【SBI証券】1年の「途中」からつみたてNISA枠を使い切る積立設定方法



f:id:nisaschool:20190929190706j:plain

こんにちは。つみたてNISAを途中から始めたけど、「このまま月3万円ずつ投資しても、年上限40万円まで到達しない、使い切りたい」という人は多いです。

本ページでは、SBI証券で1年の「途中」からつみたてNISA枠を使い切る積立設定方法、について解説します。[2019.9.7更新]

 

 

つみたてNISAを1年の途中から始める際の注意点

つみたてNISAは、1年で40万円まで積立投資することができます。1年で40万円ということは、毎月積立設定なら最大33,333円/月(40万÷12ヶ月)、毎日積立設定なら最大1,666円/日(40万÷240営業日)の枠を利用できます。これは年初1月から投資した場合です。

1年の途中からつみたてNISAを始める場合で、40万円フルで使い切りたい場合は設定が必要です。

設定をしない場合、例えば7月からつみたてNISAで投資する場合を考えてみましょう。積立期間は7月から12月まで6ヶ月間なので、33,333円×12ヶ月=約20万円分だけを使うことになります。

つみたてNISA枠は、翌年には繰り越しできないので、残りの20万円分は使わないことになります。フルで投資するかどうかは、あなたの家計の事情によって決めればよいです。40万円フルで使い切りたいという方は、次項で手順を解説します。

 

つみたてNISA枠を使い切る積立設定方法

すでにSBI証券口座を持っていて、積立設定をしていることを前提にしています。積立設定について、手順が不明の場合は、下記の記事を参考にしてください。

SBI証券のつみたてNISA口座で投資信託を積立購入する方法

 

結論から言うと、「ボーナス設定」が必要です。

1年の途中から口座開設し、次のような金額で設定したい場合を例に解説します。

  • 7月~12月は毎日1619円積立:約20万円
  • 7月~12月の各月にボーナス設定し、月3.3万円積立:約20万円

SBI証券での設定はやや複雑です。

上記の例は、積立期間が6ヶ月です。毎日積立分は1619円(←SBI証券での設定上限)×120営業日=194,280円です。この設定だけだと、残りの約20万円分が投資されません。

そのため、ボーナス設定をします。ボーナス設定金額や設定日は、お好みで設定すればよいですが、ここでは均等投資で20万円÷6ヶ月=3.3万円を毎月投資するとしました。

 

1.SBI証券の口座にログインします。次の「口座管理」をクリックします。

f:id:nisaschool:20190907115050p:plain

 

2.すると、口座サマリーの画面が表示されます。「お客様の積立投信の設定詳細はこちら」をクリックします。

f:id:nisaschool:20190907120931p:plain

 

3. すると、次の画面が表示されますので、下の方にスクロールします。

f:id:nisaschool:20190907121630p:plain

 

4.すると、積立しているファンドが表示されるので、「変更・解除へ」をクリックします。

f:id:nisaschool:20190907121926j:plain

 

5.すると、つみたて設定の詳細画面が表示されます。ボーナス設定の「設定する」をクリックして、7月と8月に月3.3万円ずつ設定しましょう。

8月のボーナス設定での買付終了後、9月と10月を設定してください。その後、同様に11月と12月を設定してください。

f:id:nisaschool:20190907122705j:plain

 

例えば、ファンドAとBの2つを積立していて、ボーナス設定も均等投資したい場合は、それぞれ1.65万円ずつに設定しましょう。

積立開始時点によって、40万円フルで使うための金額設定が異なります。上記の例を参考に設定してみてください。

 

関連記事

ポイント還元率に注目!つみたてNISAはどこの証券会社がお得でオススメ?SBI・楽天・マネックスを比較!

SBI証券でのidecoの始め方|特徴・商品・手数料・メリットとデメリット・評判をまとめます!

【徹底比較】SBI証券idecoのセレクトプランとオリジナルプランの商品ラインアップの違い