NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

2020年7月度米国株レポート|バイオ銘柄を購入し、19銘柄のポートフォリオに

f:id:nisaschool:20200701215735j:plain

こんにちは、永松です。2020.6.22から、配当収入目的で、米国株デビューしました。

初期投資額は10万円程度から始めました。6月は、優良な配当株を選別し、13銘柄に投資しました。まだ、ポートフォリオの構築段階です。(詳細は、「 2020年6月度米国株レポート|配当収入目的で13銘柄に投資開始 」でまとめています。)

 

7月は、6銘柄を追加選別し、合計19銘柄でポートフォリオを構築しました。そして、米国株を初めて、たった1ヶ月ですが、配当金が支払われました。

米国株は、日本株と違って、年4回配当が一般的であるため、チャンスが多いメリットを実感しました。

今月も、ポートフォリオ、トータルリターン、配当実績を記録していきます。

「米国株には、どれくらいのリスクとリターンがあるのか知りたい」という方の参考になれば、幸いです。

 

 

2020年7月度の主要指数の振り返り 

2020.7.1~7.31において、各米国主要指数は、次の通りでした。

参考値として、日本株のTOPIXも記載しています。

 指数 7月1日 7月31日 リターン
NYダウ 25734.97 26428.32 2.69%
ナスダック 10154.63 10745.28 5.81%
S&P500 3115.86 3271.12 4.98%
TOPIX 1538.61 1496.06 -2.76%

 

2020年7月の米国株指数は、すべてプラスリターンでした。NYダウ<S&P500<ナスダックの順に高かったです。

ナスダックは、6月には+5.3%のリターンでしたが、今月も引き続き+5.8%と成長し続けています。米国株、強い。

一方、TOPIXは6月に続きマイナスリターンで、-2.7%でした。

 

2020年7月度のポートフォリオ・リターン・配当実績

私の投資方針は、「高配当・高成長銘柄に分散投資し、配当金を再投資し複利成長させる」です。長期保有を前提としています。

まずは、初期投資1000ドル程度(約10万円)から始めていました。

7月末に、大幅に円/ドルが円高に変動したため、105円台で追加で5万円をドル転しました。

取引は、米国株手数料が無料になる(←「 知らなきゃ損だった!米国株の取引手数料を無料にする2つの方法 」で解説)マネックス証券をメインにし、一部取扱のない銘柄はSBI証券を使用しています。

記事内で記載したお得なキャンペーンを活用し、6月下旬~7月中旬分の手数料4.16ドルのキャッシュバックを受けました。

 

7月度のポートフォリオは、19銘柄に拡大

ポートフォリオは、月刊誌「 オックスフォードインカムレター(日本語版) 」を参考に投資しています。

このレターでは、複利成長インカム・ポートフォリオ銘柄(A)、短期インカム・ポートフォリオ銘柄(B)、高配当重点ポートフォリオ銘柄(C)の3分類が紹介されています。

次のように定義されています。

  • (A)10年平均で、配当利回り含め12%複利での成長を期待できる銘柄
  • (B)10年以内に、利回り11%を期待できる銘柄
  • (C)AやBより高配当な収入を得ることを目的とした銘柄

 

6月は13銘柄に投資していました。

米国株ポートフォリオ

 

7月は次の6銘柄追加し、合計19銘柄でポートフォリオを構築しました。

  • E-3
  • F-4
  • H-2
  • H-3
  • I-5
  • Ind-1

また、いくつかの銘柄を追加購入しました。

買付額ベースのポートフォリオは、次の通りです。

f:id:nisaschool:20200802165934j:plain

ネタバレしないように、銘柄名は伏せてセクター分類のみ記載しています。

  • E:エネルギー
  • F:ファイナンス
  • H:ヘルスケア
  • I:IT関連
  • S:サービス
  • U:公益事業
  • Ind:鉱業

エネルギー3銘柄、ファイナンス4銘柄、ヘルスケア2銘柄、IT関連5銘柄、サービス2銘柄、公益事業1銘柄、工業1銘柄です。

 

