SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のメリット・デメリットは何か?



f:id:nisaschool:20190731183635j:plain

こんにちは。SBIネオモバイル証券(略してネオモバ)をご存知でしょうか?2019年4月から新たに新設されたTポイントで投資ができる証券会社です。

本ページでは、 ネオモバにおけるメリット・デメリット、についてまとめています。

ネオモバって何?が知りたい方は、過去記事をご参照ください。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)とは?知っておきたい3つの特徴

 

 

ネオモバのメリット

メリットは、次の3つと考えています。

  1. 1株から株式を購入可能
  2. 50万円の取引までなら、月額200円のみで取引放題
  3. Tポイントの有効活用

 

何と言っても、1株から株式を購入できることです。 通常、株式を取引する際には単元(100株や1000株)といった単位での取引です。

例えば、1000円の株を買いたいとしましょう。その株は100株単位でしか取引できなければ、1000円×100株=10万円必要です。10万円は一般的に大金であるかと思います。それが1株1000円から取引できます。

このネオモバは、「若年層の投資初級者に、株式取引を身近に感じてほしい」という想いから作られました。一番のネックが大きいお金が必要ということ。その点を1株から購入できるようにしたことで、まず関心を持ってもらう人を増やしたいのだと思います。

スマートフォンで簡単な操作できる点も、若年層が使いやすさを考慮してのことかと思います。

 

2つ目は、50万円までなら月額200円で取引放題であることです。通常、株式取引には取引するたびに手取引手数料がかかります。例えば、SBI証券の単元未満株取引には、約定代金(売買が成立した金額)×0.5%(税別)かかります。1000円約定したら50円かかります。

一方、ネオモバでは月額取引代金に応じて、利用料金が決まっています。次の通りです。

  • 0~50万円:200円+税
  • ~300万円:1000円+税
  • ~500万円:3000円+税
  • ~1000万円:5000円+税

例えば、通常の証券会社で1000円の株を4回売買したら、50円×4=200円かかります。ですので、月に4回以上売買する人は、このネオモバを使うことをオススメします。

 

そして、さいごにTポイントを使えることです。1ポイント=1円として利用できます。Tポイントは利用店舗も多く、貯めやすいポイント制度かと思います。ですが、ポイントをうまく使えずにいる方もいるのでは?そんな方には、1ポイントから使えるネオモバがオススメです。

 

ネオモバのデメリット

デメリットは、次の2点です。デメリットというより、次の場合はネオモバは不向きです。

  1. 取引しなくても月額利用代金がかかる
  2. 株主優待目的なら不向き

 

メリットで記載したように、取引するしないにかかわらず、最低月額200円はかかります。月に全く取引しない場合、この200円はコスト以外の何もでもありません。

長期で株式を保有したい場合は、取引しない月が生じることが多いと予想されるため、このネオモバは不向きです。通常の証券会社で、単元未満株を取引する場合が良いかもしれません。

買いたい株が100株単位で買うほどのお金はない、Tポイントをうまく活用したい場合にはネオモバはオススメです。

 

株式の魅力の一つである株主優待は、このネオモバでも取得可能です。しかし、株主優待の条件の多くが100株以上など、通常の証券口座で扱う場合と同じです。数株から買えるのがネオモバの魅力なので、株主優待の取得には不向きです。

株主優待が目的の方は、長期で株式を保有することが多いので、必然的に取引量も少なるなると予想されます。

以上、ネオモバのメリット・デメリットです。ご興味あれば、ぜひ公式サイトをみてみてください。

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券

 

関連記事

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)とは?知っておきたい3つの特徴

【2019年4月版】SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のお得なキャンペーン

SBIネオモバイル証券でウェルスナビを運用するメリット・デメリット!あまりオススメしない