【つみたてNISA】新興国株式インデックスファンドはeMAXIS SlimよりSBI・雪だるまが低コスト!オススメは?MSCIとFTSEエマージングの違い



f:id:nisaschool:20191108220740j:plain

こんにちは。つみたてNISAでインデックス投資を始めようとしています。「新興国株式にも投資してみたいな」、「コストが安いのは、eMAXIS Slimっていうけど、どうなんだろう」、「ベンチマークに、MSCIとFTSEエマージングがあるけど何が違うの?」と気になっていませんか。

そんなあなたのために、つみたてNISAで新興国株式に投資するなら、どのファンドがオススメか?、またどういう基準で選べば良いのか?についてまとめています。

結論を先に述べます。

ベンチマークにFTSEエマージングを希望する場合、SBI・新興国株式インデックスファンド(愛称:雪だるま)が最も低コストでオススメです。

ベンチマークにMSCIエマージングを希望する場合、以下2つが同一コストでオススメです。

  • ニッセイ新興国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim新興国インデックスファンド

 

先進国株式、全世界株式ファンドについては、下記の記事を参照してください。

>>本当にeMAXIS Slimが最適?つみたてNISA対象の先進国株式インデックスファンドは、どれが低コストでオススメ?

>>つみたてNISA対象の全世界株式インデックスファンドの選び方!MSCIとFTSEのどちらが良い?低コストでオススメなのは?

 

 

新興国株式インデックスの2つのベンチマーク!

投資対象が新興国株式のベンチマークには、「MSCI・エマージング・インデックス」と「FTSE・エマージング・インデックス」の2つがあります。

簡単にこれら2つを理解しておきましょう。

MSCIエマージングとは、モルガンスタンレー社が提供する新興国株式を対象とした指数です。26つの新興国で構成され、大型株と中型株が時価総額の大きい順で組み込まれています。

組入銘柄の上位5国は次の通りです。[2019.10.31時点]

国名 割合
中国 31.85%
韓国 12.19%
台湾 11.92%
インド 8.96%
ブラジル 7.68%
その他 27.40%

 

下記は、MSCIエマージングを投資対象とする、ETFの価格の推移を示したものです。例として、上場インデックスファンド海外新興国株式の過去9年を引用しています。

2010年1000円付近から、2012年には800円付近、2015年には1600円、2019年には約1400円です。他の株式の指標と比較して、上下変動が大きかったです。

f:id:nisaschool:20191108224347j:plain

[出典:SBI証券]

 

FTSEエマージング・インデックスは、FTSEインターナショナル社が提供する新興国株式を対象とした指数です。23つの新興国で構成されています。

MSCIエマージングとの違いは、韓国が新興国として分類されていないことです。組入銘柄の上位5国は、次の通りです。[2019.10.31時点]

国名 割合
中国 35.54%
台湾 13.07%
インド 11.04%
ブラジル 8.94%
南アフリカ 5.68%
その他 25.73%

 

MSCIエマージングとFTSEエマージングともに、中国が最も割合が高いです。

MSCIとFTSEエマージングには、どんな企業が含まれているか紹介します。組入割合上位5銘柄は、次の通りです。

  MSCI FTSE
1 アリババグループ アリババグループ
2 セミコンダクター セミコンダクター
3 テンセント テンセント
4 サムスン 中国建設銀行
5 中国建設銀行 リライアンス・
インダストリーズ

 

アリババグループは、1999年に中国で創立した企業間電子商取引(B2B) のオンライン・マーケット (www.alibaba.com, china.alibaba.com, www.alibaba.co.jp) を運営するIT会社です。

セミコンダクターは、1987年に台湾で創立した半導体製造メーカーです。世界の半導体チップの50%以上の生産量を占めている会社です。

テンセントは、1998年に中国で創立したゲーム会社です。2016年にはゲーム売上高が世界最大、2017年にはアプリの収益が世界一でした。日本とも深いかかわりがあり、任天堂、スクエア・エニックス、DeNA、セガゲームス、カプコンなどとも業務提携しています。

MSCI4位のサムスンは、グループ会社で電子関連、機械関連、化学関連、金融保険関連と幅広い事業を行っているか社です。

中国建設銀行は、1954年に創立した銀行です。中国国内で第2位の総資産を保持しています。

FTSE5位のリライアンス・インダストリーズは、1966年にインドで創立した石油・石炭製品事業を行う会社です。

分類上で新興国でも、上位銘柄は世界的に有名な会社ばかりです。

 

