ニーサスクール

ニーサスクール公式ブログです。投資信託、株式投資、ロボアドバイザー、ソーシャルレンディングについて、独学で投資サービスを活用して資産形成したい方に、役に立つコンテンツを提供します。

ウェルスナビはどれくらいリターンが得られる?実績をブログで解説

f:id:nisaschool:20200430184304j:plain

ご存知のように、WealthNavi(ウェルスナビ)は、ロボアドバイザーを使って自動で資産運用できるサービスです。

2016年7月に登場し、右肩上がりでユーザー数が増加しています。2020.2.13時点、預かり資産残高は2300億円を突破し、ロボアドバイザー会社としては最大です。

ウェルスナビを検討中なら、「どんな資産に、どんな比率で投資しているのか」、「どれくらいリターン(損益)が得られるのか」、事前に知っておきたいですよね。

そんなあなたのために、ウェルスナビの許容度別の資産比率、リターンの推移を実績をもとにブログで解説します。

ウェルスナビを利用するか否かの参考にしていただけたら、幸いです。

 

 

ウェルスナビでは、どんな資産に、どんな比率で投資しているのか?

ウェルスナビの投資対象は、「全世界」です。国際分散投資とも言います。

次の4資産・7種類に分散投資されています。

  • 株式:米国株(VTI)、日欧株(VEA)、新興国株(VWO)
  • 債券:米国債券(AGG)、米国物価連動債(TIP)
  • 不動産:米国不動産(IYR)
  • コモディティ:金(GLD)

括弧内は、ETF銘柄名です。

 

株式は、米国、欧州、日本、新興国と全世界に投資されます。

債券は、米国、米国物価連動債です。物価連動債とは、物価上昇率に応じて、元本が調整される債券です。

債券には、日本や欧州が含まれていません。これは、マイナス金利の影響で、持っていてもリターン(利益)が出にくいためと考えられます。

不動産は、米国のみです。日本の不動産もリターンは良いですが、長期的に見ると人口減少なので、不向きと判断されているのでしょう。

コモディティとは、原油やガソリンといったエネルギー、金やプラチナといった貴金属、トウモロコシや大豆などの穀物に投資することを言います。

一般的には、価格変動が安定的な「金」に投資されます。

ウェルスナビの場合では、特定の資産を売ったり、買ったりして自動調整されます。

 

ウェルスナビでは、選択するリスク許容度によって、基本資産比率は異なります。

リスク許容度は1~5まであり、数字が上がるほど、想定リスクとリターンが高くなります。

ここで言うリスクとは、リターンの変動幅の大きさを示し、標準偏差が使われています。

リスク許容度別の資産比率は、次の通りです。[2020.5.4時点]

f:id:nisaschool:20200504112539j:plain

許容度が上がるにつれ、株式の割合が高いです。許容度1が25%なのに対し、許容度5では82.5%です。

物価連動債は、許容度1と2のみに含まれています。許容度3~5は、物価上昇に強い株式の割合が高いため、物価連動債は除外されています。

金は、許容度1と2(5.0%)<許容度3(6.8%)<許容度5(7.5%)<許容度4(9.0%)の順に割合が高くなります。

不動産は、全許容度共通で5.0%です。

 

ウェルスナビでのリターンの推移

ウェルスナビの一番のメリットは、資産比率を管理してくれることです。簡単に言うと、リスク・リターンコントロールのため自動で資産比率を調整してくれます。

各月で損益がどう推移するのか、定期的にこのブログで更新しています。

 

リターンはどう推移するのか、モニタリング!

リターンは、サービス開始(2016.1.19)からウェルスナビの各リスク許容度の推奨ポートフォリオに投資した場合(一括投資)で分析しています。

2020年3月末時点において、リスク許容度別のリターンは、次の通りです。

f:id:nisaschool:20200504115425j:plain

 

2020年3月の過去1ヶ月では、コロナショックの影響で、ほどんとの資産が下落しました。

特に米国株(VTI)は、156.67ドル(3.1)から111.91ドル(3.23)の最安値まで下落し、月末には130.78ドル(3.30)になりました。結果、-16.5%と大幅下落でした。

f:id:nisaschool:20200504120554j:plain

[出典:Google Finance]

 

ウェルスナビではその影響もあり、リスク許容度1が-5.9%に対し、許容度5が-14.1%でした。許容度が上がるごとに、マイナスリターンが大きくなりました。

ある意味で、リスクにあったリターンを返していることからも、想定された通りに、資産管理はされていました。

 

サービス開始からでは、許容度1(+9.7%)<許容度2(+13.4%)<許容度3(+14.0%)<許容度5(+14.3%)<許容度4(+15.0%)でした。

許容度4と5のリターンが逆転していますが、これは、金(GLD)の割合が許容度4の方が高いからと思われます。

金は、105.68ドル(2016.1.8)から152.92(2020.3.30)と+44.7%と大幅上昇しています。

f:id:nisaschool:20200504125406j:plain
今後も継続してみていきましょう。

 

最新のリターンを確認する方法

最新のリターンをいち早く確認したい方のため、確認方法を解説します。

1.ウェルスナビの公式サイトにアクセスします。

WealthNavi  

 

2.すると、次の画面が表示されます。「無料診断」をクリックします。

f:id:nisaschool:20200504131224j:plain

[出典:ウェルスナビ]

 

3.すると、次の画面が表示されます。「WealthNavi」のロゴをクリックします。

f:id:nisaschool:20200504131312j:plain

 

4.次の画面で、一番下まで移動します。「WealthNaviの運用実績」をクリックします。

f:id:nisaschool:20200504131359j:plain

 

5.すると、次の画面が表示され、こちらで最新の情報を確認できます。

f:id:nisaschool:20200504131517j:plain

 

まとめ

ウェルスナビの基本資産比率は、リスク許容度によって異なります。リスク許容度は1~5まであり、あなたが自由に選ぶことができます。

ぜひ、ウェルスナビを利用するか否かの参考にしてみてください。

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!ウェルスナビの賢い口座開設方法

© WealthNavi Inc.