SBIネオモバイル証券でウェルスナビを運用するメリット・デメリット!あまりオススメしない



f:id:nisaschool:20190731183635j:plain

こんにちは。SBIネオモバイル証券(略してネオモバ)をご存知でしょうか?2019年4月から新たに新設されたTポイントで投資ができる証券会社です。

本ページでは、 ネオモバでウェルスナビを運用するメリット・デメリット、についてまとめています。

注意点として、他社でウェルスナビの口座をお持ちの方は、ネオモバでの運用を利用できません。

最初に結論を言うと、ネオモバ証券でウェルスナビだけを利用することは、あまりお勧めできません。

 

 

ネオモバでのメリット

SBIネオモバイル証券では、株式投資、もしくはロボアドバイザー「ウェルスナビ(Wealth Navi)」を利用できます。

手続きとしては、ネオモバイル証券の口座を開設後、WealthNavi for ネオモバの口座に申し込む必要があります。

メリットは、初期投資最低1万円から、月5千円から積立できることです。通常のウェルスナビで投資するには、初期投資10万円、月1万円が必要です。そのため、このネオモバではその約1/10で運用を開始することができます。

 

ネオモバでのデメリット

デメリットは、以下2点と考えています。

  • ネオモバ証券の口座維持費が、月最低200円かかる
  • 長期割りが使えない

 

ネオモバでウェルスナビを利用するには、ネオモバ証券口座を開く必要があります。このネオモバ証券の魅力は、月額固定制での株式取引です。50万円までなら月額200円で取引放題です。

しかし、この200円は取引しない場合でもかかります。すなわち、株式取引をせずにウェルスナビだけ運用した場合にも、この200円がかかります。株式取引をメインで利用すること前提で、ウェルスナビへの利用をオススメします。

 

通常のウェルスナビの口座では、「長期割り」というサービスがあります。長期割りとは、長く保有することで運用手数料が最大0.90%/年まで値引きされる制度です。通常は1%/年です。

この長期割りは、ネオモバ証券経由では使えないようです。この0.1%は長期保有を前提とすると大きいです。

以上のことから、ウェルスナビを中心に運用したい場合は、運用元で直接口座を開設することをオススメします。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

【 ウェルスナビ

 

株式取引での利用目的であれば、ネオモバイルでの口座開設が良いでしょう。 詳細は、下記公式サイトよりご確認ください。

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券

以上です。

 

関連記事

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)とは?知っておきたい3つの特徴

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のメリット・デメリットは何か?