E-3、H-2、Ind-1は、以前からインカムレターで推奨されていた銘柄で、7月に新規購入しました。

I-5は、最新号7月号(2020.7.25発刊)で、「高成長が期待できるIT関連銘柄」として紹介されていました。私自身でも調査して、それは確からしいことを確認したため、新規購入しました。

H-3は、話題のバイオ関連銘柄で、インカムレター購読特典「 新型コロナ対策銘柄3選 」で紹介された1つの銘柄を組み入れました。

 

F-4は、3月号(2020.3月末発刊)で売却推奨されていました。高配当重点ポートフォリオ銘柄に分類されています。

この分類の銘柄には、「〇%以上値下がりしたら、損切」というルールが設定されています。

2020.3は、コロナの影響もあり、米国株が大暴落しました。結果として、F-4も大幅に値下がりし、ルール上損切をされたという経緯があることがわかりました。

しかしながら、銘柄を自身で分析すると、売上高、当期利益、配当も良かったので、新規購入しました。

 

私は、19銘柄中、複利成長インカム・ポートフォリオ銘柄(A)を13銘柄、高配当重点ポートフォリオ銘柄を6銘柄組入れました。

実績ベースにおける配当利回りは、銘柄(A)群が3.0%~13.3%、銘柄(C)群が0.9%~16.6%の銘柄です。平均配当利回り6.81%で、多くは5%以上の銘柄がで構成されています。

日本株では、そうそうない利回りです。

 

7月度のリターンは+0.30%

7.31時点、買付総額1306.14ドルに対し、評価額1310.12ドルで割合にすると+0.30%でした。

リターン詳細は内訳は、次の通りでした。

銘柄 買付額
(ドル)
評価額
(ドル)
リターン
E-1 30.40 31.70 4.28%
E-2 85.60 83.97 -1.90%
E-3 89.90 83.90 -6.67%
F-1 48.27 49.25 2.03%
F-2 56.45 58.60 3.81%
F-3 43.18 42.39 -1.83%
F-4 37.07 35.92 -3.10%
H-1 40.90 40.80 -0.24%
H-2 99.50 94.91 -4.61%
H-3 75.45 69.50 -7.89%
I-1 30.14 29.58 -1.86%
I-2 48.96 47.32 -3.35%
I-3 45.00 47.05 4.56%
I-4 41.25 41.93 1.65%
I-5 307.20 316.51 3.03%
S-1 46.11 40.60 -11.95%
S-2 40.81 40.88 0.17%
U-1 50.50 62.11 22.99%
Ind-1 89.45 93.10 4.08%
合計 1306.14 1310.02 0.30%

19銘柄のうち、9銘柄が0.17%~22.99%とプラスリターン、10銘柄が-0.24%~-11.95%とマイナスリターンでした。

S-1は、6月が-14.81%でしたが、-11.95%まで回復しました。7月も上下変動が大きかったため、下落局面で少し買い増ししました。

7月末の決算は、やや業績が悪いものが多かったため、保有銘柄の半分はマイナスリターンです。

ただし、分散していることもあって、トータルリターンはプラスです。

配当収入目的なので、キャピタルゲイン(値上がり益)は期待していません。優良な配当株と判断したものは、下落局面には、また買い増しします。

 

投資してたった1ヶ月で、配当ゲット!

米国株投資を始めてから、1ヶ月しか経っていませんが、配当を得ました!

日本株は権利確定日から、配当支払いまで数ヶ月を要しますが、米国株は1ヶ月以内には支払われます。これ、かなり良いです。

今月から、配当推移も記録していきます。

累計配当額は次の通りです。0.36ドルなので、まだ少ないです。1年でどれくらい得られるのか、ワクワクしています。

f:id:nisaschool:20200802182517j:plain

 

今後の方針

まだ19銘柄なので、25銘柄まで拡大すべく、「 オックスフォードインカムレター(日本語版) 」の次号を待って、良い銘柄があれば新規購入します。なければ、既存銘柄の下落している銘柄を買い増し予定です。

また、今後、円/ドルの為替変動が大きいことが予想されています。103円台など、急激に円高になれば、いくらかの円資金をドル転しようと考えています。

来月もまた米国株レポートをまとめます!

 

関連記事

会社員が手軽に年100回の配当を米国株投資で得るための3ステップ