定年後のお金の不安をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法|大江さんの新刊本レビュー・感想



f:id:nisaschool:20190718233033j:plain

こんにちは。大江英樹さんをご存知でしょうか。オフィス・リベルタス代表で、経済コラムニストの方です。長年、確定拠出年金のビジネスに携わってこられた年金のスペシャリストです。

日本の年金問題が世間をにぎわす中、ちょうど大江さんの年金関連の新刊が登場しましたので、さっそく読んでみました。

 

 

老後資金に2000万円足りない問題 

2019年6月3日に、金融庁から報告書が挙がってきました。ニュースでは、「老後には2000万円足りないから、自分で何とかしろ!」というメッセージばかりが取り上げられています。

今一度、金融庁から発表された報告書の原文を一読しましょう。

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

 

各専門家が集まり、ワーキンググループで課題を議論しています。メンバーの中には、セゾン投信社長である中野さんもいます。

本報告書では、現状分析「高齢社会を取り巻く環境変化」から始まっています。人口動態、収入・支出の状況、金融資産の状況が分析されています。

次に、老後の基本的な視点や考え方がまとめられています。長寿化に伴う資産寿命を延ばすことや、認知症が増えてきており、それらの課題分析がされています。

さいごに、金融庁としてどうこれらの課題について、サポートできるかについて対応策が書かれています。金融リテラシーとどう上げていくのか、つみたてNISAやiDeCoの活用の推進など、非常に現実的な対策が書かれています。

 

その後、「老後に2000万円足りないは言葉足らずであった」と訂正をされています。しかし、ゆとりある老後をおくろうと思ったらそれくらい必要です。それはもう何年も何年も前から言われることですよ。

 

つみたてNISAができた時、金融庁は私たちの資産形成のサポートに本気だと思いました。つみたてNISAでは、金融庁が資産形成に適したと判断した投資信託しか購入できません。アクティブファンドの基準を見てください。非常に厳しいですよ。

以上のように、あの報告書はニュースで報道されていることも事実ではあるんですが、真意ではないと思います。気になる方は、ぜひ原文を読んでみてください。

 

 

タイミングが良すぎる本書

そんなニュースを見据えていたかのように、本書「定年後のお金の不安をなくす」が6月に出版されました。サブタイトルとして、「貯金がなくても安心老後をすごす方法」と記載されています。

このタイトルだけで、今一番売れそうな本じゃないですか?

 

本書は、6章で構成されています。最初に言っておくと、今50代以上の方に最も最適な本です。

第1章は、「人生100年、でもお金がない」です。なぜ老後に不安を持っている人が多いのかが解説されています。

一番の問題として、老後にいくら年金をもらえるのか、どれくらいの生活費がかかるのか全く知らないということとのことです。

みなさんは、ご自身の年金はいくらもらえるかわかりますか?ぜひ、気になる人は、年金ネットに登録しましょう。

【図解付】公的年金ネットの登録・初回ログイン方法

 

第2章は、「年金は破綻しないのか?」です。公的年金をわかっているようで、わからない人は多いはずです。一番は年金は「保険」です。老後に生活するための保険なので、あくまで補填です。

その他、年金が破たんしない理由を丁寧に解説されています。

 

第3章は、「収入よりも支出が大事」です。支出の見直しが最重要課題であると述べられています。この章では、老後における支出のポイントが盛り込まれていて、一番役に立つ章と感じました。

見直しするにも、自分がいくら収入があって、何にどれくらい支出しているのかを知る必要があります。まずは1ヶ月分だけでも良いので、家計簿をつけてみましょう。ノートで家計簿をつけてみる、Excelでつけてみる、家計簿アプリでつけてみる、どれでもやりやすいもので行いましょう。

 

特にこの章で印象的だったのは、次のようなトピックスです。

“最も大きな無駄は保険”

 

「貯蓄型保険は、〇〇!」と書かれています。日本人って保険好きですよね。備えることは悪くないのですが、保険料にお金をかけすぎです。私の親世代は、バブル期に非常に利回りの良い年金保険に加入できていました。しかし、今やそんな保険は作れないそうです。だとしたら、貯蓄しておく方がましです。

 

第4章は、「働くことで老後不安は解消」です。簡単に言うと、少しでもよいので働けるうちは働きましょう、ということ。やはり、元気なうちは仕事をして収入を得ることが最も重要かなと感じました。

この章では、仕事を探す方法、自分の経験を活かした自営業者になる方法、夫婦でどれくらいの収入を得れば良いのかがまとめられています。

 

第5章は、「資産運用を考える」です。定年後の資産運用を、どのように考えたらよいのかまとめられています。

本書の中で述べられていますが、つみたてNISAによる積立投資も勧められています。「60歳から積立投資を始めてもな」と思われる方がいるかもしれません。遅くないですよ。80歳以上まで生きる方が多いです。だとしたら、つみたてNISAなどの税制優遇をうまく活用するべきです。

ちなみに私の両親も、60歳以上で積立投資を始めました。今は、すぐに使わないお金の一部を投資に回しています。初めは「キケンかも?」と思っていたようですが、商品の選び方やどれくらい変動する可能性があるのかを理解すると、始められました。

 

第6章は、「人生100年時代、本当に大切なことは」です。さいごは、大江さんの生き方へのアドバイスがまとめられていました。

 

本書で、20代・30代に役立つと思う内容

私は今、30代です。年金は破綻しないと言われても、「30年、40年後も同じことが言えるのか?」と疑問です。

厚生労働省のホームページで、「年金制度は、現役世代(支え手)がいて、日本経済が続いていく限りなくなりません」と書かれています。この前提がいつまで続くのか、正直分かりません。だから、できる限り備えることを勧めています。

本書から、20代・30代に役立つ3つの点を見出しました。

  1. 健康は大事
  2. 自分で稼ぐ力をつける
  3. やっぱり積立投資は大事

 

一番の収入源は、自分で働いて稼ぐことです。そのためには、できる限り健康でい続ける必要があります。昨今は、少なくなりましたが過重労働によって体を壊す若者がいます。体や心を壊してしまうと、本当につらいと思います。まずは、自分の体や心を大切にしましょう。

 

本書の第4章で、次のようなことが書かれていました。

「起業」をそれほど大げさに考えないこと

 

ここでは、定年後に自営業者として働く手段がまとめられています。例として、趣味ブログや有料メールマガジン、コミュニティイベントなどが挙げられています。

個人的な感想として、「いきなりはできない」。50代の人も収益化するまでには時間がかかると思います。途中であきらめてしまう人が多いと推測します。

 

でも、私たち20代、30代にはまだまだ時間があります。忙しいのに「副業をしろ!」とはいいませんが、どのようにしてビジネスが成り立っているのか勉強しましょう。ブログで稼いでいる人は、どうやって稼いでいるのか。何かのイベントを開いている人がいたらどのようにイベントを作り収益を上げているのか。

できるだけ、自分が興味のある分野が好ましいです。まだまだ、たくさん失敗できます。少しずつで良いのでチャレンジしてみましょう。

 

さいごに、「積立投資は大事」。20代、30代はまだまだ時間があります。月数千円からでも良いんです。積立投資を学んで始めましょう。

以上です。

 

下記にAmazonのリンクを貼っていますので、ぜひのぞいて見てください。

「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法