NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

投資信託でポイントが貯まる証券会社リスト!最もお得なのはどこ?

f:id:nisaschool:20200607200337j:plain

こんにちは。「投資信託を買うなら、どこの証券会社で始めるのがお得なのか」、「どんなポイント制度があるのか」、「ポイントには、どのような使い道があるのか」と思っていませんか。

昨今、各社取扱サービスに大きな差はなくなりつつあります。一方で、投資信託の積立や長期保有が広まりつつあるため、ポイント制度に力を入れ始めています。

ポイント制度を比較し、あなたにとって最も最適な証券会社で、投資信託を買うことをおすすめします。

主要なネット証券のうち、おすすめできる証券会社を一覧にしています。

証券会社選びの参考になれば幸いです。

投資信託のポイント制度のまとめは、次の通りです。[2020.6.8時点]

証券会社 還元率(年)* 還元方法
最小 最大
SBI証券 0.01% 0.20% Tポイント
岡三オンライン証券 --- --- ---
 GMOクリック証券 --- --- ---
tsumiki証券
エポスカード
0.10% 0.50% エポスポイント
松井証券 0% 0.70% 現金
マネックス証券 0% 0.80% マネックスポイント
ライブスター証券 --- --- ---
LINE証券 0% 0.30% 現金
楽天証券 --- 1% 楽天スーパーポイント

*:楽天証券は、購入金額に対する還元率

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

SBI証券

SBI証券では、「投信マイレージサービス」があり、投資信託の月間平均保有金額に応じてTポイントが貯まります。(※Tポイントカードとの連携が必要です)

ポイント付与率は、対象の投資信託と保有金額によって、0.01%~0.20%(年率)と異なります。

月間平均保有金額 1000万円未満 1000万円以上
通常銘柄 0.10% 0.20%
指定銘柄I 0.05%
指定銘柄II 0.03%
指定銘柄III 0.02%
指定銘柄IV 0.01%

 

例えば、通常銘柄で100万円保有していた場合、100万円×0.1%/年=1000pt貯まります。

指定銘柄は、「 投信マイレージサービスポイント付与率一覧 」で最新情報をご確認ください。

人気のあるインデックスファンド、例えば、SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドは0.02%、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は0.03%です。

貯まったTポイントは、1pt単位で、普段のお買い物でも使えますし、SBI証券で投資信託の買付にも利用できます。また、 SBIネオモバイル証券  で口座開設すると、1株投資や1通貨FXにも利用できます。

 

岡三オンライン証券

2020.6.8時点、投資信託でポイントが貯まる制度はありません。

 

GMOクリック証券

2020.6.8時点、投資信託でポイントが貯まる制度はありません。

 

tsumiki証券

tsumiki証券は、丸井グループの積立投資専門の証券会社です。取扱商品は、コモンズ30ファンド、セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド、セゾン・資産形成の達人ファンド、ひふみプラスの4本のみです。

tsumiki証券では、 エポスカード  を使用して投資信託を購入します。年間の積立金額×(0.1%~0.5%)のエポスポイントが貯まります。

毎月の積立金額の上限は5万円です。ポイント付与率は、初年度が0.1%、2年目が0.2%と0.1%ずつ上がっていき、5年目以降で0.5%が上限です。

例えば、5年目以降に、年60万円(5万円×12ヶ月)積立した場合、60万円×0.5%= 3000pt貯まります。

貯まったエポスポイントは、丸井店舗でのお買い物で使えたり、商品券やギフト券に交換できます。Amazonギフト券であれば、1ptから交換できます。

 

松井証券

松井証券では、「投信毎月現金還元サービス」があります。月間保有金額に応じて、最大0.7%(年率)、現金で還元されます。現金で還元されるので、ポイントの交換も不要で利用しやすいです。

注意点としては、投資信託によって還元率が異なります。

例えば、ひふみワールド+という投資信託を100万円保有していれば、年0.43%なので年4300円が還元されます。

f:id:nisaschool:20200610194438j:plain

 

