スタートアップ企業に株式投資するユニコーン(Unicorn)の特徴・メリット・デメリット



f:id:nisaschool:20190724201039j:plain

こんにちは。株式会社ユニコーンという会社をご存知でしょうか。スタートアップ企業に投資できる株式投資型クラウドファンディングサービスを提供しています。

本ページでは、株式投資型クラウドファンディングサービスの特徴・メリット・デメリットについて、まとめています。

 

 

株式会社ユニコーンとは?

まず、運営会社について見ていきましょう。代表取締役は安田次郎 氏。モルガンスタンレー、クレディスイスなどでIPO(株式上場)を含む株式による資金調達を担当されていたようです。その後、野村證券に移り資金調達を担当とのこと。資金調達のプロフェッショナルなのでしょう。

2015年12月に東京渋谷のコワーキングスペースで設立し、2018年には東京港区にオフィス移転しています。

2019年2月に「日本証券業協会(特定業務会員)」に加入しています。この会員になると、第一種記入商品取引業において、特定店頭デリバティブ取引等、株式投資型クラウドファンディング業務を専門に行っていることを表します。

比較的新しい企業です。

 

事業は、以下5つです。

  1. 株式投資型クラウドファンディング
  2. クラウドファンディングサポート
  3. 企業成長丸ごとサポート
  4. ユニコーンイノベーション・プログラム
  5. 各種セミナー・講座の企画運営

「1」が投資家向けサービスです。「2~5」が起業家向けサービスです。次項以降では「1」について解説していきます。

 

ミッションとして、次のことが掲げられています。

日本に、世界を代表する起業文化を。

日本に、もっとユニコーン企業を。

日本で起業する人を支援していきたいという想いが感じられます。そのためにお金の回るサービス、そして経営者をサポートするサービスがつくられました。

ちなみに、ユニコーン企業とは、「評価額10億ドル以上の非上場、設立10年以内のベンチャー企業」です。日本ではメルカリが該当していましたが、上場したので、ユニコーン企業を卒業しました。

フェイスブックやツイッター社も上場前はユニコーン企業でした。日本では中々このような企業が生まれにくい環境にあるので、株式会社ユニコーンは、世界に貢献するユニコーン企業を日本で作るサポートをしたいのだと思います。

 

 

ユニコーンの特徴

株式投資型クラウドファンディング・サービスです。このサービスは、インターネットを通じて、不特定多数の人から少額ずつ資金を集めて非上場の新規・成長企業の株式を購入することができる仕組みです。

会員登録は無料です。5万円から投資できます。比較的変動リスクの高い商品ですので、投資する前に審査があります。審査基準は、金融資産が200万円以上で、1年以上投資経験があることが含まれています。

審査基準の詳細は、下記公式サイトよりご確認ください。

ユニコーン 】 

 

ユニコーンのメリット

以下3点と考えています。

  1. 個人が非上場企業に投資でき、スタートアップ企業を応援できる
  2. 株主優待が1年に最低1回以上受けられる
  3. IPOやM&A等で売却した場合に、数倍の売却益を受けられる可能性がある

 

まず、よっぽどの資産家であったり、人脈がない限り、個人でスタートアップ企業に投資することはできないでしょう。それをユニコーンのサービスでは実現してくれています。

 

ユニコーンで資金調達を応募するスタートアップには、最低1回以上の株主優待をつけるという条件があります。通常のクラウドファンディングでは、株主優待まで受けられるところは少ないように思います。

優待は応募段階でページにて公開される予定です。優待も楽しみたい方には良いかと。

 

最後に、IPO(上場)したり、事業買収などで株式を売却した際に、大きなリターンを得られる可能性があります。IPOをやったことがある人なら、ご存知かと思いますが初値(上場初日の株価)が募集金額の+100%リターンなどになる企業もあります。

 

ユニコーンのデメリット

デメリットは、「リスクが高いこと」です。投資で言うリスクとは、不確実性を言います。不確実性とは、損するか、得するか確実ではないということです。

本サービスで投資するポジティブリスクは、メリットで記載した大きなリターンです。一方ネガティブリスクは、元本割れする恐れ、非上場企業なので上場企業のような相場がない、換金性が乏しいなどがあります。

本サービスを利用する際には、十分にリスクについて確認しましょう。まだ、募集は始まっていませんが、「どうしても応援したい企業がある、起業家を応援したい」という企業があれば投資を検討してみましょう。

 

今後、どのような募集があるのか要チェックしていきましょう!

最新情報は、下記公式サイトよりご確認ください。

ユニコーン

ユニコーン 】 

以上です。

 

関連記事

株式投資型クラウドファンディング・ユニコーンはどんな案件を扱っているのか?地方創生にも貢献

株式投資型クラウドファンディング・ユニコーンのお得なキャンペーン