楽天証券iDeCo(確定拠出年金)とマネーフォワードミーの連携方法・使い方


f:id:nisaschool:20190405221330j:plain

こんにちは。無料のお金の見える化アプリ・マネーフォワードミーをご存知でしょうか。家計の管理以外に、資産の見える化にも活用できます。

今回は、楽天証券iDeCoとマネーフォワードミーの連携方法及び使い方を、解説しましょう。

 

 

連携方法

とても簡単です。

1.アプリをインストールしましょう。

☆Apple製品は、AppStoreからインストール。

家計簿 マネーフォワード ME - お金管理 アプリ

家計簿 マネーフォワード ME - お金管理 アプリ

  • Money Forward, Inc.
  • ファイナンス
  • 無料

☆アンドロイドは、GooglePlayからインストール。

play.google.com

 

2.アカウントを作成します。メールアドレスの登録とパスワード設定が必要です。登録したメールアドレスに、認証メールが届きますので、そのリンクから認証します。

登録時に、「プロフィールを入力しよう」の画面が表示されますが、スキップできます。

f:id:nisaschool:20190405182615j:plain

 

3.すると、下記の画面が表示されます。資産総額の欄の「連携する」をクリック。

f:id:nisaschool:20190405182832j:plain


4.すると、次の画像が表示されるので、「年金」をクリック。証券会社だけでなく、個人型確定拠出年金などの資産も見える化できます。

f:id:nisaschool:20190405221604p:plain

 

5.すると、次の画像が表示されるので、検索で「JIS&T」(楽天証券のイデコの管理会社)を探してクリック。

f:id:nisaschool:20190405222221j:plain


6.すると、次の画像が表示されるので、口座番号とインターネットパスワード(共にハガキで通知が来ているはずです)を入力して、「連携する」をクリック。「連携に成功しました」の表示がされると、完了です。

f:id:nisaschool:20190405221725j:plain

 

 

使い方 

アプリにログインすると、ホーム画面が表示されます。「資産総額」をクリックします。

f:id:nisaschool:20190405192609j:plain

 

すると、次の画像が表示されます。

f:id:nisaschool:20190405222329j:plain

 

一覧、内訳、推移が確認できます。内訳と推移のグラフ部分については、プレミアム登録(有料会員)になると使えるようになります。

上記の「一覧」の「JIS&T」をクリックすると、さらに詳細を確認できます。

f:id:nisaschool:20190405222620j:plain

 

どの投資信託に投資していて、現在いくらなのか?(評価額)、評価損益(プラスなのか、マイナスなのか)、その割合(%)を確認できます。

個別株を保有している方は、同じようにこちらに表示されます。

投資信託による積立投資は、長期で行うものなので、これだけ確認できていれば十分かと思います。

グラフ化までしたいぜ!という方は、プレミアム登録をご検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

楽天証券で長期投資を始めるための5ステップ