NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

ツバキナカシマは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

f:id:nisaschool:20200712205803j:plain

こんにちは。国内株の配当株投資している永松です。2020.7.17時点、ツバキナカシマ(6464)は配当株として「有り」と判断して、配当狙いポートフォリオに組み入れていました。

2020.8.7に開示された直近の決算資料で、「大幅な減配(40円→10円)」であったため、8.11に一旦売却し、ポートフォリオから除外しました。

 

ツバキナカシマの業種分類は、機械です。ベアリング用の精密ボール・ローラーが主力です。身近な製品から、宇宙開発技術まで幅広く使われています。身近な製品例で言うと、ボールペンのペン先です。

 

「ツバキナカシマを、配当株として組み入れるか検討中」という方のため、ツバキナカシマの配当分析をまとめています。

あくまで個人的な見解で、銘柄推奨するものではありません。配当株投資の参考になれば幸いです。

 

次の3点をモニタリング又は分析しています。

  • 業績推移
  • キャッシュフロー推移
  • 配当分析

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

更新履歴

  • 2021年期2Q(4月~6月)の決算資料を反映しました。[2020.8.11]

 

ツバキナカシマの業績推移

2013年12月期~2019年12月期の売上高、営業利益、当期利益は次の通りです。

売上高は2017.12期以降、ぐんと伸びています。営業利益と当期利益は2019.12期はやや減少しています。

 直近の決算資料(2020.8)では、通期の業績予想は開示されていません。

2Q(2020.4~6)では、対前年同一期間で、売上高は-32.4%、営業利益は-70.2%、当期利益は-75.8%と大幅に減少していました。

ツバキナカシマ,業績

 

決算期 売上高 営業利益 当期利益
2013.12 30,248 5,395 3,654
2014.12 36,049 5,218 3,843
2015.12 39,178 7,110 4,476
2016.12 36,886 6,922 4,632
2017.12 53,244 6,985 3,176
2018.12 74,832 9,942 6,819
2019.12 64,563 8,186 4,891

 

ツバキナカシマのキャッシュフロー推移

2013年12月期~2019年12月期の各キャッシュフロー(CF)は次の通りです。

ツバキナカシマ,キャッシュフロー

 

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2013.12 5,005 -2,962 -500 14,437 2,043
2014.12 3,366 -677 -7,177 10,452 2,689
2015.12 7,468 -797 408 17,219 6,671
2016.12 6,675 -860 -3,367 19,132 5,815
2017.12 5,131 -43,834 31,633 12,001 -38,703
2018.12 8,110 -3,351 -3,158 13,304 4,759
2019.12 6,040 4,025 -6,210 16,946 10,065


営業CFは、プラスで安定的に推移しています。

2017.12期に投資CFと、フリーCFが大きくマイナスですが、これは米国NN, Inc社をM&Aした際の株式の取得に現金を使用したためです。

2018.12期以降は、フリーCFはプラスを維持しています。

現金・現金等価物は、年々着実に増加傾向です。

直近の決算資料(2020.8)では、現金・現金等価物は2,200(百万円)減少し、14,746(百万円)となっています。

 

ツバキナカシマの配当分析

私が分析しているのは、次の3点です。

  1. 配当方針
  2. 配当実績と配当成長率
  3. 配当性向(当期利益、フリーCFベース)

配当株投資の対象には、「配当利回り4.5%以上」を条件に銘柄スクリーニングしています。

ツバキナカシマの場合、株価810円(2020.8.11終値)で、配当が前年と同じ、年81円であったとすると、配当利回りは10.00%です。

しかし、中間配当の10円のみだけだったとすると、配当利回りは1.23%です。

 

配当方針

ツバキナカシマの配当方針は、次の2点です。

  • 配当性向50%以上
  • 年2回配当

決算資料「直近の決算資料」の中で明記されています。

明記されているため、「株主還元もしっかりする(配当を支払う)」という意思表示だと判断しています。

直近の決算資料(2020.8)では、配当方針の変更は記載されていません。中間配当(6.30)は10円と決定されました。対前年は40円でしたので、1/4の減配です。当期利益が大幅に減少したためと思われます。期末配当は未定です。

 

配当実績と配当成長率

配当に関する基本情報は次の通りです。

  • 配当回数:年2回
  • 配当権利確定日:6.30(中間配当)、12.31(期末配当)

 

2013.12期~2019.12期の配当実績は、次の通りでした。

2015.12期以降、配当は段階的に引き上げらていました。過去5年間は、無配当は一度もなく、継続的に配当が支払われています。

ツバキナカシマ,配当金

 

直近3年間、2017.12期~2019.12期の配当成長率を算出すると、次の通りです。

決算期 配当金 配当成長率
2016.12 63 ---
2017.12 64 2%
2018.12 79 23%
2019.12 81 3%

 

2018.12期は、対前年で15円と23%もアップしました。2019.12期は失速し3%アップにとどまっています。

 

配当性向(当期利益・フリーCFベース)

配当性向は、当期利益ベースとフリーCFベースの2通りで算出しています。

理由は、「松井証券は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?」で解説しています。

 

2017.12期~2019.12期の配当性向を算出すると、次の通りです。

発行済み株数は、40,332,913株(2019.12.31時点)で算出しています。算出した数値は、若干、公式サイトとが異なります。

決算期 当期利益ベース フリーCFベース
2017.12 81% -7%
2018.12 47% 67%
2019.12 67% 32%

 

当期利益ベースでは、2017.12期~2019.12期すべてで47%~81%と100%以下で、安全圏内でした。

フリーCFベースでは、2017.12期はマイナスでしたが、2018.12期と2019.12期は67%と32%安全圏内でした。

決算資料(2020.5)に引き続き、直近の決算資料(2020.8)でも、p.8で「手元資金(フリーCF)の積み上げを推進」が記載されています。この意図として、先行き不透明のためとも読み取れます。

また、2020.2に、自己株式取得が発表されていましたが、直近の資料(2020.8)でも引き続き、株式取得は0株となっています。手元に資金を残しておきたいという意図が読み取れます。

 

 

まとめ

私が、2020.7.17時点、ツバキナカシマを配当株として「有り」と判断した理由は次の通りです。

2019.12期までは、売上高、営業利益、当期利益は良いと考えています。営業CF、フリーCF共にプラスを維持しています。

配当方針は、「配当性向50%以上、年2回配当は不変」と株主還元を十分に考えられています。直近の方針変更もなし。

配当実績は、過去5年間一度も無配当はなく、継続性が十分にあります。ただし、先行き不透明のため、手元現金を重視している傾向があり、一時的な減配の可能性を考えていました。

残念ながら、予想通り、8.7に開示された2Q決算短信では、「中間配当が10円に減配、期末配当予想が未定」でしたので、安全を期して一旦売却しました。

業績は感染症の影響を受けており、かなり苦戦しているようでした。2020.8.11時点では、配当の先行きが不透明のため、一旦様子見の方が良いと考えました。

 

関連記事

会社員が手軽に年50回の配当を日本株投資で得るための3ステップ

2020年7月度日本株レポート|配当収入目的で8銘柄に投資開始