セゾン投信×ピクテ投信のトップ対談が8/28開催!会場に行けなくても、YouTubeライブで見れる!



f:id:nisaschool:20190728091825j:plain

こんにちは。セゾン投信社長・中野晴啓 氏と、ピクテ投信社長・萩野 琢英 氏のトップ対談が2019年8月28日に開催されます。

会場は、東京と大阪です。東京はすでに満席です。会場に行けなくても大丈夫。当日、ピクテ投信のYouTubeチャンネルで、ライブ配信されます。時間は、18:30~20:00です。

 

セゾン投信は、独立系投資信託会社の一つで、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」を運用しています。資産残高は、それぞれ1819億円、790億円と大きいです。

ピクテ投信も、独立系投資信託会社です。スイスで1805年で始まりました。長く金融業に携わっている会社です。日本法人は1981年にでき、運用資産残高は2.17兆円とかなりの規模です[2019.3時点]。

商品は多岐にわたっています。ここ数年では、ノーロードで低コストのiTrustシリーズが人気です。

 

この2社のトップが「自ら語る2030年を見据えた投資戦略とは?」というテーマで講演されます。2030年と言えば、今から10年後です。10年経つとものすごく変わりますよね。投資信託は直近10年で見ると、ものすごくリターンを伸ばしています。

例えば、セゾン達人ファンドを月3万円積み立てた場合、元本360万円に対し705万円もの資産に成長しています。

直近10年では、リーマンショック後から米国株式市場はずっと右肩上がりですし、日本も政権が変わり、日経平均が8千円台から2万円台まで急上昇しました。大きく資産を伸ばした方も多いでしょう。

私は今30代ですが、年金2000万円足りないかも問題で、ようやく公的年金だけに頼れないことが認知され、積立投資を始める人が増えてきました。これから10年後は、「資産形成をしているか、していないか」で大きな格差が生まれれいると思います。

一方で、世界経済成長は鈍化すると予想されています。そんな中で、運用のプロであるお二方が何を語るのか、どう未来を見ているのか非常に興味深いです。私も会場には行けないので、YouTubeで見ようかなと思います。

 

この講演会は、セゾン投信やピクテ投信の投資信託を購入検討している人に特におすすめです。2社ともアクティブファンドがメインの会社なので、トップの思想を理解できる良い機会と考えています。

ぜひ、ご興味ありましたらYouTubeを覗いて見てください。

【PICTET×セゾン投信徹底対談企画】 トップたちが自ら語る2030年を見据えた投資戦略とは? - YouTube