NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

オックスフォードクラブ・インカムレターの推奨銘柄は、株価上昇しない?

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(@nisaschool

f:id:nisaschool:20210407150224j:plain

こんにちは。ご存知のように、オックスフォードインカムレターは、米国株配当投資の月刊誌(有料)です。著者は、インカムストラテジスト・マーク氏が率いるチームです。

私は、2020年6月から購読して、米国株配当投資を始めました。2021.4.7時点、大満足のリターンを得ています。インカムレターの推奨銘柄に投資するだけで、手間はかかっていません。

 

「配当投資するなら、自分で高利回りの銘柄を見つけて投資すれば良いじゃん」、「株価上昇によるリターン(キャピタルゲイン)は狙えないんでしょ?」と思っていませんか。

私も最初そう思っていました。

 

米国株に関して言えば、高利回りな銘柄は結構ありますよね。自分で、証券会社のスクリーニングツールを使って、利回りの高い順に並べて、投資することもできます。

しかし、配当投資には、減配や無配当になるリスクが存在します。安定的に配当を得るには、「配当安全性」という視点で各企業の分析が必要です。

それゆえ、初級者の方は、分析はオックスフォードクラブのプロに任せる方が得策です。

 

また、米国株の魅力は、配当以外にも株価上昇による利益がありますよね。

インカムレターでは、優良な配当銘柄に投資しています。そのため、その価値に気が付く人が多くなると、株価上昇は必然です。

特に、2021年以降に、米国債10年利回りが急上昇し、グロース株からバリュー株や高配当株にシフトし始める投資家もいることで、更なる上昇にも期待されます。

 

では、実際にインカムレターの推奨銘柄のキャピタルゲインはどれくらいなのか、を紹介します。あわせて私の運用実績も紹介します。

米国株投資にインカムレターを活用するか否か、悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

インカムレターの推奨銘柄の、キャピタルゲインはどれくらい?

インカムレター2021年3月号」では、26銘柄に分散投資されています。

また、セクター(分野)は、IT・通信、エネルギー、金融、原材料、公益事業、工業、ヘルスケアと7つに分散されていました。

26銘柄について、セクター、推奨年、推奨年月から現在までのキャピタルゲイン(含み損益)を以下にまとめました。

 

具体的な銘柄名は、有料購読の情報であるため、伏せています。

実際のインカムレターでは、銘柄名、推奨年月、推奨時株価、格付け(買い・据置・売り)、収益合計、ストップ株価などが詳細にわかります。

その他、市場動向の解析、新規銘柄の買付推奨時にはその銘柄の選定理由、売却推奨時にはその理由が記載されています。

 

銘柄 セクター 推奨年 推奨年月から現在までのリターン
1 IT・通信 2020年 54.53%
2 2013年 5.11%
3 2016年 77.40%
4 2014年 -3.43%
5 2013年 469.81%
6 2021年 2.13%
7 エネルギー 2014年 -12.07%
8 2019年 0.00%
9 2020年 51.61%
10 金融 2018年 3.28%
11 2014年 192.44%
12 2017年 9.93%
13 2015年 13.75%
14 2019年 -5.79%
15 2020年 -1.77%
16 2020年 20.06%
17 2021年 13.42%
18 原材料 2020年 37.77%
19 2020年 29.42%
20 公益事業 2019年 65.39%
21 2020年 22.41%
22 工業 2015年 174.55%
23 2013年 55.24%
24 2020年 59.63%
25 ヘルスケア 2016年 84.20%
26 2020年 -14.66%
Min. -14.66%
Max. 469.81%
Average 54.01%

 

2021.4.7終値ベースにおいて、含み損益は、最低-14.66%~最高469.81%、平均54.01%でした。

26銘柄中、5銘柄がマイナスリターン、21銘柄がプラスリターンです。

あなたのイメージ通りでしょうか。

平均が54%というのも凄いですし、最高で469%と約4.7倍、次に高いのが192%と約1.9倍と、かなりの株価上昇です。

配当だけではなく、株価上昇の恩恵もしっかり受けています。

 

株価上昇した銘柄は、現在の株価では配当利回りが低いので、インカムレターので格付けでは「据置」(今は買いではない)になっています。

マイナスリターンの銘柄は、株価が推奨時よりも低くなっているので、配当利回りも高く、インカムレターチームよりも高いリターンに期待できます。

2021年3月号時点、配当利回りが5%以上の銘柄も多く、格付けで「買い」となっている銘柄がほとんどです。

インカムレターの推奨銘柄が、配当だけでなく、株価上昇にも期待できることがわかるでしょう。

 

私の運用実績はコレ!

