NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

ソフトバンク(9434)は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(@nisaschool

f:id:nisaschool:20200712205803j:plain

こんにちは。国内株の配当株投資している永松です。

2021.7.24時点、ソフトバンク(9434)は配当株として「有り」と判断して、配当狙いポートフォリオに組み入れています。

 

ソフトバンクの業種分類は、通信・情報です。 

ソフトバンクと聞くと、スマートフォン・携帯電話会社と思いがちですが、色々な事業を行っています。

法人向けにはソリューション/クラウド・AI・IoT・ロボット、ヤフー関連ではPayPay決済サービスやスマホ証券「PayPay証券」、新領域としてはタクシー配車プラットフォーム「DiDi」、コミュニティ型ワークスペース「wework」、次世代モビリティサービス「MONET」など多岐に渡ります。

成長戦略「BEYOND CARRIER」として、通信を進化させ、あらゆるモノを繋ぎあわせ、想像を超えた新しい社会が目指されています。

 

「ソフトバンクを、配当株として組み入れるか検討中」という方のため、ソフトバンクの配当分析をまとめています。

あくまで個人的な見解で、銘柄推奨するものではありません。配当株投資の参考になれば幸いです。

 

通常は、次の3点を分析しています。

  • 業績推移
  • キャッシュフロー推移
  • 配当分析

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

ソフトバンクの業績推移

2019年3月期~2021年3月期の売上高、経常利益、当期利益は次の通りです。

売上高について、対前年比で、2019.3期→2020.3期は+29.8%、2020.3期→2021.3期は+7.1%と伸ばしていました。

当期利益も、対前年比で、2019.3期→2020.3期は+9.8%、2020.3期→2021.3期は+3.8%と伸ばしていました。

2021年3月期決算短信では、2022.3期の業績予想が開示されています。

売上高は+5.5%の5,500,000百万円、当期利益+1.8%の500,000百万円が見込まれています。

ソフトバンク,売上高

決算期 売上高 経常利益 当期利益
2019/03 3,746,305 631,548 430,777
2020/03 4,861,247 811,195 473,135
2021/03 5,205,537 847,699 491,287

※単位:百万円

 

ソフトバンクのキャッシュフロー推移

2019.3期~2021.3期の各キャッシュフロー(CF)は次の通りです。

ソフトバンク,キャッシュフロー計算書

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2019/03 826,582 -614,738 25,084 357,971 211,844
2020/03 1,249,535 -900,145 -143,613 1,143,808 349,390
2021/03 1,338,949 -511,295 -388,462 1,584,892 827,654

※単位:百万円

 

営業CF、現金・現金等価物、フリーCFは、すべて安定的にプラスで推移しています。

 

ソフトバンクの配当分析

私が分析しているのは、基本的に次の3点です。

  1. 配当方針
  2. 配当実績と配当成長率
  3. 配当性向(当期利益、フリーCFベース)

 

配当株投資の対象には、「配当利回り4.5%以上」を条件に銘柄スクリーニングしています。

ソフトバンクの場合、株価1459.5円(2021.7.21終値)で、配当が予想通り年86円であったと仮定すると、配当利回りは5.89%です。

 

配当方針

配当方針は、「株主還元・配当 | 株式について」によると、親会社の所有者に帰属する純利益に対する総還元性向85%程度と、かなり株主還元に積極的です。

 

配当実績と配当成長率

配当に関する基本情報は次の通りです。

  • 配当回数:年2回
  • 配当権利確定日:9.30(中間配当)、3.31(期末配当)

 

2019.3期~2021.3期の配当実績は、次の通りでした。

過去3年間は、無配当はなく、継続的に配当が支払われていました。

2022.3期は、年86円が予定されています。

ソフトバンク,配当

 

直近3年間、2017.3期~2022.3期(予想)の配当成長率を算出すると、次の通りです。

決算期 合計 配当成長率
2019/03 37.5 ---
2020/03 85 127%
2021/03 86 1%
2022/03
(予想)
86 0%

 

2019.3期→2020.3期にかけて、対前年比+127%も増配していました。

2021.3期は、前年とほぼ同じでした。

 

配当性向(当期利益・フリーCFベース)

配当性向は、当期利益ベースとフリーCFベースの2通りで算出しています。

最近学んだこととして、米国株投資ではフリーCFベースで分析されます。私はこれを日本株にも応用しています。

フリーCFとは、営業CF+投資CFで算出される数値で、簡単に言えば、企業が自由に使える現金です。

フリーCFは、新たな設備投資、借入金の返済、内部留保、そして配当に使われます。そのため、配当株投資では重要な分析対象となりえます。

フリーCFが潤沢にあれば、配当の増額にも期待できます。一方、フリーCFが少ないのに配当を維持していたら、「そろそろ減配が近づいているかもしれない」と事前にリスクを察知できます。

詳しくは、書籍『「年100回配当」投資術ー日本人が知らない秘密の収入源』を読むと配当投資のレベルがグッと上がります。

 

2017.3期~2021.3期の配当性向を算出すると、次の通りでした。

発行済み株数は、4,787,145,170株(2021.7.21時点)で算出しています。算出した数値は、若干、公式サイトとが異なります。

決算期 当期利益ベース フリーCFベース
2019/03 42% 85%
2020/03 86% 116%
2021/03 84% 50%
2022/03
(予想)
82% ---

 

当期利益ベースでは、42%~86%と100%以下で安全圏内でした。

フリーCFベースでは、2020.3期に100%を超えて注意水準でしたが、2021.3期には50%と100%以下になり安全圏内でした。

2022.3期は、当期利益は前年と同程度なので、配当性向も同じくらいと予想されます。

現時点では、配当は継続されると予測しています。

 

まとめ

私が、ソフトバンクを配当株として「有り」と判断した理由は次の通りです。

売上高と当期利益は、安定的に右肩上がりです。

また、営業CF、フリーCFは、安定的にプラス推移が続いています。

配当方針は、「親会社の所有者に帰属する純利益に対する総還元性向85%程度」とかなり株主還元に積極的です。

配当実績は、過去3年間無配当はなく、継続性があります。

以上のことから、安定的に高配当が得られると考え、配当狙いポートフォリオに組み入れても問題ないと判断しました。 

 

最新情報は、毎月配当レポート記事を作成しているので、ご関心があれば、ご覧ください。

 

関連記事

会社員が手軽に年50回の配当を日本株投資で得るための3ステップ

【感想】米国株配当狙いなら「年100回配当投資術」を一読する価値あり