【トータルリターン】ひふみプラスの積立を止めた理由!つみたてNISAとidecoの実績を投資戦略とともに公開!



f:id:nisaschool:20191102183732j:plain

こんにちは。つみたてNISAやidecoを始めていますか。私もコツコツと積立しています。「投資信託は、結局どれを選んだらよいの?」、「何に投資してますか?」と聞かれることも多いです。悩みますよね…。

そんなあなたのために、私(永松)の積立している投資信託を、投資戦略とともに実績を紹介します。 [2019.11.1時点]

以下4点についてまとめます。

  • ひふみプラスの積立を止めた理由
  • 投資戦略は、時価総額に合わせた国際分散投資
  • つみたてNISAとidecoのトータルリターン
  • 特定口座で投資している商品

毎月、各トピックスを更新していく予定です。

 

 

ひふみプラスの積立を止めた理由

2019年途中までつみたてNISAで、ひふみプラスを積立していましたが、止めることにしました。理由は、次の2点です。

  • 家族のほとんどが「ひふみプラス」を購入している
  • より自分の投資戦略に合う「ひふみワールド」が登場した!

 

私は5人家族ですが、全員つみたてNISA、3人がidecoも投資しています。私も含め、全員がひふみプラスに投資していました。100%ないしは50%以上ポートフォリオに組み入れていました。5人ともなると結構な金額です。

家族全体で考えると、日本に投資し過ぎか?」、「もう少し国際分散投資寄りにしても良いのでは?」と思い始めました。

2018年は、ひふみプラスを含め、国内株式のパフォーマンスは悪かったですが、決して悪い投資信託ではありません。あくまで、家族全体で考えたときに配分が多すぎであると判断しました。

2019年10月から、日本を除く海外株式に投資する「ひふみワールド」が登場しました。6月あたりから登場が予定されていたので、ひふみプラスのつみたてNISAでの積立をやめて、一部をひふみワールドに投資していくことを決めました。

>>【ひふみワールド】世界株式ファンド積立投資の始め方|特徴・手数料・メリットとデメリット・評判についてまとめます!

 

そうすることで、家族全体としては良い感じの配分になると思ったからです。そのため、私のつみたてNISA分は、別の投資信託を購入しています。後述します。

 

 

投資戦略は、 基本国際分散投資です!

国際分散投資とは、簡単にいうと「全世界の成長を取り入れる」ということです。 全世界と言っても、どこにどのくらいの比率で投資するかによって、将来のリターンは異なってきます。

何を基準に比率を選んだらよいでしょうか。答えは、「株式や債券の時価総額で決める」です。

以下は、世界の株式の時価総額を割合にしたものです。[2016.4.29時点]

f:id:nisaschool:20191102192002j:plain

 

米国が50%以上を占めているのに対し、日本はたった8%しかありません。自国バイアスという言葉があって、自国に投資しすぎる傾向があります。

米国人だったら良いんですよ。米国が時価総額の50%以上を占め、そのリターンを十分に得られるので。

しかし、日本人が、日本ばかり特に日本株式のインデックスファンドばかりに投資しても、リターンが十分に得られない可能性が高いということです。

そのため、この時価総額に応じた資産配分で投資することが最も中立的な投資と言われています。

 

この投資思想を唱えている先人が、2人います。

お一人がセゾン投信・中野さんです。もう一人が、あおぞら証券の顧問であった伊藤 武さんです。中野さんは、何度もセミナーでその話を聞いてきました。伊藤さんとはご縁があり、話をする機会がありました。

このお二方の話が一番納得できたので、この投資戦略を基本としています。

下記の2冊にそのことが書いてあります。

>> つみたてNISAはこの8本から選びなさい

>> 投資の教科書(もう絶版みたいです)

 

つみたてNISAは、どの投資信託に投資しているか?トータルリターンは?

つみたてNISAは、以下2つにSBI証券で毎日投資しています。本当はクレジットカード決済でポイントがつく楽天証券がオススメです。

楽天証券は、特定口座で利用しています。

>>【 楽天証券

  • eMAXIS Slim先進国株式:50%
  • EXE-iグローバル中小型株式:50%

 

つみたてNISAではともにインデックスファンドに投資しています。

eMAXIS Slim先進国株式は、ベンチマークがMSCIコクサイで、日本を除く先進国の株式に投資されます。信託報酬が0.11%と激安です。

>>本当にeMAXIS Slimが最適?つみたてNISA対象の先進国株式インデックスファンドは、どれが低コストでオススメ?

