面倒やめない?住民税の支払いは、nanacoやwaonではなく直接クレジット決済がオススメな理由



f:id:nisaschool:20190717220805j:plain

こんにちは。毎年6月になると、住民税がいくらなのかの通知が届きますよね。会社員の方は、お給料から天引きされます。自営業や派遣社員の方は自分で支払っているでしょう。

今回は、住民税のオススメの支払い方法は直接クレジット決済、についてまとめています。 

 

 

支払いにはどんな方法があるか?

主に、以下3点あります。地域によっては利用できない方法があります。

  1. 現金で支払う
  2. クレジットカードで支払う
  3. ネットバンキングで支払う

 

一番簡単なのは、納付書を持って所定の場所(市役所やコンビニなど)で現金支払いです。

最近住民税の支払いに、クレジットカードやネットバンキングが使えます。システムの利用料が発生しますが、クレジットカードであればポイントが付きます。

その他、セブンイレブンのnanacoのポイントを貯めたり、WAONとJALカードを使ってマイルを貯めることができます。

 

オススメなのは、直接クレジット決済

結論から言えば、直接クレジットカード支払いがオススメです。その他の節約術は、正直面倒です。

nanacoやWAONを使った節約術は、所定のクレジットカードで課金する必要があります。すでにカードを所有しており、かつよく使っているならば良いでしょう。

しかし、数百円~数千円のために新たにクレジットカードやポイントカードを申し込んだり、何時間もかけてやり方を調べてまでやる必要はない、とアドバイスしています。

 

節約は悪いことではありません。しかし、あなたの時間はもっと大切です。そのため、ポイントが付くクレジットカードで支払ってしまった方が楽です。クレジットカードでのポイント分から、支払いシステム利用料を引けば少しプラスになります。

 

個人的に、クレジットカードは何社も持つのではなく、必要最低限のみをオススメします。ユーザー目線で言えば、口座変更や住所変更の際に手間がかかりますし、管理も面倒です。

同じようにクレジットカード会社目線で言えば、会費無料で提供しているとはいえ、管理費用が発生します。そのため、全く使われなければ、決済手数料がお店から得られず意味をなしません。

両者にとって、Win-Winになるには「私たちが必要なクレジットカードだけ申込む」ということです。

ちなみに私の一番のオススメは、1%のポイント還元がある楽天カードです。

 

ご興味あれば、公式サイトをのぞいて見てください。

【 楽天カード

以上です。

 

関連記事

【実例】住民税は一括払いと分割払いどっちがお得なのか?メリット・デメリット!