NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

どちらを選ぶべき?eMAXIS Slim新興国株式インデックスとSBI雪だるま新興国

f:id:nisaschool:20200405174608j:plain

こんにちは。インデックスファンドでは、資金の流入額を見ると、米国株式や先進国株式が人気です。

一方で、自分で資産配分を決めたいと考えてる方は、新興国株式インデックスファンドも取り入れていることでしょう。

あなたもその一人ではないでしょうか。

信託報酬が低いファンドを抽出すると、次の3本に絞り込めたのではないでしょうか。全て積立NISA対象商品です。

  • ニッセイ新興国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim新興国株式インデックスファンド
  • SBI・新興国株式インデックスファンド(雪だるま)

「どのファンドを選んだら良いんだ」と悩んでいませんか。特に、eMAXIS Slim新興国株式とSBI・雪だるま新興国株式ではないでしょうか。

そんなあなたのために、eMAXIS Slim新興国株式とSBI・雪だるま新興国の比較を中心に解説します。

新興国への投資の参考にしていただけたら幸いです。

 

 

eMAXIS SlimとSBI・雪だるまはベンチマークが違う

両者は、ベンチマークが異なります。

eMAXIS Slimは、MSCI・エマージング・インデックスです。一方、SBI・雪だるまは、FTSE・エマージング・インデックスです。

ちなみに、ニッセイ新興国株式は、MSCI・エマージング・インデックスです。

これら2つのベンチマークの違いを理解しましょう。

 

MSCI・エマージング・インデックスとは、モルガンスタンレー社が提供する新興国株式を対象とした指数です。

26つの新興国で構成され、大型株と中型株が時価総額の大きい順で組み込まれています。

組入銘柄の上位5国は次の通りです。[2019.10.31時点]

国名 割合
中国 31.85%
韓国 12.19%
台湾 11.92%
インド 8.96%
ブラジル 7.68%
その他 27.40%

 

一方、FTSE・エマージング・インデックスは、FTSEインターナショナル社が提供する新興国株式を対象とした指数です。23つの新興国で構成されています。

組入銘柄の上位5国は、次の通りです。[2019.10.31時点]

国名 割合
中国 35.54%
台湾 13.07%
インド 11.04%
ブラジル 8.94%
南アフリカ 5.68%
その他 25.73%

 

MSCI・エマージング・インデックスとの違いは、韓国が新興国として分類されていない点です。

MSCIとFTSEはともに、中国が最も割合が高いです。MSCIとFTSEにおいて、組入割合上位5銘柄は、次の通りです。

  MSCI FTSE
1 アリババグループ アリババグループ
2 セミコンダクター セミコンダクター
3 テンセント テンセント
4 サムスン 中国建設銀行
5 中国建設銀行 リライアンス・
インダストリーズ

 

アリババグループは、1999年に中国で創立した企業間電子商取引(B2B) のオンライン・マーケットを運営するIT会社です。

セミコンダクターは、1987年に台湾で創立した半導体製造メーカーです。世界の半導体チップの50%以上の生産量を占めている会社です。

テンセントは、1998年に中国で創立したゲーム会社です。2016年にはゲーム売上高が世界最大、2017年にはアプリの収益が世界一でした。

日本とも深いかかわりがあり、任天堂、スクエア・エニックス、DeNA、セガゲームス、カプコンなどとも業務提携しています。

MSCI・4位サムスンは、グループ会社で電子関連、機械関連、化学関連、金融保険関連と幅広い事業を行っている会社です。

中国建設銀行は、1954年に創立した銀行です。中国国内で第2位の総資産を保持しています。

FTSE・5位のリライアンス・インダストリーズは、1966年にインドで創立した石油・石炭製品事業を行う会社です。

分類上で新興国でも、上位銘柄は世界的に有名な会社ばかりです。

 

eMAXIS SlimとSBI・雪だるまのどちらを選ぶべきか?

次の3パターンで、あなたが希望する方法を選んでみてはいかがでしょうか。

  1. 信託報酬が安い方が良い:SBI・雪だるま
  2. 韓国を含めたい:eMAXIS Slim
  3. 他のeMAXIS Slimと組合せて購入する:eMAXIS

 

両者の信託報酬は、次の通りです。[2020.4.5時点]

  • eMAXIS Slim:0.2079%
  • SBI・雪だるま:0.196%

わずか0.0119%ですが、SBI・雪だるまの方が低いです。

先で説明したように、SBI・雪だるまでは韓国に投資できません。そのため、韓国も含めて投資したい場合は、eMAXIS Slimを選択しましょう。

両者のリターンに差があるのか、気になる方がいるかもしれません。直近のリターンは次の通りです。[2020.2.29基点]

  1ヶ月 6ヶ月 1年
eMAXIS Slim -3.64% 9.47% -2.23%
SBI・雪だるま -5.31% 6.26% -2.21%

 

過去1年では両者には差がありませんでした。1ヶ月、6ヶ月と短期でみると、eMAXIS Slim、つまり韓国が含まれている方がリターンが高かったです。

もし、あなたが他のeMAXIS Slimと組合せて購入するなら、MSCIをベンチマークとしているeMAXIS Slimをおすすめします。

できるだけ、同じ属性のベンチマークでそろえる方が資産配分を調整しやすいためです。

 

 

eMAXIS Slimとニッセイ新興国はどちらを選ぶべき?

eMAXIS Slimとニッセイ新興国で迷っている方のため、両者の違いを解説します。

ベンチマークは両者同じで、MSCI・エマージング・インデックスです。

信託報酬も0.2079%で同じです。

 

では、何が違うかというと、若干組入れ銘柄数に差があります。

両者の運用レポートに、組入上位10銘柄と組入銘柄数の記載があります。

f:id:nisaschool:20200405192021j:plain

[出典:eMAXIS Slim新興国株式、2020.2末]

 

f:id:nisaschool:20200405192130j:plain

[出典:ニッセイ新興国株式、2020.2末]

eMAXIS Slimが1396銘柄に対して、ニッセイは943銘柄です。

インデックスファンドは、厳密にはインデックスに連動するように、各社が運用するので銘柄数や比率に若干の差が出ます。

両者の直近のリターンは、次の通りです。[2020.2.29基点]

  1ヶ月 6ヶ月 1年
eMAXIS Slim -3.64% 9.47% -2.23%
ニッセイ -3.73% 9.15% -2.50%

 

若干、eMAXIS Slimの方がリターンが高かったです。ただし、eMAXIS SlimとSBI・雪だるまほどの差はありません。

MSCI・エマージング・インデックスの銘柄数は、1100銘柄以上あるため、それに近づけた運用を希望する場合は、eMAXIS Slimを選択すると良いでしょう。

 

まとめ

eMAXIS Slim新興国株式と、SBI・雪だるま新興国には、ベンチマークの違いがあります。

eMAXIS SlimがMSCI・エマージング・インデックス、SBI・雪だるまがFTSE・エマージング・インデックスです。

MSCIでは韓国にも投資できます。

あなたの投資方針に合わせて、どちらが最適か検討してみましょう。

 

関連記事

どれがおすすめ?積立NISA対象の全世界株式インデックスファンド

 どちらを選ぶべき?SBIバンガードS&P500とeMAXIS Slim米国株式S&P500

NYダウに投資できるおすすめファンドは?積立NISAならeMAXIS NYダウインデックス