参考に、2021.3.31時点の私の運用実績を紹介します。毎月、レポートをブログで書いています。

以下は「2021年3月度米国株レポート|米国株のはじめの一歩に、配当株がおすすめ」からの抜粋です。

20銘柄のうち、13銘柄がインカムレター、5銘柄がインカムレターの付録、2銘柄がその他です。

銘柄* 買付総額
(ドル)
評価額
(ドル)
リターン
E-1 186.79 220.20 17.89%
E-2 85.60 151.95 77.51%
E-3 230.78 315.00 36.49%
F-1 48.27 72.25 49.68%
F-2 56.45 72.25 27.99%
F-5 383.79 516.00 34.45%
F-7 120 106.15 -11.54%
H-1 108.18 107.46 -0.67%
H-2 267.61 325.44 21.61%
I-1 287.81 303.40 5.42%
I-2 267.35 318.53 19.14%
I-4 81.75 90.28 10.43%
I-5 307.20 468.00 52.34%
M-1 61.80 83.91 35.78%
S-1 1888.00 4200.00 122.46%
S-2 615.95 612.00 -0.64%
U-1 50.50 72.88 44.32%
U-2 397.60 478.44 20.33%
C-1** 94.08 120.54 28.13%
Ind-2 354.00 368.10 3.98%
合計 5893.51 9002.78 52.76%

*:セクター略号

  • E:エネルギー
  • F:ファイナンス
  • H:ヘルスケア
  • I:IT関連
  • M:原材料・素材
  • S:サービス
  • U:公益事業
  • Ind:工業

**:自身で選んだ、クラフトハインツ(KHC)です。

 

含み損益は、最低-11.54%~最高122.46%、トータルでは52.76%です。

勿論、配当収入も得ています。今のところ、大満足の結果です。

F-5、F-7、I-2、S-1、S-2は、インカムレターを購読すると読める「極端な配当レポート」の推奨銘柄です。年1回、レポートが配信されます。

極端な配当の推奨銘柄では、3年~5年後に大きなリターンに期待できる銘柄です。他の投資家が気が付く前に、投資する感じです。

堅実なインカムレターの銘柄に、ちょっとしたスパイス投資を加えたい方向けです。

 

2019年に推奨された「S-1」は、自身で調査しても将来性がありそうでしたので、投資金額を大きめにしました。

2020年秋以降に注目が集まり、株価もどんどん上昇し始めました。122%とかなりの含み益を得ています。これからの銘柄なので、継続保有する予定です。

配当利回りは、0%~4%とまだまだ低いです。

その他の付録で、「10倍バイオ銘柄レポート」、「新型感染症における有望銘柄レポート」などもあります。

2021年も、引き続き、インカムレターを参考にしながら、米国株配当投資で長期的な資産形成を行っていく予定です。

 

まとめ

オックスフォード・インカムレターは、優良な米国株の推奨銘柄を知れ、あなたの投資に活かすことができます。

高配当や、配当の安全性が高いだけでなく、株価上昇にも期待できる銘柄が紹介されています。

2021年3月号時点、キャピタルゲインは最低-14.66%~最高469.81%、平均54.01%とかなり高パフォーマンスでした。

配当狙いの方は勿論、キャピタルゲイン狙いの方にもお勧めできる月間誌です。

ぜひ一度、オックスフォードインカムレターを検討してみてください。

 

関連記事

会社員が手軽に年100回の配当を米国株投資で得るための3ステップ

米国株で配当収入を目指すなら、オックスフォードクラブに注目!評判も調査