【楽天証券】つみたてニーサ口座で、2つ以上の投資信託を積立設定時のエラー対処法|毎月積立・毎日積立



f:id:nisaschool:20190929190706j:plain

こんにちは。楽天証券のつみたてNISAで、「2つ以上の投資信託に積立したい」はよくありますよね。「設定がどうもうまくいかない」、「エラーが出てしまう」と悩んでいませんか。

そんなあなたのために、2つ以上の投資信託を積立設定するエラー対処法について解説していきます。[2018.7.15時点]

 

楽天証券のつみたてニーサで2つ以上の投資信託を積立設定する方法

楽天証券では、積立設定は「毎月積立」と「毎日積立」の2種類が可能です。両者について解説しています。

共通手順【その1】

毎月積立、毎日積立で共通の手順です。

1.楽天証券にログインします。 

2.すると、楽天証券のトップ画面が表示されるので、「NISA/つみたてNISA」(赤枠)をクリックします。 

f:id:nisaschool:20181103205806j:plain

 

3.すると、次の画面が表示されるので、「ファンドを探す・選ぶ」(赤枠)をクリックします。

f:id:nisaschool:20181103205822j:plain

 

4.すると、次の画面が表示されるので、「つみたてNISAファンド一覧へ」をクリックします。 

f:id:nisaschool:20181103205839j:plain

 

5.すると、つみたてNISA対象の商品一覧が表示されます。 

f:id:nisaschool:20181103205904j:plain

 

6.この一覧から購入したい投資信託を選ぶます。カートに追加の部分にチェックを入れます(赤枠)。

すると、カートの部分(オレンジ枠)にチェックした投資信託が追加されます。よろしければ、「一括積立注文へ」(緑枠)をクリックします。 

f:id:nisaschool:20181103205922j:plain

 

以降の手順は、「毎月積立」と「毎日積立」で、少し画面が異なりますのでご希望にあわせてご覧ください。 

毎月積立したい場合>>手順7~10→14~16

毎日積立したい場合>>手順11~13→14~16

 

毎月積立したい場合

手順6のつづきです。

7.すると、次のが表示されます。①積立タイミングの設定は、「毎月」を選択します。②引落の設定は、引落口座と積立指定日を入力します。

f:id:nisaschool:20181103210006j:plain

 

8.下の方にスクロールすると、次の画面になります。③金額・分配金コースの設定をします。毎月の積立可能額(赤線部分)に表示されている金額が、あなたが投資できる金額です。

2つ以上投資信託を購入する場合は、この積立可能額を超えないように金額入力しないとエラーが出ます。ここでは、積立可能額が19055円なので、先進国株式に10000円、新興国株式に9055円と設定しています(赤枠)。 

f:id:nisaschool:20181103210023j:plain

 

9.次に下の方にスクロールすると、次の画面になります。ここでは、毎月の積立額を調整(*)するため、増額のオプションを設定します。

「増額する」(緑枠)をクリックします。毎月の増額可能額(目安)に表示されている金額が、あなたが追加で投資できる金額です。

2つ以上投資信託を購入する場合は、この積立可能額を超えないように金額入力しないとエラーが出ます。ここでは、増額可能額が26679円なので、先進国株式に20000円、新興国株式に6679円と設定しています(赤枠)。 

 

*:楽天証券の場合、年の途中からつみたてニーサを始める場合、手順8の基本設定と増額オプション(本手順)の設定をする必要があります。

>>【楽天証券】1年の「途中」からつみたてNISA枠を使い切る積立設定方法

f:id:nisaschool:20181103210046j:plain

 

10.下の方にスクロールすると、次の画面になります。「目論見書の確認へ」(赤枠)をクリックします。 

f:id:nisaschool:20181103210105j:plain

 

毎日積立したい場合

手順6の続きです。

11.すると、次の画面が表示されます。①積立タイミングの設定は、「毎日」(赤枠)を選択します。②引落の設定は、証券口座のみです。

f:id:nisaschool:20181103210138j:plain

 

12.下の方にスクロールすると、次の画面になります。③金額・分配金コースの設定をします。毎日の積立可能額(赤線部分)に表示されている金額が、あなたが投資できる金額です。

2つ以上投資信託を購入する場合は、この積立可能額を超えないように金額入力しないとエラーが出ます。ここでは、積立可能額が933円なので、先進国株式に500円、新興国株式に433円と設定しています(赤枠)。 

f:id:nisaschool:20181103210201j:plain

 

13.次に下の方にスクロールすると、次の画面になります。ここでは、毎日の積立額を調整(*)するため、増額のオプションを設定します。「増額する」をクリックします。毎日の増額可能額(目安)に表示されている金額が、あなたが追加で投資できる金額です。

2つ以上投資信託を購入する場合は、この積立可能額を超えないように金額入力しないとエラーが出ます。ここでは、増額可能額が1244円なので、先進国株式に1000円、新興国株式に244円と設定しています(赤枠)。 

その後、「目論見書の確認へ」(赤枠)をクリックします。

 

*:楽天証券の場合、年の途中からつみたてニーサを始める場合、手順12の基本設定と増額オプション(本手順)の設定をする必要があります。

>>【楽天証券】1年の「途中」からつみたてNISA枠を使い切る積立設定方法

f:id:nisaschool:20181103210224j:plain

 

共通手順【その2】

毎月積立、毎日積立で共通の手順です。

14.すると、次の画面が表示されます。購入する投資信託の目論見書を確認するために「目論見書等を閲覧する」をクリックします。

f:id:nisaschool:20181103210255j:plain

 

15.閲覧を行うと「閲覧済」(赤線)となるので、②目論見書・約款の確認にチェックをいれ、「注文内容を確認へ」(赤枠)をクリックします。

f:id:nisaschool:20181103210313j:plain

 

16.すると、次の画面が表示されますので、内容に誤りがないか確認しましょう。問題がなければ、⑤取引暗証番号(赤枠)に入力し、「注文する」(赤枠)をクリックして完了です。 

f:id:nisaschool:20181103210342j:plain

 

関連記事

【楽天証券】1年の「途中」からつみたてNISA枠を使い切る積立設定方法

ポイント還元率に注目!つみたてNISAはどこの証券会社がお得でオススメ?SBI・楽天・マネックスを比較!