NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

SBIネオモバイル証券とはどんな投資サービス?知っておきたい3つの特徴

f:id:nisaschool:20200317202702j:plain

こんにちは。SBIネオモバイル証券(略してネオモバ)は、1株投資、ひとかぶIPO、ロボアドバイザーが利用できる証券会社です。

2019年4月にサービスが開始されてから、利用者は急増し、2019年11月末時点で、20万800人です。

運営会社は、SBI証券とCCCマーケティングです。

「日本株に投資してみたい、でもあまり資金がない」、「Tポイントカードをよく使って、ポイントが貯まっている」という方は、ネオモバを知っておいて損はありません。

そんなあなたのため、ネオモバのコレだけは知っておきたい3つの特徴を紹介します。

 

結論から簡潔に述べます。

  • Tポイントを使って、1株から日本株に投資できる
  • 1株から新規上場株の抽選に申込める
  • ロボアドバイザーWealthNaviを1万円から利用できる

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

 

Tポイントを使って、1株から日本株に投資できる

ネオモバの一番の特徴は、Tポイントを使って株を買えることです。1pt=1円として利用できます。

2019.8.30時点の調査によると、8000万ポイントも投資に利用されていました。

Tポイントカードは、今や日本人2人に1人が使っています。ポイントが貯まるお店も多く、キャンペーンでポイントが一気に貯まります。

あなたも使っているポイントサービスの一つではないでしょうか。

 

また、ネオモバでは1株から日本株を購入できます。

通常、日本株を購入する場合、「単元」と呼ばれる単位でしか購入できません。単元の多くが100株です。

例えば、1株1000円の株を購入する場合、1000円×100株=10万円必要です。一方、ネオモバなら1株単位(単元未満株・S株)で株を購入できるため、1000円から投資できます。

「日本株に投資してみたい、けど資金がない」という方も、少額から株式投資を始められます。

東証一部上場企業で、1株500円以下も次のような銘柄があります。[2020.2.21時点]

  • みずほファイナンシャルグループ
  • Zホールディングス
  • JXTGホールディングス
  • りそなホールディングス
  • 住友化学
  • 東京電力
  • 三菱自動車
  • コンコルディア・ファイナンシャルグループ
  • 双日
  • セブン銀行

1株単位で購入できるので、多くても数千円で好きな株を購入できる点が良いです。

 

1株から新規上場株の抽選に申込める

IPOとは新規株式公開のことで、一般的に「株式を上場する」と言えばイメージがつくでしょう。

IPOに参加するには、上場前に株式の抽選に申込み、当選すれば購入することができます。

IPOでは、初値で売却した際の勝率が80%以上、初値が公募価格の10倍以上になることもあり、その魅力から始める人が多いです。

通常、IPOでは100株単位でしか申込できません。一方、ネオモバでは1株~99株で申込可能です。

1株投資と同じく、数千円からIPOに参加することができます。

1株IPOの詳細なメリット・デメリット、取扱銘柄は「 ネオモバ証券1株IPOのメリットとデメリット、最新の取扱銘柄はコレ! 」でまとめていますので、一読ください。

 

1万円からWealthNaviを利用できる 

WealthNavi(ウェルスナビ)は、ロボアドバイザーを使って自動で資産運用できるサービスです。

2020.2.13時点、預かり資産残高は2300億円と、ロボアドバイザー会社としては日本最大です。

通常、WealthNaviで投資を始めるには、最低10万円必要でした。一方、ネオモバでは1万円から利用できるため、より少額からロボアドバイザーを活用できます。

ネオモバで利用するメリットとデメリットは、「 ウェルスナビで投資するなら、ネオモバ証券と直接口座のどちらが良い? 」で詳しくまとめています。

 

まとめ

SBIネオモバイル証券は、Tポイントを使って1株から投資でき、新規上場株IPOにも申込でき、1万円からWealthNaviが利用できる証券会社です。

私も、日々のお買い物で貯まったTポイントを使って、ネオモバで日本株を購入しています。

初めての株で、どの株に投資したら良いかわからない方は、「 ネオモバで初めて投資するならどの株が良い?おすすめの選び方を紹介 」を参考にしてみてください。

また、手数料と口座開設方法について詳しくまとめた「 最新キャンペーンはコレ!SBIネオモバイル証券のお得な口座開設方法 」も併せて確認しておきましょう。