NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

本サイトでは広告を利用しています

新NISAでのなかのアセットマネジメント購入ならどこの証券会社がお得?

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(Udemy認定講師

なかのアセットマネジメント,新NISA,どこの証券会社がお得

ご存じのように、なかのアセットマネジメントは、元セゾン投信創立者である中野 晴啓 氏が設立した運用会社です。

2024年4月より、新ファンド「なかの日本成長ファンド」と「なかの世界成長ファンド」が登場しました。

なかの日本成長ファンドや、なかの世界成長ファンドを、新NISAで購入したいけど、どこの証券会社がお得なんだろう?」と思っていませんか。

そのようなあなたのため、最もお得に購入できる方法を解説します。

 

 

時間のない方のため結論だけ先に

2024.6.27時点、なかの日本成長ファンドと、なかの世界成長ファンドを最もお得に購入する方法は、マネックス証券でクレジットカード積立でした。

マネックス証券では、新NISA口座を新たに開設した方は、2024.9.30までキャンペーンが実施されており、2.2%もポイント還元されます。

仮に、月10万円積立した場合は2,200ptもらえます。マネックス証券では、ポイントの交換、利用方法もたくさんあるため、私も好んで利用しています。

詳しくは、公式ページをご覧ください。

 

主要な証券会社でのポイント還元率は、以下の通りでした。

SBI証券では取り扱いはなく、マネックス証券と楽天証券のみ購入が可能です。

マネックス証券では、新たにdカードでの積立も可能になりました。

証券会社 対象クレジットカード 積立金額 還元率
SBI証券
マネックス証券 マネックスカード(キャンペーン) ~10万円 2.2%
マネックスカード(通常) ~5万円 1.1%
~7万円 0.6%
~10万円 0.2%
dカード ~5万円 1.1%
~7万円 0.6%
~10万円 0.2%
dカードGOLD ~10万円 1.1%
楽天証券 楽天カード ~10万円 0.5%~1.0%

 

 

なかの日本成長ファンドを最もお得に購入する方法

なかの日本成長ファンドは、国内産業界の高付加価値な成長企業を厳選して株式投資するファンドです。

新NISA成長投資枠の対象です。

信託報酬は、年率1.1%(税込)です。

 

購入可能な証券会社は、マネックス証券と楽天証券です。

マネックス証券では、「マネックスカード」、「dカード」、「dカードGOLD」によるクレジットカード積立が可能です。

それぞれのポイント還元率は、以下の通りです。

対象クレジットカード 積立金額 還元率
マネックスカード(キャンペーン) ~10万円 2.2%
マネックスカード(通常) ~5万円 1.1%
~7万円 0.6%
~10万円 0.2%
dカード ~5万円 1.1%
~7万円 0.6%
~10万円 0.2%
dカードGOLD ~10万円 1.1%

 

マネックスカードでは、2024.9.30までキャンペーンが実施されており、還元率2.2%と非常に高いです。

通常時は、積立額に応じて、還元率が1.1%~0.2%と変動します。仮に、月10万円積立した場合は、5万円×1.1%+2万円×0.6%+3万円×0.2%=730ptもらえます。

dカードは、マネックスカード(通常)と同じです。

dカード(GOLD)は、10万円まで還元率1.1%とマネックスカード(通常)よりも高いですが、年会費11,000円(税込)がかかるので注意が必要です。

 

楽天証券では、「楽天カード」、「楽天ゴールドカード」又は「楽天プレミアムカード」によるクレジットカード積立が可能です。

それぞれのポイント還元率は、以下の通りです。

対象クレジットカード 代行手数料(販売会社分) 積立金額 還元率
楽天カード 年率0.4%(税込)以上 ~10万円 1%
年率0.4%(税込)未満 0.50%
楽天ゴールドカード 年率0.4%(税込)以上 1%
年率0.4%(税込)未満 0.75%
楽天プレミアムカード 年率0.4%(税込)以上 1%
年率0.4%(税込)未満

