ニーサスクール

投資サービスを活用して「独学」で資産形成ができるように情報提供しています。

楽天証券のつみたてNISA口座で、投資信託を積立設定する方法



f:id:nisaschool:20200312215003j:plain

楽天証券でつみたてNISAを始めたあなたのため、スムーズに積立設定できるように、1つの投資信託を積立設定する方法を解説します。[2018.2.11時点]

2つ以上の投資信託を積立設定したい場合は、設定条件によってエラーが出るので、「 楽天証券のつみたてNISA口座で、2つ以上の投資信託を積立設定時のエラー対処法 」も参考にしてください。

 

 

楽天証券のつみたてNISA口座で積立設定する方法

1.楽天証券にログインし、購入したい投資信託の画面を開きます。

すると、次の画面が表示されますので、「つみたてNISA・積立注文」(赤枠)をクリックします。「つみたてNISA」と表示されているかを確認しましょう。

f:id:nisaschool:20181103232126j:plain

[出典:楽天証券] 

 

2.積立が初めての方は、次の画面が表示されます。「投資信託積立取引約款」の閲覧(赤枠)をクリックします。

f:id:nisaschool:20181103232150j:plain

 

3.すると、次の画面が表示されますので閲覧後「同意」(赤枠)をクリックします。

f:id:nisaschool:20181103232212j:plain

 

4.すると、次の画面が表示されます。ここから積立の設定を行っています。

まず、積立タイミング(①)は、「毎月」と「毎日」から選択することができます。「毎月」を選択した場合は、日付も設定する必要があります。

次に、引落設定(②)です。「証券口座」、「楽天銀行」、「楽天カードの引落口座」、「その他」から選択することができます。

[2019.10追記]毎月積立の場合、楽天クレジットカードも使えるようになりました。

f:id:nisaschool:20181103232236j:plain

 

5.下の方にスクロールしていきます。金額・分配金コースの設定(③)を行っていきます。ここでは、「毎日」を選択した場合、次の画面のようになります。

積立金額は毎日積立の場合、最大で1632円です。分配金コースは、長期投資をする上では、「再投資型」を選択しておいて問題ありません。

f:id:nisaschool:20181103232256j:plain

 

6.さらに下の方にスクロールしていきます。つみたてNISA枠をギリギリまで使い切りたい方は、増額設定をしましょう(赤枠)。その後、「目論見書の確認へ」(緑枠)をクリックします。 

f:id:nisaschool:20181103232320j:plain

 

7.すると、次の画面が表示されます。「目論見書等を閲覧する」(①)をクリックし、目論見書を確認しましょう。その後、目論見書・約款の確認(②)にチェックを入れ、「注文内容確認へ」(緑枠)をクリックします。 

f:id:nisaschool:20181103232352j:plain

 

8.すると、注文内容が表示されるので内容に誤りがないか確認しましょう。問題なければ、取引暗証番号(赤枠)(⑤)を入力し、「注文する」(緑枠)をクリックします。これで積立設定は完了です。

f:id:nisaschool:20181103232411j:plain

 

関連記事

【上級者向け】つみたてNISAで一括投資する方法を楽天証券とSBI証券で解説

Copyright© 1999-2020 Rakuten Securities, Inc.