マネックス証券

マネックス証券では、「投信ポイントプログラム」があります。月間保有残高(評価額)に応じて、マネックスポイントが貯まります。

ポイント付与率は、取引口座と対象の投資信託によって、0%~0.08%(年率)と異なります。

  総合取引口座 NISA・積立NISA
(A)通常銘柄 0.08% 0.03%
(B)指定銘柄 0.03%
(C)指定銘柄 0% 0%

 

例えば、通常銘柄で月間保有残高が100万円であった場合、100万円×0.08%/年=800pt貯まります。

指定銘柄は、「 投信保有ポイント|ポイントをためる|マネックスポイント|マネックス証券 」で最新情報をご確認ください。

人気のあるインデックスファンド、例えば、SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドは0%、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は0.03%です。

貯まったマネックスポイントは、1pt1円で株式取引の手数料に充てたり、グループ会社である コインチェック  で暗号資産(ビットコイン・イーサリアム・リップル)に交換できます。他社ポイントサービス、例えば、Amazonギフト券なら1pt単位で交換できます。

 

ライブスター証券

2020.6.8時点、投資信託でポイントが貯まる制度はありません。

ライブスター証券は、ISホールディングスのグループ会社です。ISホールディングスは、ひふみ投信で認知度のあるレオスキャピタルワークスの株主です。

ライブスター証券で購入できる投資信託は、ひふみプラスとひふみワールド+のみです。

 

LINE証券

LINE証券では、「現金キャッシュバックキャンペーン」が実施される月があります。月初保有残高に応じて、0.15%~0.30%(年率)現金還元されます。

還元率は、マイランクに応じて異なります。マイランクは、レギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナの4種類です。過去6ヶ月のLINEポイント獲得数に応じて、ランクが決まります。

  • レギュラー:0pt
  • シルバー:100pt
  • ゴールド:500pt
  • プラチナ:5000pt、Visa LINE PAYクレジットに登録し、LINE PAYアカウントにクレジットカードを登録していること

還元率は、ゴールドで0.15%、プラチナで0.30%です。

例えば、マイランクがプラチナで、月初保有残高が100万円であった場合、100万円×0.3%/年=3000円還元されます。

注意点としては、対象の投資信託が決まっていることです。以下、11本です。

  1. netWIN GSテクノロジー株式ファンド Bコース(為替ヘッジなし)
  2. スパークス・新・国際優良アジア株ファンド
  3. スパークス・新・国際優良日本株ファンド
  4. One 国内株オープン
  5. エマージング・ゾブリン・オープン(年1回決算型)
  6. アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし)
  7. フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド(資産成長型)
  8. 東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン
  9. フューチャートレンド世界株
  10. フィデリティ・USリート・ファンド(資産成長型)D(為替ヘッジなし)
  11. バリューハント日本株

 

楽天証券

楽天証券では、楽天カード  で投資信託を積立購入すると、購入金額に対して1%の楽天スーパーポイントが貯まります。

注意点は、積立買付のみであること、上限月5万円までということです。例えば、月5万円×12ヶ月×1%=6000pt貯まります。

貯まった楽天スーパーポイントは、普段のお買い物でも使えますし、楽天モバイル  など楽天グループのサービスの支払い、投資信託の購入に充てることもできます。

 

まとめ

積立購入したい場合は、1%と還元率が高い楽天証券、tsumiki証券を選びましょう。

一括購入したい場合は、最大のポイント還元率が高い順は、マネックス証券、松井証券、LINE証券、SBI証券です。

ポイントではなく、現金で還元を受けたい場合は、松井証券、LINE証券を選びましょう。 

証券会社 還元率(年)* 還元方法
最小 最大
SBI証券 0.01% 0.20% Tポイント
tsumiki証券
エポスカード
0.10% 0.50% エポスポイント
松井証券 0% 0.70% 現金
マネックス証券 0% 0.80% マネックスポイント
LINE証券 0% 0.30% 現金
楽天証券 --- 1% 楽天スーパーポイント

*:楽天証券は、購入金額に対する還元率