NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

期間限定公開!買い時がわかるマネックス証券「米国株AI」とは?

f:id:nisaschool:20201115131001j:plain

こんにちは。米国株AIをご存知でしょうか。

マネックスグループの子会社である米国TradeStation社が開発した、米国株の買いシグナルを計算できるAIです。

この米国株AIが、2020.11.9~2021.1.15まで期間限定で買い時銘柄が公開されます。

 

米国株は、世界株式市場の時価総額において56%を占め、その成長性や高配当のため、日本でも人気の投資対象となっています。

米国株に投資する時に一番悩むのが、「どの銘柄を、いつ買ったら良いのか」ですよね。

そんなあなたは、この米国株AIを知っておいて損はありません。

米国株AIとは何か、買い時と判断された銘柄とそのリターン実績を分析しました。

米国株投資の参考になれば、幸いです。

 

 

更新履歴

  • 「2020.11.24~2020.11.27の対象銘柄」の分析を追記しました。[2020.11.24]

 

米国株AIとは?

マネックスグループ子会社「TradeStation」のデータサイエンスチームが定量分析、統計、人工知能を活用して開発したツールです。

現在公開されている米国株AIは、前週までの配当金、アナリスト評価、成長率、値動き、評価比率、財務力、テクニカル、ボラティリティの数値などをベースにした複数のモデルを用いて、S&P500の大型銘柄を対象に買いシグナルを計算しています。

 

米国株AIが買い時と判断した銘柄とリターン実績

2020.11.9~2021.1.15まで期間限定で、銘柄間の分散も考慮した買いシグナル強度上位10銘柄が公開されています。吸収・合併を予定および協議中の株式は、予測対象銘柄から除外されています。

毎週第一営業日に情報が更新されます。

ここでは、対象銘柄の株価がどう変化したかリターン実績を分析しました。

 

2020.11.24~2020.11.27の対象銘柄

11.16に開示された対象銘柄は、次の通りでした。今週末にリターン実績を更新予定です。

EL、MNST、ROP、WM、YUMの5銘柄は引き続き買いシグナル銘柄でした。

ROPとYUMは、11.9から3週に渡って買いシグナルでした。

順位 シンボル 名称 株価(USD)
11.20 11.27
1 CPRT Copart Inc 114.47  
2 EL Estee Lauder Companies-Cl A 240.56  
3 JKHY Jack Henry & Associates Inc 160.17  
4 MNST Monster Beverage Corp 83.52  
5 MSFT Microsoft Corp 210.39  
6 ROP Roper Industries Inc 405.26  
7 V Visa Inc-Class A Shares 203.88  
8 WM Waste Management Inc 120.35  
9 YUM Yum! Brands Inc 104.99  
10 ZTS Zoetis Inc 166.20  

 

2020.11.16~2020.11.20の対象銘柄

11.16に開示された対象銘柄は、次の通りでした。株価は、前週の終値と11.20の終値ベースでリターンを算出しています。

APH、NKE、ROP、YUMの4銘柄は引き続き買いシグナル銘柄でした。その他、6銘柄は新規銘柄として挙がってきていました。

APHは3位→2位に上昇、その他は前週と同じ順位でした。

順位 シンボル 名称 株価(USD) リターン
11.13 11.20
1 A Agilent Technologies Inc 110.17 110.89 0.65%
2 APH Amphenol Corp-Cl A 123.40 127.39 3.23%
3 BLL Ball Corp 94.65 97.25 2.75%
4 EL Estee Lauder Companies-Cl A 255.11 240.56 -5.70%
5 MNST Monster Beverage Corp 84.02 83.52 -0.60%
6 NKE Nike Inc -Cl B 128.28 132.98 3.66%
7 ROK Rockwell Automation Inc 239.78 247.63 3.27%
8 ROP Roper Industries Inc 396.39 405.26 2.24%
9 WM Waste Management Inc 121.92 120.35 -1.29%
10 YUM Yum! Brands Inc 102.87 104.99 2.06%

 

11.20時点、10銘柄のうち、7銘柄が+0.65%~3.66%でプラスリターン、3銘柄が-5.70%~-0.60%でマイナスリターンでした。 

 

