【10万口座突破】SBIネオモバイル証券の最低限知っておきたい3つの特徴



f:id:nisaschool:20190731183635j:plain

こんにちは。SBIネオモバイル証券(略してネオモバ)をご存知でしょうか?2019年4月から新設されたTポイントで投資ができる証券会社です。

2019.8.30時点、ネオモバの公式発表によると、利用者数が10万人を突破しました。年代別の利用者は、20代~40代で78%を占めています。また、ネオモバで初めて株式取引する方が50%以上と初級者が多いです。

ネオモバで口座開設するかどうか決める前に、ネオモバの最低限知っておきたい3つの特徴についてまとめています。

 

 

ネオモバの運営会社はどこ?

投資サービスを使う際には、運営会社はどういうところが確認してます。なぜなら、お金を扱うサービスなので、セキュリティ面や運営会社の信頼性が重要と考えているからです。

ネオモバは、SBI証券とCCCマーケティングの共同出資でつくられた会社です。SBI証券が、株取引システム全般を担当しており、CCCマーケティングがTポイント関連のマーケティングを担当しています。

SBI証券は約20年ネット証券として実績があり、非常に多くの利用者がいます。私自身もSBI証券をメインとして使用しています。約6年使用していますが、トラブルに合ったことは一度もありません。

また、お問い合わせでもSBIの担当者様に丁寧に回答してもらえて、全く不満をもっていません。

セキュリティ面や実績では、このネオモバは使用しても問題ないと考えています。

 

ネオモバの最低限知っておきたい3つの特徴

世の中に多くの証券会社があります。このネオモバの特徴は、次の3つだけ押さえておきましょう。

  1. Tポイントを使って株を買える
  2. 1株から株式が購入できる
  3. 月額200円で取引放題

 

様々なポイント制度がありますが、Tポイントの利用者は多いです。調査によると2人に1人の割合で所有しています。私は薬局でTポイントを貯めています。多くのお店で「Tポイントお持ちですか?」と聞かれるのではないでしょうか?

このTポイントを使って株式を取引できるという点が新しいです。

1ポイント=1円として利用可能です。利用方法は、口座開設後のログイン後にTポイント利用手続き(ID連携)をします。2019.8.30時点の調査によると、8000万ポイントも投資に利用されていました。

 

通常、株式を購入するには、単元(100株or1000株など)という単位で取引しなければなりません。例えば1株1000円で100株の単元の株を買おうとすると、1000円×100株=10万円が必要です。

10万円は一般的には大金です。この点が株式取引をやってみたいけど、中々手が出せない理由でもあるのではないでしょうか。

その点、ネオモバでは1株(単元未満株と言います)から取引できます。

先ほどの例で言うと、1000円の株であれば1000円で購入できます。これなら大金をつぎ込まなくても、手軽に投資を始めることができます。

 

最後に、月額利用料金についてです。一番重要です。利用料金は、約定料金によって異なります。

  • 0~50万円:200円+税
  • ~300万円:1000円+税
  • ~500万円:3000円+税
  • ~1000万円:5000円+税

すべてにおいて、期間固定Tポイントが200ポイントもらえます。そのため、50万円までなら実質利用料金は0(正確には税分)です。注意点として、付与されるポイントは、今のところネオモバ以外では利用できません。また、サービス利用料にも使用できません。そのため、株式代金に活用するという手段しかないでしょう。

個人的見解ですが、このネオモバは比較的少額で利用したい人向けです。取引額が50万円までで利用したいなら有用でしょう。比較的な大きい金額なら、通常の証券会社での取引でも良いかと。

以上が、ネオモバの最低限知っておきたい特徴です。ご興味あれば、公式サイトをチェックして見てください。

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券

 

関連記事

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のお得なキャンペーン

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のメリット・デメリットは何か?

SBIネオモバイル証券でウェルスナビを運用するメリット・デメリット!あまりオススメしない