NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

2021年最新キャンペーンはコレ!楽天証券で積立nisaとidecoのお得な口座開設方法

f:id:nisaschool:20200201145218j:plain

ご存知のように、楽天証券は株式投資、FX取引、ポイント投資、積立nisa、個人型確定拠出年金(ideco)などのサービスが利用できる総合証券会社です。

2020年3月末時点、ユーザー数は400万名を超えました。

楽天グループは、各サービスで連携でき、さらに楽天カード決済で1%ポイント還元が受けられるなどメリットが盛りだくさんです。

 

楽天証券を利用するなら、当然キャンペーンを利用して、お得に口座開設したいですよね。

そんなあなたのために、楽天証券の過去のキャンペーン分析、現在実施中のキャンペーン、そして口座開設前に理解しておきたいことをまとめています。

機会損失なく、投資サービスを利用していただけたら幸いです。

 

 

楽天証券のキャンペーン情報

尚キャンペーンは、利用者の多い積立nisaとidecoについてまとめています。その他のサービスは、最新キャンペーンの確認方法を参考にしてください。

過去のキャンペーン分析

過去には、次のキャンペーンが実施されていました。

  • nisa口座開設+つみたて開始キャンペーン:楽天カード決済で、5000円以上投資信託購入で、抽選で楽天スーパーポイントプレゼント
  • idecoで投資入門書籍プレゼントキャンペーン :口座開設で書籍プレゼント
  • ideco口座開設キャンペーン:総合口座+ideco口座を開設し、初期設定完了で、抽選で10万pt又は1万ptをプレゼント

対象条件は、口座開設や積立開始と厳しくありません。

キャンペーンの頻度はやや不定期です。

 

現在実施中のキャンペーン

2021.5.5時点、積立nisaのキャンペーンはありませんでした。

idecoは、春のiDeCoデビューキャンペーンが実施中です。

概要は、次の通りです。

  • 実施期間:2021.3.1~5.31
  • 対象条件:申込書返送(2.26必着)、またはウェブ申込完了
  • 特典:①もれなく200ptプレゼント、②抽選で5名に10,000pt、100名に5,000ptプレゼント

 

対象条件は、口座開設だけなので厳しくありません。

 

最新キャンペーンの確認方法

下記の方法で、最新情報をご確認ください。また、積立nisaやideco以外のサービスのキャンペーンも確認しましょう。

1.楽天証券にアクセスします。

 

2.すると、次のトップ画面が表示されます。上部に「キャンペーン」の欄があるので、クリックします。

f:id:nisaschool:20200201154620j:plain

 

3.すると、次の画面が表示されて、現在実施中のキャンペーンを確認できます。

f:id:nisaschool:20200201154733j:plain

 

楽天証券の口座開設前に理解しておきたいこと

手数料と口座開設方法について、最低限理解しておきたいことを解説します。

手数料について

口座開設、口座維持の費用は無料です。その他の手数料は、利用するサービスによって異なります。

積立nisaの場合は、購入時手数料が無料です。かかる費用は、信託報酬や信託財産留保額です。

 

口座開設方法

口座開設は簡単です。必要なものは、本人確認書類とマイナンバーです。手順は次の通りです。

1.楽天証券にアクセスします。

 

2.すると、次のトップ画面が表示されます。「いますぐ口座開設」をクリックします。

f:id:nisaschool:20200201174411j:plain

 

3.すると、次の画面が表示されます。指示に従って、情報を入力していきましょう。

f:id:nisaschool:20200201174534j:plain

 

積立nisa口座を開設したい場合は、「NISA口座開設の選択」で「つみたてNISAを開設」を選択しましょう。

f:id:nisaschool:20200201174822j:plain

 

ideco口座を開設したい場合は、「追加サービスの選択」で個人型確定拠出年金(ideco)の申込で「申込む」を選択しましょう。

idecoの場合は、ここで申込完了ではなく、手続きに必要な書類が送付されてきます。その書類に不備なく記入し、楽天証券に返送する必要があります。

f:id:nisaschool:20200201175043j:plain

 

まとめ

積立nisaとidecoのキャンペーンは、やや不定期で実施されています。

キャンペーンを待って口座開設を申し込んでも良いでしょう。ただし、そこまで還元率が高くないので、つみたてnisaやidecoでリターンを得たい方は、機会損失とならないように始めましょう。

© Rakuten Securities, Inc.