楽天証券でニーサ口座を開く手順|超初心者でも1から10までわかる

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nisaschool/20181102/20181102151657.jpg

楽天証券でニーサ(nisa)口座を開設したい!でもパソコンが苦手で不安。

そんな初心者のあなたのために、1から10までわかりやすく解説します。[2017.8.21時点]

積立ニーサ口座は、下記の記事をご覧ください。[2018.1.7追記]

・楽天証券で積立ニーサ口座を開く手順

 

楽天証券でニーサ口座を開設する手順

1.下記のリンクをクリックする。楽天証券のホームページに移ります。「ようこそ!ここからは楽天証券のサイトです」と表示されるので、「サイトを見る」をクリックしてください。

楽天証券

 

2.下記の画像1が表示されるので、赤枠の部分の「口座開設」をクリックする。

(画像1)

f:id:nisaschool:20181103113709j:plain

 

3.楽天会員ではない(ユーザーIDを持っていない)場合、赤枠部分の「口座開設」をクリックしてください。

(画像2)

f:id:nisaschool:20181103113907j:plain

 

4.画像3の画面が表示されます。総合取引口座申込(入力)を進めていきましょう。「名前」、「性別」、「生年月日」、「住所」を入力しましょう。

(画像3) 

f:id:nisaschool:20181103113940j:plain

 

5.引き続き、「電話番号」、「メールアドレス」を入力しましょう。

「ご案内メール」は必要な方はチェックを入れたままにしておきましょう。「楽天FX口座」は今のところは不要でしょう。

「楽天銀行口座」というところにはチェックを入れましょう。ここにチェックを入れることで、同時に銀行口座も開くことができます。楽天銀行口座も開くと、楽天証券との入出金がしやすくなります。楽天では、これを「マネーブリッジ」と呼んでいます(画像4)。入力が済んだら、「入力内容を確認する」をクリックしましょう(画像5)。

(画像4)

f:id:nisaschool:20181103114010j:plain

(画像5)

f:id:nisaschool:20181103114035j:plain

 

6.入力内容を確認し、「お取引開始までのお手続き方法選択」の部分を「郵送による手続き」のチェックボックスに入れましょう。完了したら「申込」をクリックしましょう(画像6)。 

書類が送られて来たら、記入し返送しましょう。NISA口座を開く場合は、郵送されてくる書類の中にNISA口座開設の案内が入っていますので、それにも記入して返送しましょう。NISA口座を開く場合は、住民票が必要です。楽天証券では住民票代行取得サービスもありますので、時間がなくて、住民票を取りに行けない、面倒だという方はそれを利用しましょう。

(画像6)

f:id:nisaschool:20181103114105j:plain

以上で完了です。あとは手続き書類が届くのを待ちましょう。

 

関連記事

楽天証券で長期投資を始めるための5ステップ