NYダウに投資するならどのファンドがオススメ?つみたてNISAにeMAXIS NYダウインデックスが追加!



f:id:nisaschool:20190511102512j:plain

こんにちは。つみたてNISAにNYダウをベンチマークとした「eMAXIS NYダウインデックス」が追加されました。NYダウでは、この1本のみです。[2019.5.7時点]

NYダウは、金融庁の指標分類では指定インデックス以外、つまりアクティブ運用とされています。

NYダウが投資対象のファンドに投資を検討していますか。

楽天証券 で購入できるファンドのうち、投資対象がNYダウで、購入時手数料が無料、償還期限が無期限のファンドを抽出すると、次の4つのみです。

  • eMAXIS NYダウインデックス
  • iFree NYダウインデックス
  • たわらノーロード NYダウ
  • SMTAMダウ・ジョーンズ インデックスファンド

「どのファンドを選んだらよいんだ」、「つみたてNISAで今買うべきか」と悩むことでしょう。そんなあなたのために、4つのファンドを徹底比較します。 

 

 

NYダウを簡単に理解しましょう!

NYダウは、一般的に「NYダウ工業株30種平均」を指します。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が選定する米国経済を代表する30銘柄です。構成銘柄の平均株価を指数化しています。

採用銘柄は、以下の通りです。[2019.4.2時点]

  企業名 業種
1 アップル コンピュータ
2 アメリカン・エキスプレス 金融
3 ボーイング 航空機
4 キャタピラー 重機
5 シスコシステムズ 情報・通信業
6 シェブロン 石油
7 ウォルト・ディズニー・カンパニー 娯楽・メディア
8 ダウ 化学
9 ゴールドマン・サックス 金融
10 ホームデポ 小売業
11 アイ・ビー・エム コンピューター
12 インテル 半導体
13 ジョンソン・エンド・ジョンソン 医薬品
14 JPモルガン・チェース 金融
15 ザ コカ・コーラ カンパニー 飲料
16 マクドナルド 外食
17 スリーエム 化学
18 メルク 医薬品
19 マイクロソフト ソフトウェア
20 ナイキ その他製品
21 ファイザー 医薬品
22 プロクター・アンド・ギャンブル (P&G) 日用品
23 トラベラーズ 保険
24 ユナイテッド・ヘルス 保険
25 ユナイテッド・テクノロジーズ

航空宇宙
・防衛

26 Visa その他金融
27 ベライゾン・コミュニケーションズ 通信
28

ウォルグリーン・ブーツ
・アライアンス

小売業
29 ウォルマート・ストアーズ 小売業
30 エクソンモービル 石油

 

類似した指標で、S&P500をよく聞きますよね。こちらは、主要上場市場が米国の取引所の米国企業で、流動性がある大型株から、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が選定する500銘柄です。構成銘柄の時価総額を指数化しています。

どちらも大型株を中心としています。違いとしては、S&P500の方が投資対象が多いため、分散性が高いと言われています。

 

以下は、NYダウの推移を過去10年分、示したものです。[2019.10.2時点]

ほぼずっと右肩上がりです。2010年と2019年を比較すると、おおよそ10000ドルから26000ドルと約2.6倍まで成長しています。

f:id:nisaschool:20191003220806j:plain

 

4つのファンドを徹底比較!

NYダウをベンチマークとするファンドは、金融庁の分類だとアクティブ運用に該当します。しかし、基本的にはNYダウに連動するように運用されるインデックスファンドです。

同一ベンチマークで、インデックスファンドを選ぶときの一番のポイントは、手数料(購入時手数料、信託報酬、信託財産留保額)です。

4つのファンドのベンチマークは同一です。4つのファンドの手数料は、以下の通りです。

ファンド名

購入時
手数料

信託報酬 信託財産
留保額
eMAXIS NY 0円 0.6600% 0%
iFree NY 0円 0.2475% 0%
たわらノーロード
NY
0円 0.2475% 0%
SMTAMダウ 0円 0.7590% 0.2%

 

購入時手数料は全てのファンドで0円です。信託財産留保額は、SMTAMのみ0.2%、それ以外は0%です。

信託報酬は、SMTAM<eMAXIS<iFree=たわらノーロードの順に安くなります。

 

念のため、リターンも比較してみましょう。

ファンド名 1年 3年
eMAXIS NY -5.00% 16.70%
iFree NY -5.00% 17.20%
たわらノーロード NY -5.02% ---
SMTAMダウ -5.42% 16.85%

 

同一ベンチマークなので、ほぼ同様のリターンなのがわかるかと思います。

 

4つのファンドはすべてNISA対象ですが、つみたてNISA対象はeMAXISのみです。なぜか。つみたてNISAの対象要件の一つに、5年以上運用されていることがあります。

eMAXISとSMTAMは5年以上運用されていますが、iFreeとたわらノーロードはまだ達していません。そのために、つみたてNISAでは購入することができません。

NISAでこれらのファンドを購入したいと考えている場合、手数料の安いiFree又はたわらノーロードをオススメします。

 

つみたてNISAで購入したい場合、eMAXISを買うかどうかですが、私は今すぐには買わないです。数年後には、iFreeやたわらノーロードも、つみたてNISAの対象商品になると予測するからです。

eMAXISと投資先が同じで、eMAXISより手数料が安いので、こちらを積立する人が多くなります。そうなると、eMAXISを解約する人も出てきて、資金流出も起きやすくなると思います。

iFreeとたわらノーロードがつみたてNISAの対象となったとき、このeMAXISの値下げが実施されるかは確認が必要です。下がるようであれば、iFree、たわらノーロード、eMAXISのうち手数料が最も安いファンドへの投資をオススメします。

 

つみたてNISAで買うなら、S&P500のファンドも確認しよう!

NYダウは、金融庁での分類がアクティブ運用ですが、類似したベンチマークであるS&P500は、インデックス運用に分類されています。そのため、S&P500であれば、つみたてNISA対象のファンドも4つあります。

NYダウは米国株30社に投資していますが、S&P500は500社です。後者の方が分散投資としては良いので、一度ファンドを比較してみることをオススメします。

>>つみたてNISAでS&P500に投資するならどのファンドがオススメ?SBI・バンガードとeMAXIS Slim S&P500どちらを選ぶべき?

 

関連記事

本当にeMAXIS Slimが最適?つみたてNISA対象の先進国株式インデックスファンドは、どれが低コストでオススメ?

【制度改正】NISA恒久化は見送り2023年終了!?つみたてNISAは恒久化される?英国ISAに近づくのはいつか?

【上級者向け】つみたてNISAで一括投資(一括購入)する方法を楽天証券とSBI証券で解説!