米国株AIは、毎週第一営業日に公開されるため、実際に取引ができるのはその日の夜(日本時間)からです。

仮に、米国株AIが開示された直後11.16の始値で、10銘柄を1株ずつ購入した場合のどうなるかシミュレーションしてみました。

順位 シンボル 株価(USD) リターン
11.16 11.20
1 A 111.00 110.89 -0.10%
2 APH 121.46 127.39 4.88%
3 BLL 95.73 97.25 1.59%
4 EL 258.75 240.56 -7.03%
5 MNST 83.98 83.52 -0.55%
6 NKE 129.46 132.98 2.72%
7 ROK 241.95 247.63 2.35%
8 ROP 399.00 405.26 1.57%
9 WM 122.47 120.35 -1.73%
10 YUM 103.71 104.99 1.23%
合計 1667.51 1670.82 0.20%

 

11.16の始値で購入すると、10銘柄のうち、6銘柄が+1.23%~+4.88%の含み益、4銘柄が-7.03%~-0.10%の含み損、トータルでは+0.20%の含み益でした。

EL(エスティ・ローダー)の下げ幅が大きかったものの、その他のリターンが大きかったので、含み益となっていました。

APH(アンフェノール)は、2週続けて上昇しています。電子、電気、コネクタの世界大手メーカーで、売上高も株価も右肩で上がり続けています。次週も取り上げられるか注目しています。

 

2020.11.9~2020.11.13の対象銘柄

11.9に開示された対象銘柄と、株価推移は次の通りでした。株価は、前週の終値と11.13の終値ベースでリターンを算出しています。

順位 シンボル 名称 株価(USD) リターン
11.6 11.13
1 ACN Accenture Plc-Cl A 236.29 241.78 2.32%
2 AJG Arthur J Gallagher & Co 110.51 115.71 4.71%
3 APH Amphenol Corp-Cl A 120.34 123.40 2.54%
4 MMC Marsh & Mclennan Cos 109.56 113.31 3.42%
5 MSFT Microsoft Corp 223.72 216.51 -3.22%
6 NKE Nike Inc -Cl B 128.90 128.28 -0.48%
7 NSC Norfolk Southern Corp 223.16 239.26 7.21%
8 ROP Roper Industries Inc 388.42 396.39 2.05%
9 STE STERIS Corp 181.67 192.79 6.12%
10 YUM Yum! Brands Inc 99.38 102.87 3.51%

 

11.13時点、10銘柄のうち、8銘柄が+2.05%~7.21%でプラスリターン、2銘柄が-3.22%~-0.48%でマイナスリターンでした。

これは、8割でプラスリターンという結果は、かなり凄いという印象です。

 

米国株AIは、毎週第一営業日に公開されるため、実際に取引ができるのはその日の夜(日本時間)からです。

仮に、米国株AIが開示された直後11.9の始値で、10銘柄を1株ずつ購入した場合のどうなるかシミュレーションしてみました。

順位 シンボル 株価(USD) リターン
11.9 11.13
1 ACN 239.89 241.78 0.79%
2 AJG 116.31 115.71 -0.52%
3 APH 125.50 123.40 -1.67%
4 MMC 116.00 113.31 -2.32%
5 MSFT 224.44 216.51 -3.53%
6 NKE 135.06 128.28 -5.02%
7 NSC 235.95 239.26 1.40%
8 ROP 410.91 396.39 -3.53%
9 STE 190.23 192.79 1.35%
10 YUM 103.99 102.87 -1.08%
合計 1898.28 1870.30 -1.47%

 

11.9の始値で購入すると、10銘柄のうち、3銘柄が+0.79%~+1.40%の含み益、7銘柄が-5.02%~-0.52%の含み損、トータルでは-1.47%の含み損でした。

11.9は株価が上昇した銘柄が多かったため、含み損をかかえやすくなっていました。ただし、銘柄分散も考慮された10銘柄のため、大きな含み損にはなっていません。

少し様子見して、先週の終値を下回ったら購入するなどを考えてみても良いかもしれませんね。

 

まとめ

米国株AIは、定量分析、統計、人工知能を活用して開発したツールです。2020.11.9~2021.1.15までは、毎週10銘柄の買い時銘柄を確認できます。

2020.11.9の1週目は、前週の終値と比較して、8割の銘柄がプラスリターンでした。

今後も毎週分析を更新していきますので、参考に活用してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、米国株を始めるなら、マネックス証券がオススメです。取扱銘柄が豊富で、手数料キャッシュバックがあり、株価急上昇・急落時に対応できる時間外取引も可能です。

まだ口座をお持ちでない方は、ぜひ作っておきましょう。

☟下記の公式ページを見ると、マネックス証券の特徴が良くわかります。

マネックス証券

 

関連記事

会社員が手軽に年100回の配当を米国株投資で得るための3ステップ