NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

アクティブ元年・日本株ファンドのスポット購入はキャンペーン活用がお得

f:id:nisaschool:20200621145555j:plain

こんにちは、永松です。アクティブ元年・日本株ファンドは、中小型株を中心に厳選投資する、三井住友DS投信限定のアクティブファンドです。2019.2.5に新規設定されました。

「 注目!アクティブ元年・日本株ファンドとは?知っておきたい3つの特徴 」で紹介したように、このファンドに注目していて、スポット購入を始めました。

アクティブ元年・日本株ファンドのスポット購入を検討しているなら、賢くお得に買いたいですよね。

そんなあなたのために、キャンペーンを活用したスポット購入方法を紹介します。

 

 

アクティブ元年・日本株ファンド購入キャンペーンが定期的に開催

定期的に、「アクティブ元年・日本株ファンド」の購入を対象条件として、Amazonギフト券がもらえるキャンペーンが実施されています。

現在~過去には、3回実施されています。[2020.6.21]

  1. 日本企業応援キャンペーン:[期間]2020.6.1~7.31
  2. ファンド1周年記念キャンペーン:[期間]2020.1.22~3.31
  3. つみたて開始応援キャンペーン*:[期間]2019.9.24~2019.11.29 *積立購入が条件

例えば、日本企業応援キャンペーンでは、合計10万円以上の買付が対象で、次のように還元額が変わります。

  • 10万円~30万円未満:1000円分
  • 30万円~50万円未満:3000円分
  • 50万円~100万円未満:5000円分
  • 100万円~300万円未満:1万円分
  • 300万円~500万円未満:3万円分
  • 500万円~700万円未満:5万円分
  • 700万円~1000万円未満:7万円分
  • 1000万円~:10万円分

還元額はおおよそ1%と高めです。一括で10万円以上でも、分割して合計10万円以上でも対象となる点が嬉しいです。

 

特定のファンドに対するキャンペーンって中々ないですよね。なぜ、アクティブ元年・日本株ファンドはキャンペーンを実施しているのでしょうか。

考察すると、次の2点が考えられます。

  1. 認知度を上げたい
  2. 純資産残高を増やしたい

アクティブ元年・日本株ファンドはパフォーマンスはすこぶる良いのですが、認知度はこれから徐々にと言った印象です。

例えば、認知度の高い国内アクティブファンドである、ひふみプラスとコモンズ30と直近1年のリターンは、次の通りです。[2020.5.31基点]

  • アクティブ元年・日本株ファンド:+15.75%
  • ひふみプラス:+11.49%
  • コモンズ30:+9.59%

アクティブ元年は、ひふみプラスよりも+4.26%、コモンズ30よりも+6.16%と高パフォーマンスなのがわかります。

 

一方で、純資産残高は次の通りです。[2020.6.19時点]

  • アクティブ元年・日本株ファンド:4.61億円
  • ひふみプラス:5274.11億円
  • コモンズ30:192.26億円

アクティブ元年の純資産残高は、まだまだ小規模です。純資産(資金流入)が多いほど、投資資金が増えるので、「この株に投資したい」時に投資でき、投資効率アップにも期待できます。

「認知度を上げたい」、「安定的な資金流入がほしい」という狙いがあるため、キャンペーンは今後も実施されていると推定しています。

 

キャンペーン期間中のいつ購入したらよいか?

スポット購入するときに、一番悩むのはいつ購入したら良いかでしょうか。当然、基準価額が相対的に低い時に購入した方がリターンが得やすいです。

ただし、短期的な経済の先行きは読めないので、「ここだ!」と明確にはわかりません。

「ここだ!」とわからなければ、分割して購入する方法をおすすめします。

アクティブ元年・日本株ファンドのスポット購入では、1万円以上1円単位で可能です。例えば、スポット購入の予算が10万円だとすれば、1万円×10回や、2万円×5回などにするということです。

短期的なスポット購入でも、ドルコスト平均法を利用する手も良いと考えています。

 

基準価額の推移と、過去のキャンペーン、現在実施中のキャンペーンで買い方を考えてみましょう。

2019.2.5~2020.6.19までの基準価額の推移は、次の通りです。

f:id:nisaschool:20200621163339j:plain

2019年~2020年1月まで順調な右肩上がりでした。2020.1.15には最高値13263円になりました。

2020年2月~3月にかけては、感染症の拡大の懸念から株式市場は大暴落しました。その影響を受け、2020.3.13には最安値8706円まで下落しました。最高値から、-4557円(-34.3%)と下落幅はかなり大きかったです。

しかし、4月から急激に回復し、直近6.19には13144円と過去の最高値に近づいてきました。アクティブファンドとしてかなり優秀なファンドです。

 

過去のキャンペーン「ファンド1周年記念キャンペーン」(2020.1.22~3.31)の基準価額を抜粋すると、次の通りです。

f:id:nisaschool:20200621164704j:plain

予算が10万円だったとしましょう。

結果論ではありますが、キャンペーンが始まった1.22に一括購入した場合、リターンは最も低くなります。基準価額について、1.22の13255円に対し、6.19時点は13144円なので-111円(-0.83%)です。

極端な例で言えば、3.13の最安値8706円で一括購入した場合、6.19時点で13144円なので、+4549円(+50.9%)と大幅なリターンになります。

ただ狙い撃ちは難しいのです。例えば、キャンペーン期間が70日あるので、7日おきに1万円ずつスポット購入するというのでも良いでしょう。

 

6.19時点のキャンペーン「日本企業応援キャンペーン」(6.1~6.19)の基準価額を抜粋すると、次の通りです。

f:id:nisaschool:20200621170349j:plain

6月はほぼ横ばいで推移しています。私もこのキャンペーンを活用して、予算10万円でスポット購入しています。

キャンペーン期間が61日間あるので、おおよそ6日おきに1万円ずつ購入を考えていました。できれば、「基準価額が相対的に低めの時に買いたい」というのが本音です。

6.19時点、3回購入しています。直近の基準価額の最高値13144円から10%以上下落し、11829円以下になったら、残り7万円を一括購入でも良いかなと考えています。

ただし、どうなるかわかりませんね。

 

まとめ

アクティブ元年・日本株ファンドの購入を検討されているなら、キャンペーンを活用することをおすすめします。

キャンペーン期間中の買い方では、基準価額の推移を予想するのが難しいため、予算を分割してスポット購入するが王道と考えています。

現在キャンペーンが実施中なので、購入を検討している方は、公式サイト三井住友DS投信直販ネット  で確認しておきましょう。口座開設がまだの方は、準備しておきましょう。