NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

2020年最新キャンペーンはコレ!ウェルスナビの賢い口座開設方法

f:id:nisaschool:20190917200551j:plain

ご存知のように、WealthNavi(ウェルスナビ)は、ロボアドバイザーを使って自動で資産運用できるサービスです。

2016年7月に登場し、右肩上がりでユーザー数が増加しています。2020.6.5時点、預かり資産残高は2500億円を突破し、ロボアドバイザー会社としては最大です。

ウェルスナビを始めるなら、当然キャンペーンを利用して、賢く口座開設したいですよね。

そんなあなたのために、ウェルスナビの過去のキャンペーン分析、現在実施中のキャンペーン、そして口座開設前に理解しておきたいことをまとめています。

機会損失なく、投資サービスを利用していただけたら幸いです。

 

 

ウェルスナビのキャンペーン情報

過去のキャンペーン分析

過去には次のキャンペーンが実施されていました。

  1. 積立開始キャンペーン:3ヶ月連続積立設定した場合、買付金額に応じて現金プレゼント
  2. 入金キャンペーン:20万円以上の入金額に応じて現金プレゼント
  3. 初夏のプレゼントキャンペーン:30万円以上の入金額に応じて現金プレゼント
  4. 冬のボーナスキャンペーン:20万円以上の入金額に応じて現金プレゼント

キャンペーン対象条件は、口座開設して連続3ヶ月積立設定と入金の2通りがあります。ややどちらのキャンペーンも厳しめです。

例えば、入金キャンペーンでは20万円に対し、500円のプレゼントされます。還元率は0.25%とそこまで高くありません。

キャンペーンの頻度は、四季に合わせ3ヶ月~6ヶ月で定期的に実施されています。

 

現在実施中のキャンペーン

2020.11.3時点、実施中のキャンペーンはありません。

 

 

最新キャンペーンの確認方法 

最新情報は、下記の方法でご確認ください。

1.WealthNaviにアクセスします。

 

2.すると、次のトップ画面が表示されます。「キャンペーン」の欄をクリックします。

f:id:nisaschool:20190917203749j:plain

[出典:WealthNavi] 

 

3.すると、現在実施中の最新のキャンペーンを確認できます。

f:id:nisaschool:20190917203840j:plain

 

ウェルスナビの口座開設前に理解しておきたいこと

手数料と口座開設方法について、最低限理解しておきたいことを解説します。

手数料について

口座開設、口座維持の費用は無料です。

ウェルスナビでは、「運用手数料」がかかります。これは、運用の委託費用として支払うものです。運用手数料は、預かり資産に対して年1%(税別)です。3000万円を超える部分については0.5%です。

運用を始めるには、初回入金する必要があります。入金方法は、「クイック入金」と「銀行振込」の2通りがあります。

クリック入金は、以下の銀行口座(インターネットバンキング)をお持ちであれば、手数料無料で利用できます。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行

銀行振込の場合は、振込手数料がかかります。各銀行の無料振込を利用しましょう。

自動積立を設定すると、所定のタイミングで指定した金額で銀行口座から引落されます。その際の手数料はかかりません。

また、出金手数料はかかりません。

 

口座開設方法

口座開設は簡単です。必要なものは、本人確認書類、マイナンバー、銀行口座の番号です。手順は次の通りです。

1.WealthNaviにアクセスします。

 

2.すると、次のトップ画面が表示されます。「口座開設」をクリックします。

f:id:nisaschool:20200122220147j:plain

 

3.まず、メールアドレスを登録します。そうすると、認証コードが送付されます。認証コードを入力して、お客様情報や本人確認書類を登録します。

口座開設審査が完了後、簡易書留が送付されてきます。受け取りすると、マイページにログインでき投資を開始できます。

 

まとめ

ウェルスナビでは、定期的にキャンペーンが実施されています。

入金額20万円以上のキャンペーンはやや条件が厳しいので、投資予算に合わせて利用しましょう。

「積立開始キャンペーン」は積立を考えている人には最適です。ぜひエントリーして利用しましょう。

ただ、あまり還元率は高くないので無理に利用する必要はありません。最低投資額10万円だけで資産運用してみるというのも良いでしょう。

© WealthNavi Inc.