楽天証券で長期投資を始めるための5ステップ

f:id:nisaschool:20181125212324j:plain

このページでは、楽天証券で積立ニーサで長期投資(投資信託による積立投資)を始めるための手順についてまとめています[※随時更新]

 

Step 1 積立ニーサの制度について理解しよう

ニーサは、一言でいうと投資をするための口座です。利益に対して税金がゼロになるお得な制度です。2018年1月から積立ニーサという制度もできました。ここでは、ニーサと積立ニーサの制度について、下記の記事で簡単に理解しておきましょう。

積立ニーサ口座とニーサ口座の違いを比較|おさえておきたい6つのポイント

 

Step 2 投資信託のしくみを理解しよう

投資信託は、誰でも簡単に投資できる商品です。最近では、月に100円からでも気軽に始められます。ここでは、投資信託や積立投資に関する基本的な知識について、ざっくりと理解しておきましょう。

ニーサとは(仕組み・メリット・デメリット)|初心者にわかりやすく解説します

投資信託にかかる費用(購入時手数料・信託報酬・信託財産留保額)|初心者にわかりやすく解説します

投資信託の価格とは(基準価額)|初心者にわかりやすく解説します

なぜ積立投資が良いのか(ドルコスト平均法・複利計算とは)|初心者にわかりやすく解説します

積立投資でどれくらい増えるの?シミュレーションで体感しよう 

 

Step 3 楽天証券で口座をつくろう

投資信託を購入するには、証券口座と呼ばれるお金を管理するものが必要です。ここでは、楽天証券での口座の作り方について、詳細に解説しています。

【2019年版】つみたてNISAを始めるなら楽天証券がオススメな理由

 楽天証券で積立ニーサ口座を開く手順

 

Step 4 投資信託(ファンド)を選ぼう

このステップが長期投資を始める上で一番重要です。現在、投資信託は5000種類もあります。投資信託の選び方を間違えてしまうと、アナタが損をする可能性が高くなります。「どれを選んだらいいんだ?」と悩んでいる方は多いです。損をしにくい基本的なポイントさえ知っておけば、誰でも簡単に絞り込みができるようになります。

と、その前に基本的な知識を下記3つの記事で学んでおきましょう。

おさえておきたい6つの投資信託(ファンド)の種類

インデックスファンドとアクティブファンドの違い

ファンドの説明書(目論見書)の4つの見るべきポイント

 

次に商品の選び方についてです。選び方を学ぶ方法は以下4つです。

1.インターネットで調べる

インターネットなら無料で勉強が可能です。「どれが大切な情報なのか?」、「本当に信じて良いのか?」を見極める必要があります。

2.書籍で勉強する

本なら1000円~2000円で手軽に勉強することができます。注意点としては、証券会社側のビジネスとして本を出していることがあることです。本当に良い商品かは自身で判断することをお勧めします。

・投資信託を勉強するのにオススメの本は?[※記事作成中]

3.ファイナンシャルプランナー(FP)に相談する

直接専門家に相談するという手段があります。1時間5000円~が相場です。個人的にいきなりFPに相談することは、オススメしません。基礎知識を持った上で、具体的な質問をしないと何度も相談することになり、みなさんの出ていくお金が増えます。

4.動画で学ぶ

最近では動画でも手軽に投資信託を学ぶことができます。私もUdemy(ユーデミー)でオンライン講座を提供しています。ぜひ、ご興味あればのぞいてみてください。

【導入編】投資信託の選び方を学ぼう|ニーサを活用した長期投資入門

【実践編】投資信託の選び方を学ぼう|ニーサを活用した長期投資入門

 

Step 5 積立購入方法・損益確認方法・売却方法を学ぼう

投資信託を選んだら、積立購入(積立設定)の方法を学びましょう。また、積立設定の変更方法、損益の確認方法、売却方法について理解しておきましょう。

楽天証券の積立ニーサ口座で投資信託を積立購入する方法

楽天証券の積立ニーサ口座におけるファンド積立設定の変更・解除方法

楽天証券でファンドを売却する方法

楽天証券におけるファンド損益の確認方法

以下は、補足記事です。

楽天証券で1年の途中から積立ニーサ枠を使い切る積立設定方法

楽天証券の積立ニーサ口座で2つ以上の投資信託を積立設定する方法|毎月積立・毎日積立設定

 

この5ステップさえおさえておけば、長期投資(投資信託による積立投資)は始められます。ぜひ、一緒に一歩を踏み出しましょう。