 

楽天カードは、カードの種類と、ファンドの代行手数料によって還元率が異なります。

ファンドの代行手数料とは、ファンドの費用のうち「販売会社」のことを言います。

なかの日本成長ファンドは、0.388%(0.4268%[税込])となるため、上記の表の年率0.4%(税込)以上の欄が該当します。

そのため、どのカードでも還元率は1%となります。

なかの日本成長ファンド,手数料

[出典:なかの日本成長ファンド目論見書より]

 

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは年会費がかかりますので注意が必要です。

 

以上を踏まえると、なかの日本成長ファンドを最もお得に購入する方法は、2024.9.30までは、「マネックス証券で、マネックスカード積立購入する」です。

 

 

なかの世界成長ファンドを最もお得に購入する方法

なかの世界成長ファンドは、世界の優良企業を選別して株式投資するファンドです。

新NISA成長投資枠の対象です。

信託報酬は、年率1.3%±0.2%(税込)です。

 

購入可能な証券会社は、マネックス証券と楽天証券です。

マネックス証券では、「マネックスカード」、「dカード」、「dカードGOLD」によるクレジットカード積立が可能です。

それぞれのポイント還元率は、以下の通りです。

対象クレジットカード 積立金額 還元率
マネックスカード(キャンペーン) ~10万円 2.2%
マネックスカード(通常) ~5万円 1.1%
~7万円 0.6%
~10万円 0.2%
dカード ~5万円 1.1%
~7万円 0.6%
~10万円 0.2%
dカードGOLD ~10万円 1.1%

 

マネックスカードでは、2024.9.30までキャンペーンが実施されており、還元率2.2%と非常に高いです。

通常時は、積立額に応じて、還元率が1.1%~0.2%と変動します。仮に、月10万円積立した場合は、5万円×1.1%+2万円×0.6%+3万円×0.2%=730ptもらえます。

dカードは、マネックスカード(通常)と同じです。

dカード(GOLD)は、10万円まで還元率1.1%とマネックスカード(通常)よりも高いですが、年会費11,000円(税込)がかかるので注意が必要です。

 

楽天証券では、「楽天カード」、「楽天ゴールドカード」又は「楽天プレミアムカード」によるクレジットカード積立が可能です。

それぞれのポイント還元率は、以下の通りです。

対象クレジットカード 代行手数料(販売会社分) 積立金額 還元率
楽天カード 年率0.4%(税込)以上 ~10万円 1%
年率0.4%(税込)未満 0.50%
楽天ゴールドカード 年率0.4%(税込)以上 1%
年率0.4%(税込)未満 0.75%
楽天プレミアムカード 年率0.4%(税込)以上 1%
年率0.4%(税込)未満

 

楽天カードは、カードの種類と、ファンドの代行手数料によって還元率が異なります。

ファンドの代行手数料とは、ファンドの費用のうち「販売会社」のことを言います。

なかの日本成長ファンドは、0.208%(0.2288%[税込])となるため、上記の表の年率0.4%(税込)未満の欄が該当します。

そのため、還元率は、楽天カードなら0.5%、楽天ゴールドカードなら0.75%、楽天プレミアムカードなら1%と変わります。

 

なかの世界成長ファンド,手数料

[出典:なかの世界成長ファンド目論見書より]

 

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは年会費がかかりますので注意が必要です。

 

以上を踏まえると、なかの日本成長ファンドを最もお得に購入する方法は、2024.9.30までは、「マネックス証券で、マネックスカード積立購入する」です。

 

 

まとめ

なかの日本成長ファンドと、なかの世界成長ファンドを最もお得に購入する方法は、現時点では、マネックス証券で、マネックスカードを用いて購入するでした。

これらのファンドを購入したい方の参考になれば、幸いです。

© Nakano Asset Management Co.Ltd.

マネックス証券