2019年3月末実績・セゾン投信の共通KPI発表!97.8%の人がプラスリターン!



f:id:nisaschool:20190731221131j:plain

こんにちは。投資信託の共通KPIをご存知ですか。2018年6月に設定された「金融事業者が、顧客本位で投資信託を運営しているか」を客観的に評価するための指標です。

本ページでは、2019年3月末におけるセゾン投信の共通KPIについて、お伝えします。

 

 

どれくらい人がプラスなのか?マイナスなのか?

KPIの一つに「投資信託の運用損益別顧客比率」を開示する必要があります。簡単に言うと、セゾン投信を購入した人が、どれくらいプラスorマイナスなのか、その分布を見える化します。

2019年3月末と、2018年3月末の比較は下記の通りです。2018年ではプラスの人が84.9%でしたが、2019年ではプラスの人がなんと97.8%まで増えました。

-10%~0%の人が、14.3%から1.5%まで大きく減りました。

f:id:nisaschool:20190522220028j:plain

[引用:セゾン投信KPIと実績報告

 

プラスの人が増えた理由は、以下2点と推測します。

  • 基準価額の回復
  • 2018年末の値下がり時にも、きちんと積立投資されていた

 

例えば、セゾン・資産形成の達人ファンドの基準価額の推移は下記の通りです。

f:id:nisaschool:20190522221151j:plain

[引用:楽天証券]

 

2018.3.30時点における基準価額が20,077円に対し、2019.3.29時点では20,879円でした。+802円です。上昇率はそんなに大きくないですね。

では、なぜそんなにプラスの人が増えたのか。下落時にも積立投資をしっかりしていたからです。

2018.10.2には22,574円まで基準価額が上昇しましたが、2018.12.26には18,048円と-4,526円も一気に暴落しました。この期間に、コツコツと毎月投資していれば、口数が増やせました。2018年10月と同じ基準価額に戻らなくても、プラスに転じます。これが積立投資の良いところでもあります。

暴落時には、「そのまま積立を継続する」、もしくは「買い増しする」のが良い判断だと思っています。

KPIについては、あくまで結果論です。しかし、隠れていたものが見えるようになったので、投資信託選びの一つの参考指標になります。KPIの詳細は、関連記事よりご覧ください。

 

関連記事

セゾン投信買うならどこの証券会社が良いか?つみたてNISA?iDeCoが良い?

投資信託の共通KPIとは・見方|リスクとリターン(顧客の損益)を3つの指標で見える化