 

EXE-iグローバルは、ベンチマークがFTSEグローバル・スモール・キャップインデックスで、日本を含む中小型株に投資されます。信託報酬は0.33%と適切です。

eMAXIS Slimは大型株が多いので、中小型株の成長性も取り入れたいと思い、50%ずつにしています。

 

参考までに、両者の純資産、リターンを表にまとめています。リターンは、2019.9.30時点の数値です。

eMAXIS Slimは設立したばかりでデータが少ないので、同じファンドのeMAXISのデータも載せています。

ファンド名 純資産
(億円)
1年 3年
(年率)
5年
(年率)
eMAXIS
Slim先進国
627.48 -3.02% --- ---
EXE-i 64.74 -11.08% 8.77% 5.15%
eMAXIS
先進国
414.16 -3.54% 12.68% 6.52%

 

直近1年では、両者ともマイナスです。 EXE-iは、直近3年で8.77%、直近5年で5.15%でした。大型株に投資されるeMAXISは、直近3年で12.68%、直近6.52%とEXE-iよりリターンが高かったです。

今後のリターンが大型株優位なのかについて、興味あるところです。

 

つみたてNISAのトータルリターンは、2018.1.1~2019.11.1で+21,898円、割合にすると+2.97%でした。2018年は大きく株式市場が下落したため、だいぶマイナスでしたが、2019年中盤以降にプラスに戻ってきました。

f:id:nisaschool:20191102202524j:plain

 

各ファンド別のリターンは次の通りです。

f:id:nisaschool:20191102202946j:plain

 

当初は、eMAXIS Slimバランス1本でした。途中で、株式100%にしたいと思い、eMAXIS Slim先進国株式とひふみプラスを50%ずつに投資していました。

2019年途中から先に述べたように、国内比率を下げるために、eMAXIS Slim先進国株式とEXE-iグローバル中小型株式を50%ずつ投資しています。

 

idecoは、どの投資信託に投資しているか?トータルリターンは?

idecoは、楽天証券で毎月2.3万円ずつ拠出しています。

商品は、セゾン資産形成の達人ファンド1本です。このファンドは、先ほどの国際分散投資に準じた投資方針で運用されてます。

アクティブファンドのため、信託報酬は1.35±0.2%です。インデックスファンド比較すると、かなり高いように感じるかもしれませんが適切です。全世界の時価総額に準じたファンドは、セゾン投信しかないと思います。

純資産は、846.52億円です。ファンドリターンは、2019.9.30時点で以下の通りです。

  • 1年:-5.95%
  • 3年(年率):11.90%
  • 5年(年率):8.15%

直近1年ではマイナスでしたが、直近3年で11.90%、直近5年で8.15%と高パフォーマンスです。

先ほどのeMAXIS先進国株式インデックスと比較してみましょう。直近3年で12.68%、直近5年で6.52%でしたので、3年ではセゾンの方が低く、5年ではセゾンの方が高かったです。

 

idecoのトータルリターンは、2018.9~2019.11.1で+22600円で、運用利回りベースだと+10.20%、ファンド単体だと+7.1%です。

2018年末にかけて株式市場が低迷しましたが、2019年中盤にかけて上がってきました。

f:id:nisaschool:20191102205048j:plain

 

特定口座で投資している商品

つみたてNISAやidecoでは、比較的しっかりと想定リターンを考えて投資しています。一方、その他の特定口座では、「投資してみたい」と思った商品を都度購入しています。

以下、3つの投資信託を保有しています。

  • セゾン資産形成の達人
  • iTrust世界株式
  • ひふみワールド

セゾン資産形成の達人は、NISAが始まる前から投資していたファンドです。先ほど説明したため、割愛します。直接口座と、最近ではtsumiki証券で投資しています。

iTrust世界株式は、ピクテ投信のアクティブファンドです。高い競争優位性をもつグローバル優良企業の株式に投資しています。

優良企業とは、世界的にブランド名を持ち、強力なマーケティング・販売網を構築、高い競争優位性をもつ企業と定義されています。楽天証券でクレジット決済して投資しています。

ひふみワールドは、日本を除く世界株式に投資するアクティブファンドです。直接口座でしか購入できないので、そうしています。

>>【 レオスのひふみ投信

 

特定口座は、アクティブファンドオンリーです。案外適当にやっています。積立投資で一番大切なのは、継続することです。ぜひ、一緒に積立投資を続けていきましょう!

 

関連記事

tsumiki(つみき)証券で長期投資を始めるための4ステップ

つみたてNISAでS&P500に投資するならどのファンドがオススメ?SBI・バンガードとeMAXIS Slim S&P500どちらを選ぶべき?

【ひふみワールド】世界株式ファンド積立投資の始め方|特徴・手数料・メリットとデメリット・評判についてまとめます!

© SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.

Copyright © Rakuten Securities, Inc. All Rights Reserved.