きなのでしょう。

ちなみに、私もtsumiki証券ではセゾン達人を購入させていただいています。

 

まとめ

ファンドマネージャーが、自社ファンドに投資しているかどうかは重要なことです。なぜか?当然ですが、良い商品だからです。もし、ファンドマネジャーが自分が運用する商品に自分のお金を投資していなけば、一般ユーザーも考えた方が良いかもしれません。

セゾンの中野さんも、コモンズの渋澤さんも、ひふみの藤野さんも自社ファンドに投資しています。tsumiki証券のCOOである仲木さんも、これらのファンドに投資しています。

そういった意味では、tsumiki証券で取り扱っているファンドは、少なくとも今は投資しても問題ないと言えます。

他の証券会社でも、上記の投資信託は購入できますが、tsumiki証券ならではのメリットもありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

tsumiki証券(つみき証券)のメリットとデメリットを徹底解説

tsumiki証券で長期投資を始めるための5ステップ