NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

オンコンパスはどれくらいのリターンが得られる?運用レベル別に解説

f:id:nisaschool:20200530211557j:plain

ご存知のように、ON COMPASS(オンコンパス)は、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問が提供する、ロボアドバイザーを活用した資産運用・管理サービスです。

オンコンパスを検討中なら、「どんな資産に、どんな比率で投資しているのか」、「実際に積立したら、どれくらいリターン(損益)が得られるのか」、事前に知っておきたいですよね。

そんなあなたのために、オンコンパスの運用レベル別の、資産配分比率、過去の基準価額の推移、実際に積立したリターンについて解説します。

オンコンパスを利用するか否かの参考にしていただければ、幸いです。

 

 

運用レベル別の資産配分比率

オンコンパスでは、想定リスクと想定リターンに応じて8つの運用レベルがあります。

レベル1~3は安全性重視、レベル4~6はバランス重視、レベル7・8は収益性重視です。

直近の運用レポートより、各運用レベルの資産配分比率をまとめました。[2020.4.30時点]

f:id:nisaschool:20200530214320j:plain

投資対象は、国内株式、国内債券、外国株式、外国債券、外国リート(不動産投資信託)、現金等です。

簡潔に言えば、「運用レベルが上がるごとに、株式の比率が高く、債券の比率が低い」と考えておきましょう。

国内株式と外国株式は、運用レベルが上がるにつれ比率が高くなります。国内株式は11%~25%、外国株式は5%~54%です。

国内債券は、運用レベルが上がるにつれ、73%~1%と比率が低くなります。

外国債券は、すべての運用レベルに含まれており、レベル5が33%と最も高くなっています。

外国リートは、運用レベル1には含まれておらず、運用レベル2~8にかけて1%~8%と比率が高くなっています。

現金等は、すべての運用レベルで2~3%含まれています。

 

過去の基準価額の推移

オンコンパスは、2016.6.10に運用がスタートしました。各運用レベルにおいて、基準価額推移は、次の通りでした。[2020.5.22時点]

f:id:nisaschool:20200530222103j:plain

想定リターン通りだとすれば、運用レベル1<2<3<4<5<6<7<8となるはずです。

しかしながら、実際は運用レベル2<1<3<4<5<6<7<8と、レベル1と2のみ逆転しています。

なぜそうなったかは、2016年の運用レポートが見れなかったため分析不能でした。

 

2020年2月下旬~3月下旬にかけて、コロナショックが起きました。その結果、株式市場が大幅に下落しました。

その時の基準価額の推移を抜粋すると、次の通りでした。

f:id:nisaschool:20200530224234j:plain

最も株式の比率が高い、運用レベル8では、基準価額が13137円(2.21)から9207円(3.24)と-3930円、割合にすると-29.91%も下落しました。

5.24時点、11047円まで回復しています。

その他の運用レベルでは、レベルが下がるほど債券の比率が下がるため、下落幅は小さいです。

いくらロボアドバイザーで設定された資産配分でも、市場全体が下落すると、その影響を避けることはできません。

この点は、他社のロボアドバイザーでも同じです。 

 

実際に積立したリターンはどれくらいか?

一番気になるのが、「実際に積立したらリターンがどうなるか?」ですよね。

積立期間を2016.6~2020.4、積立金額を月1万円とし、積立したリターンを過去データを用いてシミュレートしました。

シミュレーションには、「 投信総合検索ライブラリー 」の積立シミュレーションを使用しました。

各運用レベルで、ファンド名が次のようについています。

  • 1:MSV内外ETF資産配分ファンド(Aコース)
  • 2:MSV内外ETF資産配分ファンド(Bコース)
  • 3:MSV内外ETF資産配分ファンド(Cコース)
  • 4:MSV内外ETF資産配分ファンド(Dコース)
  • 5:MSV内外ETF資産配分ファンド(Eコース)
  • 6:MSV内外ETF資産配分ファンド(Fコース)
  • 7:MSV内外ETF資産配分ファンド(Gコース)
  • 8:MSV内外ETF資産配分ファンド(Hコース)

投資元本47万円に対する、評価金額(積立・一括)、リターン(積立・一括)は次の通りです。[2020.4.30基点]

運用レベル 評価金額(円) リターン
積立 一括 積立 一括
1 470780 455943 0.17% -2.99%
2 463076 440866 -1.47% -6.20%
3 466434 478676 -0.76% 1.85%
4 469705 495599 -0.06% 5.45%
5 471754 511923 0.37% 8.92%
6 469414 524828 -0.12% 11.67%
7 465547 531797 -0.95% 13.15%
8 461729 537538 -1.76% 14.37%

 

積立したリターンは、-1.76%~+0.37%でした。

3月末のコロナショックの影響が大きかったため、4月末時点でも少しマイナスの運用レベルがありました。

最もマイナスリターンが大きかったのが、株式の比率が高い運用レベル8でした。最もプラスリターンが大きかったのが、バランス重視の運用レベル5でした。

設定日に一括した時のリターンは、-6.20%~+14.37%でした。

最もマイナスリターンが大きかったのが、運用レベル2でした。最もプラスリターンが大きかったのが、株式の比率が高い運用レベル8でした。

リターンはあくまでも一時点での結果なので、参考程度に見ておくと良いでしょう。

 

まとめ

オンコンパスでは、8つの運用レベルがあります。基本的には運用レベルが上がるにつれ、想定リスクと想定リターンが高くなります。

2020.5.22の基準価額は、運用レベル2<1<3<4<5<6<7<8の順に高かったです。運用レベル1と2が逆転している点には留意しておきましょう。

設定日から2020.4.30まで積立したリターンは、-1.76%~+0.37%でした。リターンは一時点での結果なので、定期的に確認してみましょう。

あなたが希望するリターンが、どの運用レベルか参考にしてみてください。

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!ON COMPASS(オンコンパス)の口座開設方法