本当にeMAXIS Slimが最適?つみたてNISA対象の先進国株式インデックスファンドは、どれが低コストでオススメ?



f:id:nisaschool:20191022204126j:plain

こんにちは。つみたてNISAでインデックス投資を始めようとしています。「先進国株式ファンドが良いって聞くけど、どうなの?」、「中でも、eMAXIS Slimが良いって聞くけど、どうなの?」「先進国株式ファンドならどれが良いの?」と迷っていませんか。

そんなあなたのために、つみたてNISAで先進国株式に投資するなら、どのファンドがオススメか?、またどういう基準で選べば良いのか?についてまとめています。

結論を先に述べます。以下3つのファンドであれば、どれも同コストで、同パフォーマンスが想定されるためオススメです。

  • ニッセイ外国株式インデックス
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • たわらノーロード先進国株式

 

全世界株式ファンドについては、下記の記事を参照してください。

>>つみたてNISA対象の全世界株式インデックスファンドの選び方!MSCIとFTSEのどちらが良い?低コストでオススメなのは?

 

 

なぜ先進国株式インデックスが人気なのか?

簡単に言えば、信託報酬が低コストで、現時点でリターンが高いからです。

先進国株式の代表的なベンチマークに「MSCIコクサイ」があります。本ページで紹介するファンドも全て、MSCIコクサイをベンチマークとしたものを抽出しています。

MSCIコクサイとは、モルガンスタンレー社が提供する世界株式を対象とした指数である、MSCI All Country World Indexから、新興国と日本を除外したものです。

22つの先進国で構成され、大型株と中型株が時価総額の大きい順で組み込まれています。各国の割合は以下の通りです。ほぼ米国で占められています。[2017年時点]

国名 割合
米国 65.0%
英国 7.3%
フランス 4.4%
ドイツ 4.0%
カナダ 3.9%
スイス 3.3%
オーストラリア 2.8%
香港 1.5%
オランダ 1.5%
スペイン 1.3%
スウェーデン 1.1%
イタリア 1.0%
デンマーク 0.7%
シンガポール 0.5%
ベルギー 0.5%
フィンランド 0.4%
ノルウェー 0.3%
アイルランド 0.2%
イスラエル 0.2%
オーストリア 0.1%
ニュージーランド 0.1%
ポルトガル 0.1%

 

下記は、MSCIコクサイを投資対象とする、ETFの価格の推移を示したものです。例として、MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信の過去8年を引用しています。

2011年1000円スタートから、2019年には約2300円まで上昇しています。トータルリターンで言うならば、約+230%です。

f:id:nisaschool:20191023175424j:plain

[出典:SBI証券]
 

一方、日本のTOPIXはどうでしょうか。例として、MAXISトピックス上場投信の過去8年を引用しています。

一見すると、右肩上がりです。2010年1000円スタートから、2019年には約1700円まで上昇しています。トータルリターンで言うならば、約+170%です。

f:id:nisaschool:20191023180436j:plain

[出典:SBI証券]
 

MSCIコクサイが+230%に対して、TOPIXが+170%でした。つまり、両者には60%のリターンに差があります。このリターンが大きいことも一つの理由に、MSCIコクサイをベンチマークとするインデックスファンドが人気です。

 

先進国株式インデックスファンドは、どういう基準で選べばよいか。

本ページでは、つみたてNISA対象の先進国株式インデックスファンドを抽出しています。16本のファンドがあります。[2019.10.22時点]

各ファンドのベンチマークは、全てMSCIコクサイです。

同一ベンチマークで、インデックスファンドを選ぶときの一番のポイントは、手数料(信託報酬、信託財産留保額)です。

手数料には購入時手数料もありますが、つみたてNISAは全て0円のため、比較項目から除外しています。

16つのファンドの手数料(税込)は、以下の通りです。手数料が安い順に並べています。

f:id:nisaschool:20191023183233j:plain

 

この中で購入するのであれば、信託報酬が最も安い1~3をオススメします。

  • ニッセイ外国株式ファンド
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • たわらノーロード先進国株式

 

 

オススメファンド3つのうちどれを選んだら良いのか?

結論は、あなたの好みで良いです。

「と言われても選べない」というあなたのため、3つのファンドの違いをまとめておきます。運用会社、資産残高、信託金上限に差があります。

  運用会社 資産
残高
信託金
上限
ニッセイ ニッセイ・アセット
マネジメント
1371億円 3000億円
eMAXIS 三菱UFJ国際投信 615億円 5000億円
たわら アセットマネジメント
One
404億円 1兆円

 

資産残高は、純資産とも言われファンドの規模を示します。たわら<eMAXIS<ニッセイの順に大きいです。ファンドが設立した日によって、金額の集まり具合も変わっているので、ニッセイが大きいから一番良いとは言い切れません。

すでに3社とも100億円以上の大規模ですので、安定性という面では心配ないと思われます。

信託金上限とは、ファンド規模金額の上限です。ニッセイ<eMAXIS<たわらの順に大きいです。この信託金上限は、初期に設定されたもので、受託銀行との合意の上で変更することができます。

例えば、ニッセイが3000億円に突破しそうであれば、上限を変更すると思われますので心配はありません。

ちなみに「リターンにも差があるんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。下記に3社のリターンをまとめています。ほぼ、差はありません。

  1年 3年(年率)
ニッセイ -3.06% 13.07%
eMAXIS -3.02% ---
たわら -3.15% 13.16%

 

上記3つのファンドの主要証券会社で購入可能です。

ファンド名 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
ニッセイ
eMAXIS
たわら

 

ポイント還元率に注目した、各証券会社の選び方は下記の記事を参照してください。

>>ポイント還元率に注目!つみたてNISAはどこの証券会社がお得でオススメ?SBI・楽天・マネックスを比較!

ぜひ、先進国株式インデックスファンドに投資しようと考えている人は、検討してみましょう!

 

関連記事

つみたてNISAでS&P500に投資するならどのファンドがオススメ?SBI・バンガードとeMAXIS Slim S&P500どちらを選ぶべき?

NYダウに投資するならどのファンドがオススメ?つみたてNISAにeMAXIS NYダウインデックスが追加!

【制度改正】NISA恒久化は見送り2023年終了!?つみたてNISAは恒久化される?英国ISAに近づくのはいつか?

© SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.