SBI証券でTポイントを使って投資信託の購入可能に!Tポイントも貯まるし無駄なく使えてメリット大



f:id:nisaschool:20190717215801j:plain

SBI証券でお取引をされている方に朗報です。2019年7月20日から、SBI証券でTポイントによる投資が可能になります。また、Tポイントも貯まるようになります。

本ページでは、SBI証券のTポイント投資について、まとめています。

 

 

投資信託の購入にTポイントが使える!

Tポイントは、いまや2人に1人所有しているポイントの一つです。スーパー、ドラッグストア、飲食店など幅広く利用されています。

普段のお買い物で貯めたTポイントで、投資信託を購入できるようになります。金額買付限定で1ポイント=1円で投資できます。利用できるポイントは1ポイントからで、利用上限はありません。1ポイントから使えるので、無駄なくTポイントを消化できるように思います。

7/20以降、お持ちのTポイントカード番号をSBI証券に登録すると使えるようになります。Tポイント導入を記念して、以下3点のキャンペーンも準備されています。

  1. 総額2,000万円相当!20名のお客さまにTポイント100万ポイントプレゼント!
  2.  口座開設で、20万ポイントの期間固定Tポイントを100名のお客さまで山分け
  3. 「Tカード番号登録」で、期間固定Tポイント100ポイントプレゼント!(※先着60,000名さま)

 

すでに、SBI証券をお持ちの方も、先着登録するだけで100ポイントもらえるので、ぜひこの機会に利用しましょう。詳細は、下記の公式サイトをご確認ください。

SBI証券

【 SBI証券で 口座開設

 

SBI証券でTポイントを貯めるには?

国内株式取引、投資信託取引、金・プラチナ取引、新規口座開設、国内株式入庫、各種キャンペーンで、すべてTポイントが貯まるようになります。これまで、SBIポイントがありましたが、期間内にTポイントに承諾すると、以降Tポイントでの付与になります。

投資信託でのポイント付与例を見てみましょう。

Tポイント対象の投資信託を保有していると、月間平均保有金額によってポイント付与されます。

  • 1000万円未満:0.1%/年
  • 1000万円以上:0.2%/年

例えば、100万円所有していれば、1000ポイント貯まる計算です。楽天証券の場合は、楽天カード決済するとポイントが貯まる仕組みですが、SBI証券では保有しているだけで貯まる仕組みです。両者をうまく使いましょう。

 

SBI証券では、2019年に1株から株式投資できる「SBIネオモバイル証券 」も誕生しました。こちらでは、Tポイントを使って株式投資できる仕組みが採用されています。ご興味あればご覧ください。

 

関連記事

【2019年版】つみたてNISAを始めるなら楽天証券がオススメな理由