NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

SBI証券で、為替手数料を安くして最もお得に米国株を買う方法

f:id:nisaschool:20200623193427j:plain

こんにちは。2020.6.22から米国株を始めた、永松です。初めての取引はSBI証券でした。

株式投資では、銘柄選びや売買タイミングが重要なのは当然ですが、最も気にかけておきたいことが手数料です。

米国株取引では、国内株取引と同様に売買手数料がかかります。また、米国株はドルベースで取引するため、為替手数料がかかります。

SBI証券で、米国株を買おうと思っているなら、できる限り為替手数料を安くしたいですよね。

そんなあなたのために、SBI証券で、為替手数料を安くして最もお得に米国株を買う方法を紹介します。また、購入準備までの手順を丁寧に解説します。

 

 

住信SBIネット銀行でドル転する方法が、最もお得!

米国株ブロガーLv1として、ツイッターを始めました。

 

SBI証券で、米国株取引をする方法は、次の3通りです。

  1. ドル転せず、円貸決済
  2. SBI証券の為替取引でドル転して、外貨決済
  3. 住信SBIネット銀行でドル転して、SBI証券口座に移して、外貨決済

詳しく見ていきましょう。

 

ドル転せず、円貸決済

ドル転とは、円をドルに交換することです。円をドルに交換することは円転と言います。

SBI証券では、米国株の取引には「円貸決済(円買付余力で決済)」が可能です。わざわざ、あなたが円をドルに交換しなくて良いということです。

米国株を約定した金額のみ、SBI証券が自動的にドル転してくれます。

ドルの為替レートは、米国の約定日の翌国内営業日午前10:00(日本時間)における、SBI証券指定の為替レートが適用されます。この為替レートには、為替手数料25銭が含まれています。

自分でドル転せず、円貸決済をする方法では、1回の取引に対して為替手数料が25銭かかります。

例えば、10回取引したら250銭(2.5円)、100回取引したら2500銭(25円)です。

 

SBI証券の為替取引でドル転して、外貨決済

SBI証券口座の、「為替取引」を利用し、円を必要分ドルに交換して、ドルで決済する方法です。

f:id:nisaschool:20200623201428j:plain

[出典:SBI証券]

この方法では、1回あたりの為替手数料は25銭です。

また、約定日は注文時間によって異なります。午前10時~午後2時半までなら、当日の2時半です。それ以降は、翌営業日の午前10時です。

先ほどの円貸決済の場合は、米国株を約定する都度、為替手数料がかかります。一方、ドル転して外貨決済の場合は、ドル転時のみ為替手数料がかかります。

例えば、100回取引に必要なドルに1回で交換していれば、かかる為替手数料は25銭です。

 

住信SBIネット銀行でドル転して、SBI証券口座に移して、外貨決済

最も為替手数料を安くする方法が、住信SBIネット銀行  でドル転することです。条件は、住信SBIネット銀行口座を保有していることです。

この方法では、1回あたりの為替手数料は4銭です。

SBI証券口座の為替取引の、1/6.25のコストで利用できます。また、リアルタイムで注文できるというメリットがあります。

ドル転した資金は、即時入金サービスを使って、SBI証券口座にドルを入金して、すぐに米国株取引に利用できます。

最も為替手数料が安く、利便性も高いので、住信SBIネット銀行を活用する方法をおすすめします。

 

住信SBIネット銀行でドル転して、SBI証券口座に入金する手順

米国株を購入準備までの手順をまとめました。必要な方は、参考にしてください。

1.住信SBIネット銀行にログインします。「外貨普通預金」をクリックします。

f:id:nisaschool:20200623212834j:plain

[出典:住信SBIネット銀行]

 

2.すると、次の画面が表示されます。米ドル/円の買付をクリックします。

f:id:nisaschool:20200623212948j:plain


3.すると、次の画面が表示されます。初めての取引の場合は、規約への了承が必要です。

f:id:nisaschool:20200623213044j:plain

 

4.すると、次の画面が表示されます。買付金額は、円指定とドル指定ができます。

必要分を入力し、WEB取引パスワードを入力すると、カウントが始まりその時間だけ、表示された買付レートで購入できます。

住信SBIネット銀行の手続きはこれで完了です。

f:id:nisaschool:20200623213125j:plain

 

5.SBI証券にログインして、「入金」をクリックします。

f:id:nisaschool:20200623213912j:plain

 

6.次の画面で、「外貨入金」をクリックして、振込金額を入力して、振込指示すれば完了です。

振込手数料は無料です。これで、すぐにSBI証券で米国株取引が可能になります。

f:id:nisaschool:20200623213941j:plain

 

まとめ

SBI証券で、米国株を取引する方法と為替手数料は、次の通りです。

  • 円貸決済:約定の都度25銭
  • SBI証券の為替取引でドル転して、外貨決済:1回25銭
  • 住信SBIネット銀行証券の為替取引でドル転して、外貨決済:1回4銭

最もお得に米国株を買う参考になれば、幸いです。

 

関連記事

会社員が手軽に年100回の配当を米国株投資で得るための3ステップ

米国株で配当収入を目指すなら、オックスフォードクラブに注目!評判も調査

米国株式の情報収集には、著名人にも評判のモトリーフールがオススメ!