NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

2021年最新キャンペーンはコレ!ビクトリーファンドのお得な会員登録方法

f:id:nisaschool:20210321181759j:plain

ご存知のように、Victory Fund(ビクトリーファンド)は、1口1万円~の不動産クラウドファンディングです。

2021年3月にサービスが開始されました。

 

ビクトリーファンドを始めるなら、当然キャンペーンを利用して、お得に会員登録したいですよね。

そんなあなたのために、ビクトリーファンドの過去のキャンペーン分析、現在実施中のキャンペーン、そして会員登録前に理解しておきたいことをまとめています。

機会損失なく、投資サービスを利用していただけたら幸いです。

 

 

ビクトリーファンドのキャンペーン情報

過去のキャンペーン分析

2021年3月からサービスが開始されたため、過去のキャンペーンはありません。

 

現在実施中のキャンペーン

2021.4.27時点、Victory Fundローンチ記念キャンペーン第1号ファンド募集開始記念キャッシュバックキャンペーンが実施中です。

 

Victory Fundローンチ記念の概要は、次の通りです。

  • 実施期間:2021.3.22~5.31
  • 対象条件:期間中に、新規で本会員登録が完了した方
  • 特典:もれなく、Amazonギフト券1000円分プレゼント

 

対象条件は、本会員登録だけなので厳しくありません。

ぜひ、この機会を逃さないようにしましょう。

 

第1号ファンド募集開始記念キャッシュバックの概要は、次の通りです。

  • 実施期間:2021.3.22~5.24
  • 対象条件:期間中に、第1号ファンドに50万円以上投資した方
  • 特典:もれなく、投資金額に応じてキャッシュバック

 

対象条件は、50万円以上とやや厳しめかもしれません。

投資金額が50万円以上~100万円未満で0.5%、100万円以上~200万円未満で1.0%、200万円以上で1.5%となっています。

例えば、50万円投資すると、2500円キャッシュバックされる計算です。

予算に合わせ、無理のない範囲で活用しましょう。

 

最新キャンペーンの確認方法

下記の方法で、最新情報をご確認ください。

1.ビクトリーファンドにアクセスします。

 

2.すると、次の画面が表示されます。下の方に移動します。

ビクトリーファンド,キャンペーン

[出典:ビクトリーファンド]

 

3.キャンペーンがある場合は、下記のような画面で確認できます。

ビクトリーファンド,キャンペーン

[※注:画像は、2021.4.27時点のもの]

 

ビクトリーファンドの会員登録前に理解しておきたいこと

手数料と会員登録方法について、最低限理解しておきたいことを解説します。

手数料について

ビクトリーファンドでは、以下の手数料がかかりません。

  • 会員登録費用
  • 出金手数料

唯一、口座への入出金費用がかかります。各銀行で他行振込手数料が無料のものがあるので、そちらを利用しましょう。

 

会員登録方法

必要なものは、本人確認書類と口座確認資料です。手順は次の通りです。

1.ビクトリーファンドにアクセスします。

 

2.すると、次の画面が表示されます。

「無料で投資家登録をする」をクリックします。

ビクトリーファンド,会員登録方法

 

3.すると、次の画面が表示されるので、「会員登録」をクリックします。

ビクトリーファンド,会員登録方法

 

4.すると、次の画面が表示されます。

本人確認は、スマートフォンを利用、又はその他(はがき郵送)の2通りから選択できます。

ビクトリーファンド,会員登録方法

 

まず、メールアドレスとパスワード等を設定し、会員仮登録をします。

すると、登録したメールアドレスに「仮登録完了メール」が届きます。記載のURLをクリックし、「1. スマートフォンを利用したオンライン認証」か、「2. はがき郵送による本人確認はこちら」のいずれかの方法を選択します。

画面の指示に従いながら、会員本登録と、本人確認書類を登録します。

審査完了後、本人確認ハガキを受け取り、本人確認コードを入力すると投資を開始できます。

概ね、本登録申請をされてから3~5営業日程度で完了します。

 

まとめ 

ビクトリーファンドは、2021年3月にスタートしたばかりです。

2021.5.31まで、Victory Fundローンチ記念キャンペーンが実施中です。

現時点では今後のキャンペーン実施が不明であるため、少額から不動産投資をしてリターンを得たい方は、機会損失のないように準備しておきましょう。

 

関連記事

不動産クラウドファンディングのおすすめの選び方はコレ

© Kachi development Co.,Ltd.