新興国国株式インデックスファンドは、どういう基準で選べばよいか。

本ページでは、つみたてNISA対象の先進国株式インデックスファンドを抽出しています。12本のファンドがあります。[2019.11.9時点]

各ファンドのベンチマークは、MSCIエマージング、もしくはFTSEエマージングです。

同一ベンチマークで、インデックスファンドを選ぶときの一番のポイントは、手数料(信託報酬、信託財産留保額)です。

手数料には購入時手数料もありますが、つみたてNISAは全て0円のため、比較項目から除外しています。

 

まずは、MSCIエマージングと連動する10本のファンドを比較してみましょう。 手数料(税込)は、以下の通りです。手数料が安い順に並べています。

f:id:nisaschool:20191109112551j:plain

 

この中で購入するのであれば、信託報酬が最も安い1か2をオススメします。

  • ニッセイ新興国株式ファンド
  • eMAXIS Slim新興国株式インデックス

 

次に、FTSEエマージングと連動する2本のファンドを比較してみましょう。 手数料(税込)は、以下の通りです。手数料が安い順に並べています。

f:id:nisaschool:20191109113126j:plain

信託報酬が低い、SBI・新興国株式インデックスをオススメします。

 

 

オススメファンド3つのうちどれを選んだら良いのか?

新興国株式インデックスファンドでオススメは、次の3本です。

  • ニッセイ新興国株式ファンド
  • eMAXIS Slim新興国株式インデックス
  • SBI・新興国株式インデックス

MSCIかFTSEエマージングの違いは、韓国を新興国として分類するか否かです。新興国として含める場合はMSCIを、含めたくない場合はFTSEを選択しましょう。

FTSEのオススメは1つだけですので、SBI・新興国株式インデックスを選択しましょう。

 

MSCIは両者とも同一ベンチマーク、同一手数料なので、あなたの好みで良いです。

「と言われても選べない」というあなたのため、2つのファンドの違いをまとめておきます。運用会社、資産残高、組入銘柄数に差があります。

  運用会社 資産残高
(億円)
組入
銘柄数
ニッセイ ニッセイ・
アセットマネジメント
225.85 926
eMAXIS 三菱UFJ国際投信 13.44 1172

 

資産残高は、純資産とも言われファンドの規模を示します。ニッセイ<eMAXISの順に大きいです。eMAXIS Slimが低コストファンドとして認知が一気に集まったことから、こちらを買う人が多かった結果、純資産も多くなったと思われます。

両者とも、MSCIエマージングへの連動を目指していますが、その組入銘柄数に若干差があります。ニッセイよりeMAXISの方が、やや分散して投資されています。[2019.9.30時点]

 

ちなみに「リターンにも差があるんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。下記にリターンをまとめています。

  6ヶ月 1年(年率)
ニッセイ -4.22% 8.89%
eMAXIS -3.95% 9.53%

 

まだ、十分な期間のデータはありませんが、直近1年では、eMAXISの方が0.64%良かったです。先ほどの分散性が良い方向で効いた結果と推測しています。

今後、組入銘柄数に応じてリスクとリターンは変わっていくと思います。ファンドの規模を優先したい場合は、eMAXIS Slim新興国株式を選択するのが良いかと思います。

 

上記3つのファンドの主要証券会社で購入可能です。

ファンド名 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
SBI・雪だるま
ニッセイ
eMAXIS

 

ポイント還元率に注目した、各証券会社の選び方は下記の記事を参照してください。

>>ポイント還元率に注目!つみたてNISAはどこの証券会社がお得でオススメ?SBI・楽天・マネックスを比較!

ぜひ、新興国株式インデックスファンドに投資しようと考えている人は、検討してみましょう!

 

関連記事

つみたてNISAでS&P500に投資するならどのファンドがオススメ?SBI・バンガードとeMAXIS Slim S&P500どちらを選ぶべき?

NYダウに投資するならどのファンドがオススメ?つみたてNISAにeMAXIS NYダウインデックスが追加!

【制度改正】NISA恒久化は見送り2023年終了!?つみたてNISAは恒久化される?英国ISAに近づくのはいつか?

© SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.